ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年08月25日 14時30分 UPDATE

Windows 7対応ソフト開発者支援 MSがベクターと共同で

マイクロソフトはベクターと共同で、Windows 7対応ソフトウェアの開発者支援を行う。Windows 7の早期普及につなげる狙い。

[ITmedia]

 マイクロソフトは8月25日、ベクターと共同で、Windows 7対応ソフトウェア開発者の支援を行うと発表した。Windows 7の早期普及につなげる狙い。

 ソフトダウンロードサイト「Vector」にソフトを登録している開発者向けに、9月14日から技術セミナーを開催。MSの開発者ネットワーク「MSDN」(Microsoft Developer Network)関連の情報も、10月上旬からメールなどで提供する。

 Vector上に、MSのスタッフがチャット形式で情報提供する「人力検索」の窓口も設置し、期間・回数限定で利用できるようにする。

 Vectorに登録されているWindows 7対応ソフトを表彰する「Windows 7 アプリケーションアワード」をベクターと共催。9月上旬に作者からのノミネートを募り、来年1月に大賞を発表する。

 米Microsoftは、世界規模のアプリケーションコンテスト「Core 7」を8月26日から実施する。優れたソフトウェアを開発した参加者を選び、賞品を提供するほか、米国で11月に開かれる技術者イベント「Professional Developer Conference」(PDC)で発表する。

 Windows 7発売と同時期に、Q&Aサイト「Microsoft Answers」にWindows 7 フォーラムを設置するなど、MSの技術情報サイト上での支援策も拡充する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.