ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年10月02日 13時06分 UPDATE

海賊対策技術めぐる特許訴訟、Microsoftへの損害賠償命令が破棄

Microsoftに3億8800万ドルの損害賠償支払いを命じた陪審評決が無効となった。

[ITmedia]

 海賊版対策技術を手掛ける企業UnilocがMicrosoftを特許侵害で訴えていた訴訟で、裁判所がMicrosoftに対する損害賠償命令を覆した。

 この訴訟は、Unilocが2003年に、Microsoftのアクティベーション技術に特許を侵害されたとして起こしたもの。米連邦地裁は2009年4月に、MicrosoftがUnilocの特許を侵害したとして、3億8800万ドルの損害賠償支払いを命じる陪審評決を下した。Microsoftはこれに控訴した。

 連邦地裁判事は9月29日、陪審員の判断は誤りであるとして評決を破棄した。

 Unilocは今回の判決を不服としており、控訴する意向を表明している。

関連キーワード

損害賠償 | Microsoft | 特許 | 特許侵害 | 訴訟


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.