ニュース
» 2009年12月17日 14時48分 UPDATE

Google、ページの表示範囲シミュレートツール「Browser Size」発表

「何%の人がページのどこまで表示できるか」を視覚的に見せてくれるWebデザイナー向けのツールがGoogle Labsに登場した。

[ITmedia]

 米Googleは12月16日、Webページがユーザーからどのように見えているかをシミュレーションするWebデザイナー向けツール「Browser Size」をGoogle Labsの機能として公開したと発表した。

 Webページでは、重要なコンテンツやダウンロードボタンなどはスクロールしなくても見える位置に置くことが重要だ。例えばGoogle Earthのダウンロードボタンの位置を100ピクセル上に移動しただけで、インストール率が10%増加したという。

 だが、PCの解像度やWebブラウザの表示サイズなどの要因で、ユーザーによって表示している範囲は異なる。Browser Sizeでは、サイトの入力枠にシミュレートしたいページのURLを入力すると、表示できる範囲を示す半透明の色分けを重ねた該当ページが表示される。

browser 何%のユーザーがどのくらいの範囲を表示できるかを色分けしている

 Browser Sizeは、google.comの訪問者データから抽出した利用ブラウザの縦横サイズの情報をベースにしているという。このツールは、同社のソフトウェアエンジニア、ブルーノ・ボーデン氏らが「20%の自由時間」を使って開発した。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -