ニュース
» 2009年12月23日 21時55分 UPDATE

JR東のサイトが改ざん ユーザーにGENOウイルス感染の恐れ

JR東日本のWebサイトの一部が不正アクセスを受けて改ざんされ、ユーザーがGumblarウイルス(通称GENOウイルス)亜種に感染した恐れがあるという。

[ITmedia]

 JR東日本は12月23日、同社のWebサイトの一部が海外から不正アクセスを受けて改ざんされたと発表した。ユーザーがGumblarウイルス(通称GENOウイルス)亜種に感染した恐れがあるとし、ウイルスチェックを呼び掛けている。

 改ざんされていたのは、トップページのサイト内検索窓と、「大人の休日倶楽部」東京講座のページ。8日午後9時40分〜21日午後11時55分までに検索窓から検索したユーザーと、18日午前11時〜22日午後9時までに東京講座のページを閲覧したユーザーに、感染の恐れがあるという。合計で5万件のアクセスがあったとしている。

 同社は21日夕方、一般ユーザーから報告を受けて調査を開始。23日未明からサイトの機能を一時停止して調査と問題の修正を行っていた。サイトは23日午後7時までに全機能を復旧させた。

 Gumblarウイルスは、対策されていないPCで改ざんされたWebサイトを閲覧するだけで感染するウイルスで、今年4月ごろから流行。悪意のあるサイトを閲覧させたり、ユーザーのFTPアカウントを悪用してサイトを改ざんするなどの被害が報告されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -