ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年12月25日 16時32分 UPDATE

「ゲド戦記」の作者、Googleブック和解を「悪魔と取引」と批判

アーシュラ・K・ル=グウィン氏が、書籍電子化をめぐってGoogleと和解した米作家組合を脱退。同組合を「あなた方は悪魔と取引することにした」と批判した。

[ITmedia]

 「ゲド戦記」で知られる作家のアーシュラ・K・ル=グウィン氏が、Googleブックをめぐる和解を不服として、米作家組合を脱退したことが分かった。

 同氏は米作家組合がGoogleによる書籍の電子化を認める和解を交わしたことを「あなた方は悪魔と取引することにした」と公開書簡で批判している。同組合が作家の権利を守ってくれることに感謝して、多額の会費を払ってきたが、Googleとの和解はそれを裏切る行為だと述べている。

 同氏は、米作家組合は脱退するが、Googleの書籍電子化に反対している米著述業組合などの団体にはこれまで通り加盟を続けるとしている。

 同組合はこれを受け、ル=グウィン氏の脱退は残念とコメントしている。Googleとの和解については、「デジタル・オンライン技術と従来メディアが出会うと、たいていは従来メディアが略奪されることになる。時には、建設的な形で関与することが、唯一の現実的な解決策になる」と擁護している。「Googleとの和解は作家にとってプラスになる。絶版書籍や、今収入を生んでいない書籍から収入を得る新たな道が開かれる」

関連キーワード

Google | 和解 | 脱退 | 書籍検索 | 電子化 | ゲド戦記 | 出版


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.