ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イラン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イラン」に関する情報が集まったページです。

活発化する中堅・中小企業狙いのサイバー攻撃【後編】
中小企業で「RDP」攻撃が活発化 カスペルスキーが考える理由とは?
世界の中堅・中小企業をサイバー犯罪者が狙っている。システムを守るために、特にどのような脅威に対して注意が必要なのか。Kaspersky Labの調査を踏まえて考える。(2022/6/21)

ウクライナのインフラを狙うロシア【後編】
ウクライナ電力網の停止を狙ったマルウェアが「他の地域にも広がる」は本当?
ウクライナの電力施設へのサイバー攻撃に悪用された「Indestroyer2」には、セキュリティ専門家が懸念する特徴が存在する。どのような問題があるのか。(2022/5/19)

Innovative Tech:
心臓の音で個人認証、精度95%以上 音のリズムやピッチを分析
スペインとイランの研究チームは、心電図から取得した心拍音を分析し、その人が誰かを特定するバイオメトリクス技術を開発した。心電図(ECG)信号をオーディオ波形ファイルに変換し、5つの音楽的特性を分析することで識別する。(2022/4/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ロシアのルーブル安を笑えない? 日本円もひっそりと「大暴落中」のナゼ
ロシアがウクライナを侵攻し始めてから、同国通貨単位である「ロシアルーブル」は対円相場で18%暴落した。しかし、ルーブルが対岸の火事になっていると認識するのは早計だ。このところ日本円も大幅に円安、つまり暴落しているのだ。(2022/3/25)

2021年はランサムウェアによるデータ漏えいが82%増加 クラウドを狙う手口やマルウェアを使わない手口も
クラウドストライクによると、2021年はサイバー攻撃が高度化し、ランサムウェアとロックアンドリークを組み合わせた攻撃や、国家主導型の攻撃でクラウドサービスを狙う手口などが増加しているという。(2022/3/10)

ウクライナが5位に:
「過去15年間で最もサイバー攻撃を受けた国」ランキング 3位「インド」、2位「英国」、1位は?
パナマのTefincom S.Aが、「過去15年間で最もハッカーに狙われた国」ランキングTOP20を発表した。その結果、1位は「米国」で198回だった。2位には「英国」(58回)、「インド」(32回)が3位にランクインした。日本は11位で、16回だった。(2022/3/4)

「ロシアをGitHubから切り離して」の意見に公式が返答 「私たちのビジョンは、全ての開発者のホームになること」
「GitHubからロシアを切り離して」──ロシアのウクライナ侵攻を受けて、このような件名の投稿がGitHub上に掲載された。さまざまな物議を醸したが、GitHubは「私たちのビジョンは、どこに住んでいても、全ての開発者のホームになることだ」と返答をした。(2022/3/2)

Twitter、ロシアメディアへのリンクツイートに注意喚起のラベル付け開始
Twitterは、ロシア国家関連メディアのWebサイトへのリンクを共有するツイートに注意喚起ラベルを付けると発表した。オレンジ色の[!]と「このツイートはロシア政府と関連のあるメディアWebサイトにリンクしています」が表示される。(2022/3/1)

無茶な割引をする店長の「暴走を止めてくれる方大募集」 いつも従業員が頭を抱えているらしいトルコ料理店に話を聞いてみた
お客さんが好きすぎてついつい安くし過ぎちゃう店長さんです。(2022/2/21)

TechTarget発 世界のITニュース
中国、イラン、北朝鮮……「Log4Shell」を使った“官製ハッカー”の動きとは
国家が関わっている複数のハッカー集団が「Apache Log4j」の脆弱性「Log4Shell」を使い、攻撃を仕掛けている。今「誰」が「どう」動いているのか。(2022/2/7)

テクロノジーが推し進める監視社会:
警察のSNS監視、日本はどの程度なのか
比較サイトComparitech.comは、GDP上位にある50の国と地域について、警察によるソーシャルメディアの監視状況を調査した結果を報告した。G7サミット(主要国会議)参加国では、ドイツとイタリアの監視権限が最も低かった。(2022/1/31)

piyokango×マンディアントの熱いトークを誌上再現:
PR:「サイバー攻撃、うちは大丈夫」と言い切るコワさに迫る――2022年、情報を受け取る側が意識すべき「自分ごと」の意味とは?
日々報道される侵害事件と繰り返されるサイバー攻撃への問題提起。しかし、どこか「自分ごと」と思えなかったり、注意喚起に慣れてしまったりしていないだろうか。情報を得ることはもちろん、それを実のある形で活用できなければ、ある日突然起きる侵害に慌てることになる。「Mandiant Cyber Summit 2021」では、これらの課題について専門家が考察。その模様を追加トピックとともにお届けする。(2022/1/17)

