ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「英語学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!TOEFL・TOEIC・英語検定→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でTOEFL・TOEIC・英語検定関連の質問をチェック
質問!英語→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で英語関連の質問をチェック
「英語学習」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

客室でオンラン英語学習:
スーパーホテル、ホテルで「留学体験」ができるプランを発売
スーパーホテルはオンラインの英語学習がセットになった宿泊プランを発売する。3泊4日のプランでGo Toトラベル適用時の料金は2万7820円(税込)。10月30日から「スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口店」で提供する。(2020/10/23)

マイクロソフト監修のアプリも搭載 タカラトミーからキッズパソコン「スピカノート」
松丸亮吾さん監修「ナゾトキ」のアプリや、ECC英語監修の英語学習アプリ、マイクロソフト監修のパソコンスキルアプリなどを搭載。(2020/9/3)

「次回は受験できるといいな」「当選した人は頑張って」 抽選式になったTOEICで当落発表 Twitterには悲しみの声
抽選式になったTOEICの受験申し込み結果が発表されたことを受け、「TOEIC落選した」「次回は受験できるといいな」などの声がTwitterに投稿され、「TOEIC」「TOEIC落選」がトレンド入りした。(2020/8/17)

TOEIC、受験を抽選制に 当面継続 アクセス集中で苦肉の策
英語能力試験「TOEIC」受験の申し込み受付が当面の間、抽選制に。過去の受付で申し込みを正常に受理できない事態が続いたため。(2020/8/7)

TOEIC申し込み、一時中止 アクセス集中で
受付開始から2時間で一時中止に。(2020/8/5)

TOEICの申し込みサイトにアクセス集中 受け付けを一時中止
TOEICの受験申し込みサイトが、アクセス集中により受け付けを一時中止している。7にも同様につながりにくい状態になったことから、Twitterでは「また申し込みができないのか」などの声が上がっている。(2020/8/5)

PR:「粗塩」「ノー、アラディオ」「ソルトだろ」 矢作兼×アイクぬわらのシュールな英会話コントCMがじわじわくる
アイクのしょんぼり顔がクセになる。(2020/7/28)

KDDI、コロナ休校の高校生を支援 9月1日からイーオン英会話レッスンを4カ月間無償提供
KDDIは、新型コロナウイルス感染症防止のための休校により学習が困難になった高校生の教育環境を支援。9月1日〜12月31日にイーオンの英会話レッスンを1万人へ無償提供する。(2020/7/7)

料理を作りながら英会話も学べる! 胃袋から生徒つかむ「オンライン料理留学」
新型コロナの影響で留学ができない状況の中、留学ビジネスもオンライン化を取り入れ始めた。フィジーで英会話学校を運営する多田祐樹さんは「オンライン料理留学」を考案。ビデオ通話腰に料理と英会話が動じに学べるサービスを始めた。(2020/6/25)

VRで英会話学習、目の前に外国人がいるような感覚再現 中学校で実証実験
NTTコミュニケーションズは、VRを活用した英会話の学習システムの実証実験を中学校で行った。空港のシーンで、目の前に入国審査官がいるかのような感覚を再現するなど、リアルな教材で学習してもらった。(2020/6/16)

TOEICの無料リモート模試が6月28日に開催 問題・解答用紙はPDFで配布、リスニングはYouTubeで配信
6月28日12時55分から15時まで。その後の解説動画で自己採点できます。(2020/6/8)

TOEICは何点必要ですか?:
「シリコンバレーのITエンジニアに必要な英語力」の本当のところ
シリコンバレーで20年近くにわたりITエンジニアとして働いてきた「エル氏」が伝授する“使える”英語学習法。そして、シリコンバレーで求められる英語力のホントのところ。(2020/3/16)

ドコモ、英会話のリアルタイム自動書き起こしサービス「Otter」日本展開に向けて協業
NTTドコモとAISenseは、英語音声を自動で文字起こしする音声認識AIサービス「Otter」の日本での事業展開に向けた協業を開始。みらい翻訳とも連携し、新たなサービスの開発を進めていく。(2020/1/22)

2020年は「信頼」「信用」の1年に 大原優乃インタビュー、ドラマ「ゆるキャン△」への意気込みも
20歳を機に、英会話教室に通い始めたようです。(2020/1/9)

これからのAIの話をしよう(教育編):
「日本の英語学習は非効率」 アイスランド人が日本向け英語学習システムを作ったワケ
「TOEIC」に特化した英語学習システム「cooori」では、AIを活用した学習のパーソナライズを行っている。アイスランド出身のAI研究者は、なぜ日本人向けの語学学習システムを開発したのか。創業者のアルナ・イェンソンCTOに聞いた。(2019/12/24)

Go AbekawaのGo Global!〜Arnar Jensson編(後):
「起業のアイデアも家内も、全て代々木公園で手に入れた」――日本の企業のグローバル化を目指すCTOが教える「自分の殻の破り方」とは
AI(人工知能)を活用した英語学習サービスを提供する「Cooori」でCTOを務めるArnar Jensson(アルナ・イエンソン)氏。同氏がエンジニアに伝えたい「一歩外に踏み出すことの重要さ」とは。(2019/12/10)

