ニュース
» 2009年10月22日 09時35分 UPDATE

Windows 7発売で便乗スパムも大盛況

「割引」「スペシャルオファー」などの誘いでユーザーをだまそうとするWindows 7便乗スパムが出回っている。

[ITmedia]

 Microsoftの新OS「Windows 7」の10月22日発売に合わせ、「割引」「スペシャルオファー」などの誘いでユーザーをだまそうとする便乗スパムメールも盛り上がっているようだ。セキュリティ企業の米McAfeeがブログで伝えた。

 それによると、便乗スパムは「Windows7 ultimate 86% off」「Microsoft Windows 7 special offers」「Windows 7 FAQ」などの件名で数カ月前から出回っているという。McAfeeの調べでは、9月から10月にかけて流通した全スパムメールのうち、Windows7便乗スパムが占める割合は1.88%。1日に1600億通ものスパムが送信されていることを考えれば、相当の数になるとしている。

 スパムメールは注目の話題やニュースに便乗してユーザーの目を引こうとするのが常套手段であり、だまされてリンクをクリックしたりしないよう、十分な注意が必要だとMcAfeeは呼び掛けている。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Windows 7 | 便乗 | スパム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -