ニュース
» 2010年01月13日 07時43分 UPDATE

中国Baiduがアクセス不能に、Twitterハッキングと酷似

Baiduにアクセスしようとすると、12月のTwitterハッキングと同じ「イランのサイバー軍」を名乗るサイトにリダイレクトされる状態になっていた。

[ITmedia]

 中国の大手検索エンジンBaiduが1月12日、一時的にアクセスできなくなり、「イランのサイバー軍」を名乗るサイトにリダイレクトされる事件が起きた。SANS Internet Storm Centerやセキュリティ企業の英Sophosなどがブログで伝えた。

 リダイレクト先のページには「このサイトはイランのサイバー軍によってハッキングされた」という英文とイラン国旗が掲載されていた。これは、12月に起きたマイクロブログサービスTwitterのハッキングと同じ内容。SANSによれば、Twitterの時と同様、Baiduのサイト自体が改ざんされたわけではなく、サイトのDNS情報を改ざんする手口が使われたとみられる。

hackedbaidu.jpg Baiduからリダリレクトされる先のサイト(Sophosより)

 Baiduのサイトは現在は復旧し、通常通りアクセスできる状態になっている。今回のような攻撃を防ぐために、サイト運営者はドメイン名登録のポリシーを確認し、認証情報の扱いをチェックしておいた方がいいとSANSは呼び掛けている。

関連ホワイトペーパー

ハッキング | 検索エンジン


過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -