ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イラン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イラン」に関する情報が集まったページです。

「信じられない」「もはや芸術」 長い髪を使って“バスケット”を編んでみたら……? 驚異のテクニックが4500万再生【海外】
本物のフルーツも入れられます。(2024/5/21)

各国の防衛機関も使う“世界水準”の情報解析ツール:
未来が見えれば優位に立てる 事前対策に効くインテリジェンスとは
地政学リスクの顕在化や度重なる自然災害で、リスク管理が複雑化・高度化している。自組織を守るために効果的な対策を打つためには状況の可視化が必須だ。米国国防省も採用するAI解析ソリューションが可能にする高精度のデータ分析とは。(2024/5/20)

海外医療技術トレンド(106):
医療機器よりも難題!? Non-SaMDに影響が及ぶ米国のIoTセキュリティ政策
米国では、本連載第98回で取り上げた消費者IoT製品向け認証/ラベリングプログラム「U.S.サイバートラストマーク」の導入準備など、非医療機器/Non-SaMD(Software as a Medical Device)を取り巻く動きが加速している。(2024/4/19)

Microsoftが警鐘を鳴らす「生成AI攻撃」【中編】
生成AIの“闇”が広がる――4カ国、5グループによる「生成AI悪用」の実態
国家支援型のサイバー犯罪集団が生成AIツールを利用した攻撃活動を繰り広げている。企業はどの国やサイバー犯罪集団からの、どのような攻撃を警戒すべきなのか。Microsoftの調査を基に説明する。(2024/4/9)

4キャリアの「海外データローミング」を比較 “お得にたくさん”使えるのはどこ?
海外旅行に欠かせない、キャリアやサブブランドの海外ローミングプランについて調べてみた。ドコモの「世界そのままギガ」の場合、データ量は自分の契約プランから消費されるが、オプション料金が別途必要。auは、1日800円から利用できる「au海外放題」を新たに提供している。(2024/3/29)

セキュリティニュースアラート:
クラウドストライクが2024年の脅威レポートを公開 クラウド狙いの攻撃が激化
クラウドストライクは「クラウドストライク2024年版グローバル脅威レポート」を発表した。脆弱なクラウド環境への攻撃増加やステルス性とスピードを重視したサイバー攻撃が急増すると指摘している。(2024/3/27)

キッチンで冷蔵庫をカリカリするワンコ、何をしているのかと思ったら…… 自分で氷を取り出しちゃう賢さにびっくり「人間を見て学習してたんだね」【米】
完璧に使いこなしています。(2024/3/11)

工場セキュリティ:
PR:サイバー攻撃から工場設備を守れ PLC全製品のセキュリティ強化を図るオムロン
工場のスマート化に伴って、サイバー攻撃の対象がITからOTへと広がっている。世界的に法規制が強化され、制御システムにもITと同レベルにセキュリティが求められつつある。これに対して主力製品である「NJ/NXシリーズ」、小型ベーシックな「CJシリーズ」など全てのPLC製品のセキュリティ強化を進めるのがオムロンだ。OTセキュリティに対する同社の考え方や今後の方向性について聞いた。(2024/3/8)

Marketing Dive:
バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと共にどのように話題のテクノロジーに傾倒したかを説明する。(2024/2/28)

ITmedia Security Week 2023 冬:
登大遊氏が憂う、日本のクラウド、セキュリティ、人材不足、“けしからん”文系的支配
2023年11月29日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「実践・クラウドセキュリティ」ゾーンで、情報処理推進機構(IPA)サイバー技術研究室 登大遊氏が「コンピュータ技術とサイバーセキュリティにおける日本の課題、人材育成法および将来展望」と題して講演した。日本における「ハッカー」と呼ぶべき登氏が初めてアイティメディアのセミナーに登壇し、独特の語り口から日本におけるエンジニアリングの“脆弱性”に斬り込んだ。本稿では、講演内容を要約する。(2024/3/7)

セキュリティニュースアラート:
AI時代の要注意脅威アクターとは? Microsoftが調査レポート「Cyber Signals」を公開
MicrosoftはAIの登場によってサイバーセキュリティが大きな変革を迎えているとし、AIを使った攻撃対処や人材不足への対応など新たな取り組みを「Cyber Signals」第6版において伝えた。(2024/2/19)

OpenAIとMicrosoft、AIを攻撃に悪用するロシアや中国のアカウント停止
MicrosoftとOpenAIは、LLMなどのAIツールがロシアや中国などとつながる脅威アクターに悪用されているという調査結果を発表した。両社はこれらの脅威アクターに関連付けられているすべてのアカウントと資産を無効にしたとしている。(2024/2/15)

CODE BLUE 2023レポート:
OTシステムへの攻撃はすぐそこまで来ている マルウェア解析から分かった攻撃者の狙い
サプライチェーン攻撃の激化に伴い、ITシステムだけでなくOTシステムを狙ったサイバー攻撃が本格化する恐れがある。OTを狙ったマルウェアの実態と攻撃者の目的をリサーチャーが語った。(2024/2/8)

Cybersecurity Dive:
米国の専門家たちが2024年に注目する「5つのサイバーセキュリティトレンド」
ランサムウェアの脅威はかつてないほど深刻で、予防策は依然として不十分であり、新たなインシデント報告とコンプライアンス規制の波が押し寄せている。専門家たちが2024年に注目する5つのセキュリティトレンドとは。(2024/2/3)

Cybersecurity Dive:
「もうセキュリティから逃げられない」 SECの新規則施行で上場企業が頭を悩ませる
SECのサイバーインシデント報告義務規則によって、上場企業はサイバーガバナンスと脅威への対応策を高いレベルで管理しなければならない。(2024/1/27)

DAZNの無料プラン「フリーミアム」開始 アジアカップも一部配信
スポーツ専門の動画配信サービス「DAZN」は1月24日、無料プラン「DAZN Freemium(フリーミアム)」の内容を発表した。日本を含む全マーケットで23日に提供を始めた。(2024/1/24)

Cybersecurity Dive:
イランのイスラム革命防衛軍のハッカーが、上下水道施設を攻撃
Unitronics PLCの機器に対する現在進行中のサイバーキャンペーンは、米国の複数の水道施設に影響を与えており、当局はエネルギー業界や医療業界、食品および飲料製造業界も監視している。(2024/1/14)

村田製作所やパナソニック、ロシア兵器に部品使用のウクライナ政府発表に戸惑い
ロシアの無人機やミサイルなどの兵器に一部日本企業の部品が使われていたとされる問題で、製造元の企業が対応に苦慮している。ウクライナ政府によると、日本の部品で見つかったのは集積回路(IC)やエンジン、カメラなど136個。(2024/1/11)

MetaのThreads、欧州での提供開始
Metaは、今年7月に立ち上げたSNS「Threads」の欧州でも提供を開始したと発表した。MetaはEUが来年施行するとみられる「DMA」で「ゲートキーパー」の1社とされている。(2023/12/15)

セキュリティニュースアラート:
「SIEMは消滅する」 クラウドストライク、2024年のセキュリティ予測を発表
クラウドストライクは2024年のサイバーセキュリティ業界予測を発表した。生成AIが組織にもたらすリスクや従来のSIEMが限界を迎えていることが指摘されている。(2023/12/14)

セキュリティニュースアラート:
ランサムウェアは侵入から1日で攻撃を仕掛け終わる 脅威活動の実態
Secureworksは2023年のサイバー脅威に関する報告書を公開した。ランサムウェア攻撃の増加と脅威アクターの迅速な適応などが指摘されている。(2023/10/9)

日本の企業が直面するリスク 中国と北朝鮮の"ずる賢い"攻撃パターン
MandiantのCEOが、中国や北朝鮮、イランを中心に最新のセキュリティ脅威を解説した。日本企業が知っておくべきこととは。(2023/9/21)

「水素社会」に向けた日本の現状と将来展望(3):
地政学リスクから考える、日本が水素輸入国となった場合の「安全調達」戦略
「水素社会」の普及・実現に向けた動きが加速する中、企業は今後どのような戦略を取るべきなのか。その示唆となる国内外の情報をお届けする本連載、最終回となる今回はグローバルな地政学リスクを整理し、水素輸入国になると想定される日本での水素の「安定調達」戦略を考察する。(2023/9/11)

林信行が見てきた「Twitter」の美学と信念 この十数年を振り返って
Tiwtterが大きく変わる転換点にある。サービスを当初から追い続け、Twitter創業者のジャック・ドーシー氏らとも言葉を交わしている林信行氏が、この十数年を振り返る。(2023/7/24)

オスカー俳優、「暴動を扇動」で仏政府が解散させた環境保護団体に“絶対的支持”表明 コメント欄は反対意見で大荒れ
マリオン「本当の犯罪者は誰?」(2023/6/26)

Trellixが脅威レポートを公開 2023年Q1は中国の脅威アクターが全世界で猛威を振るう
Trellixは2023年第1四半期のサイバーセキュリティ脅威レポートを公開した。サイバー脅威に関する洞察やセキュリティ対策のベストプラクティスがまとまっている。(2023/6/26)

ダルビッシュ有、“赤ちゃん時代”の親子がうり二つ イラン人父の姿に納得の声も 「そら、子供イケメンになるわ」
よく似てる。(2023/6/19)

侵入後の検知スピードは向上も油断大敵? マンディアントが年次脅威レポートを公開
マンディアントは年次脅威レポート「M-Trends 2023」の日本語版を公開した。サイバー攻撃者の最新動向から企業が今やるべきセキュリティ対策がみえてきた。(2023/5/31)

スマート醸造所実現への旅【後編】
スマート醸造所を作るビールメーカーが何より「ネットワーク」にこだわった理由
酒類メーカーAB InBevは、事業の変革を進めるために必要なネットワークを構築した。従業員のコミュニケーションを支えるインフラは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の基礎となる。(2023/5/31)

メッセンジャーアプリ「Signal」が強固にプライバシーを守れる秘密 元Googleの開発責任者に聞く
メッセージアプリ「Signal」は、非営利団体のSignalが開発しているオープンソースのメッセンジャーアプリ。Signalで送受信されるメッセージは、Signalプロトコルを使って全て暗号化されている。Signalの代表者Meredith Whittaker(メレディス・ウィテカー)氏にアプリ開発の狙いを聞いた。(2023/5/26)

ChatGPTアカウントの転売、ダークウェブで増加 制限回避のため需要高まる
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの日本法人は、ChatGPTの有料アカウントが盗まれ、ダークウェブ上で販売される被害が増加しているとして注意喚起した。(2023/4/27)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
TikTok禁止包囲網が世界で拡大――セキュリティ脅威? それとも中国恐怖症?
世界各国で使用禁止の輪が広がりつつある「TikTok」。逆風が吹き荒れるTikTokの未来は……?(2023/4/14)

Social Media Today:
Googleが中国の影響力工作に徹底抗戦 6000のYouTubeチャンネル削除の理由は?
中国の影響力工作が猛威を振るっている。Googleがまとめた脅威分析レポートによると2023年1月の1カ月だけでも数千件に上る影響力工作を阻止したということだ。(2023/4/7)

攻撃者はより有利に、守る側はより不利に クラウドストライクが最新レポートを発表
サイバー犯罪者に有利な状況になりつつあると、クラウドストライクの調査で判明した。企業はどのように取り組んでいく必要があるのだろうか。(2023/4/6)

AWS、生成AIスタートアップを支援へ 日本からも募集 最大30万ドル分AWSが使える権利を提供
AWSが、生成系AIを手掛けるスタートアップの支援プログラムを開始。対象のスタートアップには、AWSの支払いに使えるクレジットを最大30万ドル分提供するという。(2023/4/5)

