ニュース
» 2009年09月03日 19時45分 UPDATE

ねとらぼ:レンジで3分、焼き魚 切り身をこんがり焼ける「魚焼きパック」

生魚を挟んでレンジで3分加熱すれば、こんがりふっくらとした焼き魚ができるという使い捨ての魚焼きパックを、小林製薬が発売する。

[ITmedia]
photo チンしてこんがり魚焼きパック

 生魚をレンジで3分加熱するだけで、こんがりふっくらとした焼き魚に――小林製薬は、電子レンジで魚の切り身が焼ける「チンしてこんがり魚焼きパック」を9月17日に発売する。4パック入りで315円。使い捨て式。

 2つ折りのシート状パックで、シートの間に生の切り身を入れ、レンジに入れて約3分加熱すれば、こんがりふっくらとした焼き魚ができあがる。生魚に接する「こんがり焼きシート」が電子レンジの働きで素早く200度前後まで温まり、接触している魚を焼き上げるという。

 同社の調べによれば、仕事を持つ既婚女性の95%が「週に1回以上家で魚を焼く」一方、魚を焼くときの不満点として「網や落ちた脂を洗うのが大変」「部屋ににおいがつく」「焼くのに時間がかかる」など、後片付けの面倒さや調理時間の長さについて不満に思っている人が多かった。

 使い捨ての魚焼きパックなら「調理器具を洗う手間もなく後片付けも簡単」。家事を楽にしたいというニーズと、内食化や健康志向の高まりといったトレンドをとらえ、新市場を創出するとしている。

関連キーワード

ねとらぼ | 電子レンジ | グルメ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -