ニュース
» 2009年11月09日 13時25分 UPDATE

「初のiPhoneワーム」をセキュリティ企業が発見

ロック解除したiPhoneに感染するワームが発見された。ソースコードも公開されており、さらなる亜種が登場するかもしれない。

[ITmedia]

 セキュリティ企業F-Secureは11月8日、初のiPhoneワームを発見したと報告した。

ah_ikee.jpg

 このワームは「Ikee」という名前で、Jailbreak(iPhoneのロックを解除して好きなソフトを実行できるようにすること)したiPhoneのみに感染するという。このワームに感染すると、壁紙が歌手のリック・アストリーの写真に変わり、「ikeeは君を離さない」というメッセージが表示される。

 Ikeeは、Jailbreak済みだがデフォルトのrootログインパスワードを変更していないiPhoneを標的とする。感染するとSSHサービスを停止するため、再度感染することはない。このワームはIPアドレスをスキャンして脆弱なiPhoneを探すが、スキャンするアドレスはほとんどオーストラリアのもので、同国以外でIkeeの報告は確認されていないという。

 Jailbreak済みのiPhoneをIkeeから守るには、rootパスワードを変更する必要があるとF-Secureはアドバイスしている。

 Ikeeのソースコードは既に公開されており、今後さらに悪質な亜種が登場する可能性もあると同社は注意を促している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -