ニュース
» 2009年10月30日 17時56分 UPDATE

新型PS3「好調を維持」 2Qは320万台

ソニーは7〜9月期にPS3を320万台販売。前年同期の240万台から3割増えた。9月発売の新型機は今も好調を維持しているという。

[ITmedia]
画像 新型PS3「CECH-2000A」

 ソニーは10月30日に発表した2009年7〜9月期連結決算で、「プレイステーション 3」(PS3)を同期に320万台売り上げたと発表した。前年同期の240万台から3割増えた。

 9月に発売した薄型の新型機(CECH-2000A)が売り上げ拡大に貢献。新型機は現在も「発売当初の勢いを持続している」(同社の神戸司郎 広報センター長)という。

 PS3は、コストが価格を上回る逆ざやが続いているが、その比率は「十数%程度」(同社の大根田伸行CFO)に縮まっているという。「逆ざや比率は年末に向かって1ケタ台に縮まり、来期のどこかで黒字転換するだろう」(大根田CFO)

 PSPは同期に300万台販売した(前年同期は320万台)。10月からは本体を値下げし、11月には新モデル「PSP go」を発売、年末に向けて大型タイトルも投入予定で「年末商戦に向けて弾みをつける」としている。

 同期のゲーム事業の業績は、プレイステーション 2(PS2)の売り上げ減少で前年同期より悪化。売上高は27%減の1970億円、営業損益は60億円悪化して410億円の損失だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -