ニュース
» 2009年11月10日 13時59分 UPDATE

リコー、世界最小のレンズ交換式デジカメ「GXR」 レンズに撮像素子内蔵

リコーは、世界最小・最軽量のレンズ交換式デジタルカメラ「GXR」を12月上旬に発売する。レンズ一体型の「カメラユニット」に撮像素子を搭載。ボディから撮像素子を省き、コンパクトに抑えた。

[ITmedia]
画像

 リコーは11月10日、世界最小・最軽量のレンズ交換式デジタルカメラ「GXR」を12月上旬に発売すると発表した。レンズ一体型カメラユニットに撮像素子を搭載。ボディから撮像素子を省き、コンパクトに抑えた。オープン価格で、実売予想価格は5万円前後、同時発売のレンズは4万円〜7万5000円前後。

 ボディサイズは113.9(幅)×70.2(高さ)×28.9(厚さ)ミリ(突起部含まず)、重さは約226グラム(バッテリー、ネックストラップ含む)。

 カメラユニットには、レンズと撮像素子に加え、最適にチューニングした画像処理エンジンを搭載。ボディに搭載した画像処理エンジンと合わせ、高画質な撮影が可能としている。一般のレンズ交換式一眼レフデジカメと異なり、交換時に撮像素子が露出しないため、ごみやほこりが入りにくいのも特徴だ。

 35ミリ換算で50ミリF2.5の単焦点レンズ(実売7万5000円前後)と、同24〜72ミリF2.5〜4.4のズームレンズ(実売4万円前後)を同時に発売する。50ミリレンズはAPS-Cサイズ・約1230万画素のCMOSセンサーと画像処理エンジン「GR ENGINE III」を搭載。24〜72ミリズームレンズは、1/1.7インチ、約1000万画素のCCDを搭載し、画像処理エンジン「Smooth Imaging Engine IV」を採用した。

 ボディはGRシリーズと同じマグネシウムダイキャスト製。ユーザーインタフェースはGR、GXシリーズの操作部デザインを踏襲している。

関連キーワード

撮像素子 | リコー | GR DIGITAL


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -