ニュース
» 2009年09月08日 07時51分 UPDATE

FirefoxがFlashをチェック、旧版には警告

ユーザーがFlash Playerの古いバージョンを使っている場合、Firefox更新版をインストールした後の告知ページに警告メッセージを表示する。

[ITmedia]

 間もなくリリース予定のFirefoxブラウザ更新版に、プラグインのAdobe Flash Playerが最新のバージョンかどうかをチェックする機能が加わった。Mozillaがセキュリティブログで明らかにした。

 新機能を提供するのはFirefox 3.5.3とFirefox 3.0.14。ユーザーがFlash Playerの古いバージョンを使っている場合、Firefox更新版をインストールした後の告知ページに「すぐにFlash Playerを更新してください」という警告メッセージを表示し、Adobeのダウンロードページへと誘導する。

ffflschek.jpg 表示予定の警告画面

 Mozillaによれば、古いバージョンのプラグインを使っていると、クラッシュなど安定性の問題を引き起こすばかりでなく、セキュリティ上の重大なリスクを抱え込むことになる。

 特にFlash Playerは人気の高さに加え、80%ものユーザーが古いバージョンを使っているとの統計もあることから、まず対応することにしたという。今後はほかのプラグインベンダーとも協力して、同じようなバージョンチェック機能を提供する予定だとしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -