ニュース
» 2009年09月02日 12時43分 UPDATE

「負荷を過小評価していた」――Google、Gmail障害の原因を説明

Gmailの障害は、Googleが負荷を低く見積もっていたために、トラフィックを転送するルータが過負荷状態になったことが原因だった。

[ITmedia]

 米Googleは、9月1日にGmailで起きたサービス障害の原因について、ルータの過負荷によるものだったことを明らかにした。

 障害の発端となったのは、同日朝に定期アップグレードのため、Gmailの一部サーバをオフラインにしたことにあると同社は説明している。これらサーバがオフラインになっている間、GmailのWebインタフェースはほかのサーバにトラフィックを送る。このときに、リクエストルータ(トラフィックを適切なGmailサーバに転送するサーバ)の幾つかが過負荷状態になった。Googleが最近リクエストルータに変更を加えた際に、「負荷を少し過小評価していた」ためだという。

 過負荷状態のリクエストルータからほかのルータにトラフィックが転送され、さらに過負荷状態のルータが増え、数分のうちにすべてのリクエストルータが過負荷になった。この結果、Gmailサーバにリクエストが転送されず、ユーザーがGmailにアクセスできなくなった。ただし、IMAP/POPアクセスの場合は違うルータを使っているため、通常通りに動いていた。

 Googleのエンジニアリングチームはキャパシティ不足が問題であると気づき、リクエストルータを追加してサービスを復旧させたという。

 Googleは、Gmailの障害は約100分に及んだとしている。同社は初めこれを「小さな問題」と呼んでいたが、「重大な問題」として扱うと謝罪している。同社は既にリクエストルータを増やすなどの対策を取っており、ほかにも再発防止策に取り組むと述べている。

関連キーワード

Gmail | Google | ルータ | サービス障害


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -