ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2009年12月07日 07時25分 UPDATE

Apple、Mac OS X向けのJava更新版をリリース

Mac OS X 10.5とMac OS X 10.6向けのJava更新版リリース。多数の深刻な脆弱性に対処した。

[ITmedia]

 米Appleは12月3日付で、Mac OS X向けのJava更新版をリリースし、多数の深刻な脆弱性に対処した。

 更新版は2つあり、「Java for Mac OS X 10.5 Update 6」はMac OS X 10.5.8が対象に、「Java for Mac OS X 10.6 Update 1」はMac OS X 10.6.2以降のバージョンが対象となる。

 いずれもJava 1.6.0_15までの古いバージョンに存在していた複数の脆弱性を解決した。これら脆弱性は、不正なJavaアプレットを仕込んだWebページをユーザーに閲覧させて、任意のコードを実行するといった攻撃に用いられる恐れがある。

 AppleのアップデートではJavaを1.6.0_17などの最新バージョンに更新して、これら問題を解決している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Java | Mac OS X | 脆弱性 | Apple


関連ホワイトペーパー

Java | Apple


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.