Go AbekawaのGo Global!〜Arnar Jensson編(前):
3キロ先の父の職場まで三輪車で走破 内向的で行動派なアイスランド生まれのCTOが東京工業大学を選んだ理由
AI(人工知能)を活用した英語学習サービスを提供する「Cooori」でCTOを務めるArnar Jensson(アルナ・イエンソン)氏。小さなころから何でもやってみる子だったアルナ氏はどういうきっかけで日本の大学に入学し、音声認識の道を選んだのか。(2019/12/9)

「W」は価格改定:
カメラ翻訳や会話レッスン機能を備えたAI通訳機「POCKETALK S」登場 12月6日発売
ソースネクストはが「POCKETALK S」を発表。最大で74言語の翻訳に対応し、カメラで文字を撮影すると自動で翻訳する機能や英会話の練習機能を搭載した。四次元ポケットをイメージしたポーチなどを含む「ドラえもんEdition 特別セット」も提供する。(2019/11/8)

TOEICが大学入試共通テストから撤退 2020年度開始予定の新試験に影響
理由は、当初想定より仕組みが複雑だったため。(2019/7/3)

英語教育には「読む用フォント」「書く用フォント」が必要? モリサワに聞く「フォントのユニバーサルデザイン」(3)
「教わる/教える」ことへの配慮。(2019/6/14)

今日のリサーチ:
越境EC担当者に聞く「始めたきっかけ」「現在の課題」「必要な英語力」など――イーベイ・ジャパン調査
越境ECビジネス経験3年以上の担当者に実施した「越境ECに関する実態調査」の結果です。(2019/5/15)

Google、インドの子どもたち向けAI採用英語学習アプリ「Bolo」リリース
Googleが、インドの小学生向けにヒンディー語と英語を音読しながら学習するAndroidアプリ「Bolo」を公開した。音声認識とテキスト読み上げ技術を採用し、AIアシスタントのディアが勉強を手伝う。(2019/3/11)

多様化するニーズ:
負債総額439億円、破綻した英会話教室「NOVA」はなぜ再起できたのか
2007年10月、英会話教室「NOVA」を展開していたノヴァは439億円という巨額の負債を抱え事実上の倒産に陥った。そんなNOVAの生徒数が、いま右肩上がりに伸びているという。隈井恭子社長にこれまでの道のりを聞いた。(2019/2/18)

日本人の英会話スキル、AIが評価 イーオンとKDDIが共同開発 英語を話せない記者が体験
イーオンとKDDI総合研究所が、英会話を学ぶ日本人向けに、AI(人工知能)を使って英語の発音を評価するシステムを共同開発した。(2018/11/22)

メカ設計メルマガ 編集後記:
日本の公差解析は英会話と状況が同じか
それがよいか悪いかの議論は当然出てくるでしょうが。(2018/5/22)

レベルは入門者から英検準1級またはTOEIC700点程度まで対応:
AI搭載でユーザーの英語力に合わせて会話、CAIメディアが英会話の学習用ロボット「チャーピー」を発売
CAIメディアは、英会話の学習用ロボット「チャーピー」を発売する。クラウドプラットフォームとしてAzureを採用した。音声認識機能を備え、ユーザーの英語力に合わせて話しかけてくる。身近に英語を話せる環境を作り、英会話力を育成する。(2018/3/5)

「円高に期待」?:
5周年のDMM英会話 亀山会長「いまだに稼げていない」も、成長に期待
DMM.comのオンライン英会話サービス「DMM英会話」が5周年。DMM亀山会長は「いまだに稼げていない」と語るが、英語教育市場の伸びと“新たな需要”を背景に成長が期待される。(2018/2/22)

VRでシドニー観光と英会話を同時に楽しめるカフェ 六本木ヒルズに期間限定オープン
「TOEIC Program」を運営するIIBCが六本木ヒルズに「英語で話す場」を提供する期間限定のカフェをオープン。KDDIが提供するVR(仮想現実)システムで六本木とオーストラリアをつなぎ、ネイティブスピーカーとのライブコミュニケーションを無料で体験できる。(2018/1/17)

NTTコム、TOEIC 900点台の高精度翻訳を実現する企業向けAI翻訳プラットフォーム 3月1日提供開始
NTTコミュニケーションズは、AI技術を活用した自動翻訳ソリューション「AI翻訳プラットフォームソリューション」を発表した。(2018/1/15)

AIで英会話のレベル分析、効果的な学習を支援――英会話のGABAとNTTデータが実証実験へ
GABAとNTTデータは、AIを活用して英会話レッスン中の音声から学習レベルを分析し、効果的な学習に活用するための実証実験を行う。音声認識技術の活用による、効率的な英語学習の実現を目指す。(2017/12/18)

