ニュース
» 2009年09月28日 07時35分 UPDATE

ロシアの組織が出来高制で:Macへのマルウェア感染で報酬、犯罪アフィリエイトが横行

ロシアの犯罪組織がMacをマルウェアに感染させたアフィリエイトに1件当たり43セントの報酬を持ち掛けているという。

[ITmedia]

 Macをマルウェアに感染させたら1件当たり43セントの報酬を払うとうたって、アフィリエイトを募っている組織がロシアに存在するという。セキュリティ企業Sophosの研究者がジュネーブで開かれたセキュリティカンファレンスVirus Bulletinで発表し、サイトに論文を掲載した。

malmac.jpg Macへのマルウェア感染を呼び掛けるサイト(Sophosより)

 Sophosの研究者のブログによると、ロシアの「Partnerka」は医薬品や偽ブランド宣伝スパムなどをばらまいているアフィリエイトネットワーク。この中に、Macを狙った不正ソフトの宣伝販売をしている部門があるという。

 同部門は動画再生ソフトに見せかけた危険なマルウェアをアフィリエイトに供給。ユーザーのMacにマルウェアを仕込むことに成功すれば、1件当たり43セントを払うと持ち掛けているという。

 金目当ての犯罪集団がWindowsだけでなくMacも標的にしていることが改めて裏付けられたとSophos研究者はいい、Macユーザーの多くはマルウェア対策ソフトを導入していないため危険な状況だと訴えている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Mac | マルウェア | ロシア | 犯罪 | 宣伝


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -