ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2009年10月26日 13時55分 UPDATE

YouTubeに動画の検索連動広告「YouTubeプロモート動画」

YouTubeに動画の検索連動型広告が出せる「YouTubeプロモート動画」がスタート。検索結果ページの上部や右カラムに、検索キーワードに関連する動画のサムネイルを表示する。

[小笠原由依,ITmedia]
photo 画像の赤い部分にプロモート動画広告を、青い部分には通常の検索結果を表示する

 YouTube日本版でこのほど、動画をPRする検索連動広告「YouTubeプロモート動画」がスタートした。YouTubeに動画をアップロードし、AdWordsでキーワードを購入して出稿すれば、そのキーワードが検索された際、検索結果ページの上部と右カラムに動画のタイトルやサムネイルを表示。動画ページに誘導できる。

 AdWordsアカウントを持っていれば誰でも利用できる。広告料金は、ユーザーがクリックした回数に応じて課金。通常の検索結果と混同しないよう、広告には「プロモート動画」という表記が付く。

 広告動画に重ねて表示するオーバーレイ広告メニューも用意。動画に出てくる商品の購入ページなど、外部サイトへのリンクを貼り付けられる。

 Googleの広告ネットワークを利用しているほかのサイトにも、動画への誘導広告を掲載できるようになった。キーワードやコンテンツとの関連性・課金額に応じて表示優先度を決め、テキスト広告や画像広告などと並べて表示する。

 YouTubeでは従来、Ad Senseのテキスト広告などを表示してきたが、「YouTubeのユーザーは動画のみを検索している。動画へのリンクを表示した方がユーザーにとっての価値も高く、広告としての効果も高い」(米YouTubeの徳生裕人シニアプロダクトマネージャー)ためプロモート動画を導入した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.