ニュース
» 2009年11月09日 07時00分 UPDATE

3D仮想空間で「バーチャル英会話教室」 NTTとアルクが提携

NTTとアルクが提携し、3D仮想空間を利用したバーチャル英会話教室を来年4月に始める予定だ。

[ITmedia]

 NTTとNTTラーニングシステムズ(NTTLS)、アルクは11月6日、3D仮想空間を利用したバーチャル英会話教室の事業化に向けて業務提携すると発表した。来年1月にプレサービスを提供、4月に事業を始める予定だ。

 NTTグループが提携している3Diの仮想空間技術を利用し、英会話システムを開発。レッスンカリキュラムや教材の開発、講師・カウンセラーの手配をアルクが担当する。アルクが運営する語学コミュニティーサイト「アルコムワールド」との連携も検討する。

 来年4月の事業開始を目標に、1月からプレサービスを提供する予定。両グループの関連会社がマーケティングやセールス活動を行う。

関連キーワード

アルク | 3D | 3次元仮想空間 | 英語学習


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -