ニュース
» 2009年08月05日 08時07分 UPDATE

Apple、音楽制作ソフト「GarageBand」のセキュリティ問題に対処

「GarageBand 5.1」ではcookieの受け入れにまつわるセキュリティ問題を解決した。

[ITmedia]

 米Appleは8月3日、音楽制作ソフト「GarageBand」のセキュリティ問題に対処するアップデート版をリリースした。Mac OS X v10.5.7が対象となる。

 Appleのアドバイザリーによると、GarageBandにはcookieの受け入れにまつわるセキュリティ問題があった。同社のWebブラウザ「Safari」は、ユーザーが閲覧しているサイトのcookieのみをデフォルトで受け入れる設定になっているが、GarageBandを開くとこれが変更され、常にcookieを受け入れる設定になってしまう。これにより、サードパーティーや広告主がユーザーのWeb上の行動を追跡できる状態になる。

 アップデート版の「GarageBand 5.1」ではSafariの設定が変わらないようにしてこの問題に対処した。旧バージョンを利用している場合は、Safariでcookieの受け入れの設定を確認してほしいと促している。

関連キーワード

GarageBand | cookie | Apple | Safari | アドバイザリー


関連ホワイトペーパー

cookie | Apple


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -