ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2009年11月17日 17時37分 UPDATE

20代限定・イベント告知コミュニティー「SeeSoo」 エキサイトがβ公開

20代限定の携帯向けコミュニティー「SeeSoo」のβ版をエキサイトが公開。異業種交流会や花見、ランチといったイベントの告知や参加申請ができる。

[小笠原由依,ITmedia]
photo SeeSoo

 エキサイトは11月17日、20代限定の携帯電話向けコミュニティーサイト「SeeSoo」(シーソー)のβ版を正式発表した。イベントの告知・参加申請に特化したサイトで、花見やスポーツ観戦、異業種交流会といったイベントの参加者を募ったり、ほかのユーザーが企画したイベントに応募できる。

 「20代は社会人になった後、同年代の友人を作るのが難しく、コミュニケーションは携帯電話を通したものに変化している」(同社の明石岳人さん)と考えて開発した。「異業種交流会の参加者にも若年層が増えており、携帯SNSのオフ会も流行している」ことも企画の背景にあるという。

 まずは無料で提供し、2010年3月末までに会員数3万人獲得が目標。10年度(2010年4月〜11年3月)中の本格オープンを計画し、有料プランの提供や広告掲載などで初年度3億円の売り上げを目指す。

イベント登録には年齢確認が必要

photo エキサイトの明石岳人さん

 ニックネーム、生年月日、性別などを入力してユーザー登録するが、イベントの作成や参加には年齢認証が必要。免許証や健康保険証、パスポートなど年齢が確認できる身分証明書を撮影し、メールに添付してエキサイトに送る。写真は同社が目視で確認する。

 企画したイベントを登録・告知し、参加者を募れる。イベントを登録する際には、「ランチ・お茶」「飲み会」「映画」「スポーツ」などのジャンル、イベントの開催地、希望する性別や人数などを入力。内容に性的な表現がないかなどを同社がチェックした上で公開し、参加者を募る。

 グループ同士の交流をコンセプトにしており、参加は2人以上が条件。参加したいイベントがあれば、ほかのユーザーを誘うか、友人に招待メールを送ってユーザー登録してもらった上で参加する。

 主催者は、応募者から参加者を選ぶことが可能。主催者と応募者は、メールアドレスを明かさずにメッセージ交換できる「連絡メール機能」でやりとりする。イベントと親和性の高そうなユーザー検索し、主催者側から誘う「スカウトメール機能」も備えた。

 サイト内パトロール、キーワードフィルターを使った不適切な文言の削除、イベント参加者からのイベント評価システムなどを導入。コミュニティーサイト「エキサイトフレンズ」や、出会いサービス「エキサイト恋愛結婚」で培ったノウハウを生かして安全管理する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.