「ジェネレーティブAI」はビジネスに使えるか【後編】
ChatGPTが生成「刑務所入り判断プログラム」が出力した“ぞっとする結果”とは
「ChatGPT」などのジェネレーティブAIをコーディングに活用しようとする動きがある。だが何の疑いもなく活用するのは危険だと専門家は指摘する。実例から見えた、ジェネレーティブAIの“危うさ”とは。(2023/3/31)

これまでWindows狙ってきたランサムウェアIceFire 流行に乗りLinuxを標的に
SentinelLabsはランサムウェア「IceFire」の感染が拡大しているとして注意を呼びかけた。これまでWindowsを標的としてきた同ランサムウェアは、新たにLinuxを狙った攻撃を開始している。(2023/3/11)

ランサムウェア被害からの復旧計画、重要なポイントを知っていますか?
今やランサムウェアは事業継続に大きな影響を与える深刻な経営リスクです。これに向けた対策を講じたい企業に、2023年のランサムウェア動向予測と対策時に考慮すべき4つのポイントを紹介します。(2023/3/1)

仏セザール賞壇上に環境活動家が侵入 司会者が笑った写真に“嘲笑”と批判され抗議「操り人形にされるのは不愉快」
生放送は一時中断。(2023/2/28)

もしもインターネットが遮断されたら【第3回】
「Twitter」と「YouTube」 政府が本当に使わせたくないのはどっち?
さまざまな国や地域で見られる、政府によるインターネット遮断。その対象になりやすいのがSNSだ。2022年、遮断時間が長かったSNSは。(2023/2/28)

アンジェリーナ・ジョリー、イラン人女性をサポートするアートプロジェクトに賛同 髪の提供を呼びかける
投稿にはさまざまな意見が寄せられています。(2023/2/20)

もしもインターネットが遮断されたら【第1回】
インターネットを遮断なんてあり得ない――それは世界の非常識?
国や地域によっては、政府によるインターネット遮断が発生する。その場合、どのような影響が生じているのか。インターネット遮断の実態を探る。(2023/2/14)

産業制御システムのセキュリティ:
2022年OT/IoTセキュリティの世界で何が起こった?攻撃手法の変化に加えて新たなターゲットも
Nozomi Networksは同社のNozomi Networks Labsによる2022年下半期OT(制御技術)、IoT(モノのインターネット)セキュリティ動向レポートの概要と、新製品のOT、IoTエンドポイントセキュリティセンサー「Nozomi Arc」について説明した。(2023/2/10)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(10):
「お金がなくてもそこそこ幸せになれるのか」を宗教と幸福感から真剣に解析してみる
今回は、「なぜ、カルトの信者はあんなに幸せそうなのか」という疑問に端を発して、「お金がなくてもそこそこ幸せになれるのか」を宗教と幸福感から真剣に解析してみました。(2023/1/16)

【なんて読む?】今日の難読漢字「驀地」(ま○○○○)
ヒント:猫(2022/12/23)

【なんて読む?】今日の難読漢字「象る」
「ゾウる」ではない読み方。(2022/12/22)

CISA「中国サイバー犯罪に要注意」【後編】
脆弱性を悪用した攻撃への対処が「簡単なようで難しい」なるほどの理由
中国政府支援の攻撃活動が活発な中、企業はセキュリティ対策を講じることが急務だ。どのような対策が有効なのか。実現のヒントも含め、説明する。(2022/12/22)

【なんて読む?】今日の難読漢字「迸り」(○○○○り)
ナントカり。(2022/12/21)

日本のIT課題の集大成「サプライチェーン攻撃」に立ち向かう術はあるのか(1):
「サプライチェーン攻撃」とは何か? 弱点を発見する方法は? どう対策すべきか?
あらゆる業種、あらゆる規模の組織が“自分事”として捉えられるよう「サプライチェーン攻撃」の現状と対策を整理する特集『日本のIT課題の集大成「サプライチェーン攻撃」に立ち向かう術はあるのか』。初回は、日本ハッカー協会 代表理事の杉浦隆幸氏の講演「サプライチェーン攻撃の実態」をレポートする。(2022/12/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「毟る」
ヒント:毛が少ない(2022/12/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。