ニュース
» 2010年01月06日 19時09分 UPDATE

ローソンの採用サイト改ざん 閲覧者にGumblarウイルス感染の恐れ

ローソンは、採用サイトが昨年末に改ざんされ、閲覧したユーザーがGumblarウイルス(通称GENOウイルス)亜種に感染した恐れがあると発表した。

[ITmedia]

 ローソンは1月6日、同社の採用サイト「http://www.lawson-recruit.jp/」が昨年末に改ざんされ、閲覧したユーザーがGumblarウイルス(通称GENOウイルス)亜種に感染した恐れがあると発表した。

 改ざんされていたのは、12月28日午前11時21分〜30日午前0時20分までで、期間中のアクセス数は450。29日午後5時にサイト運営委託会社から改ざんの通知を受け、30日に修正、改ざんの告知とウイルス感染の確認法を掲載した。

 Gumblarウイルスは昨年4月ごろから流行。悪意のあるサイトを閲覧させたり、ユーザーのFTPアカウントを悪用してサイトを改ざんするなどの被害が報告されている。12月末にはJR東日本のサイトも改ざん被害にあうなど、大手企業のサイトにも広がっている。

関連キーワード

GENOウイルス | ウイルス | 改ざん | ローソン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -