ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年10月14日 07時00分 UPDATE

東芝“ネットノートPC”投入 「Netbookより上位」で実売9万円

東芝は、Netbookより基本性能を向上させた“ネットノートPC”「dynabook MX」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo 「dynabook MX」

 東芝は10月13日、Netbookより基本性能を強化し、10万円前後の価格に抑えた“ネットノートPC”「dynabook MX」を10月22日から順次発売すると発表した。

 ネットノートはNetbookの上位カテゴリーという位置づけ。ネットで情報を入手するだけでなく、情報を加工し、発信したり、高画質な動画コンテンツを快適に利用できるPCとして売り出す。

 オープン価格で、実売予想価格は、CPUにCeleron 743(1.3GHz)採用し、ディスプレイサイズ11.6インチの下位モデルが9万円前後、Core 2 Duo SU9400(1.4GHz)を採用した13.3インチの上位モデルが12万円前後。

 それぞれ、250GバイトのHDDを搭載し、メモリは2Gバイト。連続駆動時間は下位モデルが約9.5時間、上位モデルが約10.5時間(→詳細記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.