KDDI、英会話「イーオンHD」買収 教育市場に参入
KDDIがイーオンホールディングスを買収。成長が見込まれる教育市場へ参入する。(2017/11/22)

AI、VR活用の新サービス検討:
KDDI、英会話の「イーオン」買収 教育市場へ参入
KDDIが英会話スクール「イーオン」などを展開するイーオンホールディングスを買収。教育市場へ新規参入する。(2017/11/22)

前年よりも12点低下:
今年の新入社員のTOEIC平均スコアは「485点」
今年の新入社員のTOEIC平均スコアは485点――国際ビジネスコミュニケーション協会調べ。(2017/11/14)

「シャーロック・ホームズ」全作品を翻訳した英語学習法 TOEICにはオーバースペックな“最強単語帳”の作り方とは?
語彙力こそパワー。(2017/9/28)

キャリアニュース:
製造業でセールス/マーケティング職のプロを積極的に採用
外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが、採用動向レポートを公開。製造業で、専門知識と英語力を持つセールス/マーケティング職のプロフェッショナルを積極的に採用している。 (2017/8/22)

訪日外国人をおもてなし:
イーオンが「VR英会話」開始 リアルな会話で語学力向上
英会話教室運営のイーオンが、VR(仮想現実)に対応した英会話学習アプリ「英語でおもてなしガイド」をリリース。実際にネイティブと1対1で話しているような感覚で学習できるため、自宅などでも会話力の向上が可能という。(2017/7/19)

「あれはUFOですか? いいえ、米軍の秘密兵器です」 学研プラスがムー監修の英会話本を出版
これさえあれば、エリア51でも対応できそう。(2017/7/14)

品川女子学院が英語の自主学習に「AI」導入 その狙いは?
iPadやクラウドサービスなど、IT技術を積極的に導入している品川女子学院。今度は、長期休暇時における英語の自主学習対策にAI英会話アプリを導入するという。その狙いはどこにあるのだろうか。(2017/6/14)

スキマ時間で英語が身に付く? カシオの「デジタル英会話学習機」を試す
通勤・通学などのスキマ時間を使って、紙の教材やスマホアプリで英語を学んでいる人は多いが、こんな専用ガジェットがあるのをご存じだろうか。今回はカシオが発売した最新モデルを実際に試してみた。(2017/5/31)

「これはタカシですか?」「いいえ、それはゴキブリです」 とある英語学習アプリの例文が狂気しかない
タカシ「とても美味しいコーラですね(しょうゆを飲みながら)」(2017/5/21)

Rakuten Super English:
「社内の英語化」進める楽天、英語教育事業に本格参入
社内公用語の英語化に取り組む楽天が、英語教育事業に本格参入。(2017/4/21)

ソフトバンク、英語学習用AI搭載ロボット「Musio X」を発売 キャンペーンも実施
ソフトバンク コマース&サービスは、英語学習用AI搭載ロボット「Musio X」の発売を記念したキャンペーンを開催。利用に必須のライセンス「Friend Plan」の期間限定無料提供や、会話例文集「毎日シンプル 英会話フレーズ1000」をプレゼントする。(2017/4/14)

「ウェアラブル英会話教師」登場 普段の会話解析、最適な英会話レッスン生成
普段の会話を解析し、自分に最適な英会話を学べるウェアラブルデバイス+スマートフォンアプリ「ELI」を博報堂が開発した。(2017/3/10)

「第12回あなたが選ぶオタク川柳大賞」投票開始 「My waifu <3(俺の嫁)」とオタ英会話を詠んだ句も
これもクールジャパンってやつかしら。(2017/2/15)

ラーニングからコーチングへ、カシオが新機軸の英会話学習機「Lesson Pod」を発売
カシオ計算機は、新コンセプトの英会話学習機「Lesson Pod」(レッスンポッド)を発売する。自らユーザーに話しかけ、学習をリードする“コーチング”の学習機。英語を話すことに苦手意識を持っている人にも適しているという。(2017/2/2)

業績にも影響する?:
従業員の英語力はどのくらい重要?
従業員の英語力はどのくらい重要?――テンナイン・コミュニケーション調べ。(2016/11/22)

「英語が得意」と感じるようになるのは、TOEIC何点から?
日本人の7割は英語に苦手意識があり、「日本人は英語が下手」だと感じている――楽天リサーチ調べ。(2016/8/26)

意外と知らない教育現場のいま:
生き残りをかけて迷走する大学の“国際教育”のいま
少子化による18歳人口の減少期突入を目前とし、各大学は生き残りに必死だ。そこで「国際化」はどこも標榜するフレーズで、英語教育への傾注もまたしかり――今回は山梨学院大学のiCLA学部を例に、大学の国際教育についてお伝えする。(2016/7/29)

TOEIC 200点アップの“結果にコミット” 「RIZAP ENGLISH」1号店オープン
英語スクール「RIZAP ENGLISH」1号店がオープン。(2016/7/1)

女子高生AI「りんな」の英語力が何かおかしい
その実力やいかに。(2016/6/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。