ニュース
» 2009年12月22日 11時31分 UPDATE

「HPの顔追跡ソフトは人種差別」黒人男性が批判

HPの顔追跡ソフトが、白人の顔は追跡できたのに自分の顔を追跡できなかったと批判している黒人男性に対し、HPは照明の問題ではないかと反論している。

[ITmedia]

 「Hewlett-Packard(HP)の顔追跡ソフトは人種差別をしている」と黒人男性が批判している。このソフトが、白人の顔は追跡できるのに、彼の顔は追跡できないからだという。HPはこれを否定している。

 この男性はYouTubeにアップロードしたビデオで、HPの顔追跡ソフトを搭載したWebカメラで自分の顔を写してみせている。カメラは彼の顔を追跡できなかったが、彼の同僚の白人女性の顔は追跡できた。このことから、「HPのコンピュータは人種差別をしている」と男性は主張している。

 HPのコミュニティーマネジャー、トニー・ウェルチ氏はこのビデオについて、公式ブログで次のように説明している。「この顔追跡技術は、目の間、ほほの上部、鼻のコントラスト強度の差を測定するアルゴリズムを使っている。顔の前面の照明が不十分な場合、カメラがコントラストを認識するのが難しいことがあると思う」

 同氏は、パートナーと協力して詳しく調査するとしており、顔追跡技術に照明が及ぼす影響に関する情報を掲載したページも紹介している。

関連キーワード

照明 | アルゴリズム | Webカメラ | YouTube


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -