ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年01月05日 16時49分 UPDATE

Microsoft、「Windows Azure」を正式公開

Microsoftのクラウドサービス「Windows Azure」がCTPから商用版に移行した。1月中にアカウントを取得すれば、同月末まで無料で利用できる。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月4日、2009年11月からコミュニティー技術プレビュー(CTP)を行ってきたクラウドサービス「Windows Azure Platform」を製品版に移行したと発表した。日本を含む21カ国で、製品版のアカウントをカスタマーポータルぺージから申し込める。

azure

 Windows Azure PlatformのCTPアカウントを持つユーザーは、同日から商用アカウントにアップグレードできる。1月中にアップグレードすれば、1月末まで無料で利用可能だ。

 なお、「AppFabric Service Bus」と「AppFabric Access Control」の料金体系が2009年11月の発表時から修正されたため、これらのサービスのみ3月末まで無料になる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.