「Log4j」脆弱性、中国や北朝鮮発の悪用をMicrosoftが確認
Microsoftは、「Apache Log4j」の脆弱性が、中国、イラン、北朝鮮、トルコを起源とする複数の集団によって悪用されていることを確認した。また、複数のアクセスブローカーが企業からの情報窃盗にこの脆弱性を利用していることも確認したとしている。(2021/12/16)

Exchange Server、FortiOSを悪用した攻撃に要注意 CISAらが共同でセキュリティアラートを発表
Exchange ServerやFortiOSの脆弱性を利用したサイバー攻撃に注意が必要だ。CISAとFBI、ACSC、NCSCは共同でセキュリティアラートを発表した。迅速に緩和策を実施してほしい。(2021/11/19)

サイバー犯罪サービスの市場が成熟化:
70ドル以下で手に入る攻撃ツール、Microsoftがサイバーセキュリティレポートを発表
Microsoftはサイバーセキュリティ動向に関する年次レポート「2021 Microsoft Digital Defense Report」を発表した。「サイバー犯罪の現状」「国家の脅威」など6つの分野に焦点を当てている。5つの対策を実施することで基本的なセキュリティ対策を講じることができ、攻撃の98%を防ぐことが可能だという。(2021/10/20)

CIO Dive:
経営者はITエンジニアの「あのクラウドは使いたくない」の声に耳を傾けるべきなのか
世界中のITエンジニアを対象とした調査の結果「使いたくないクラウドインフラ」に明らかな傾向が見えた。だが経営者のクラウドインフラ選定の判断指針はエンジニアの意向だけではないようだ。調査結果をリサーチャーとともに読み解く。(2021/9/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
アフガニスタンで日本車が注目されている、なぜ?
アフガニスタンでイスラム武装勢力タリバンが、アフガン政府を追い出したニュースが話題になっている。新たな政権が誕生しようとしているわけだが、その一方で、日本車が注目されている。欧米のメディアがフォーカスしていて……。(2021/8/26)

Go AbekawaのGo Global!〜Nir Horesh編:
シリコンバレーについた瞬間、全てのものがつながった――そうか、自分がやりたかったのはコンピュータだったのだ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はWix.comのNir Horesh(ニール・ホレシュ)氏にお話を伺う。よく遊び、よく学ぶ青年が「私がやりたいのはコンピュータだ」と気付いたきっかけとは何だったのか。(2021/8/24)

工場セキュリティ:
PR:気付けばラインが停止!? 工場をサイバー攻撃から守るため必要なこと
スマート工場化を含むサプライチェーンのデジタル化が加速する中で深刻化しているのがサイバー攻撃への対応である。工場でセキュリティ対策を進める難しさと、それを乗り越えるために必要なことについて「制御システムセキュリティセンター(CSSC)」の前理事長であり、電気通信大学 名誉教授の新誠一氏に話を聞いた。(2021/8/19)

いまさら聞けないスマートファクトリー(10):
スマート化で露呈する工場のサイバー攻撃への弱さ、安定稼働を守るための考え方
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。前回から製造現場でつまずくポイントとその対策についてお伝えしていますが、第10回では、スマート工場化で避けて通れなくなったサイバーセキュリティ対策について説明します。(2021/7/15)

古田雄介の週末アキバ速報:
今週のパーツ枯渇状況 グラフィックスカードはやや回復 大容量HDDは厳しいまま
ビットコインの急落や複数国のマイニング規制の動きは、わずかながらPCパーツショップにも変化をもたらしている。しかし、「相変わらず」とのコメントが聞かれるのも事実だ。(2021/5/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界中に広がるサイバー攻撃、日本企業は大丈夫なのか
世界的に発生する大規模なサイバー攻撃が大きな話題になっている。米国の首都ワシントンDCの警察も被害を受けたわけだが、日本企業は大丈夫なのだろうか。(2021/5/20)

Nginx系Webサーバのシェアが5割超に:
2021年5月のWebサーバ利用シェア、「Nginx」が「Apache」を初めて上回る
Q-Successが2021年5月に発表したWebサーバの市場シェア調査結果によると、「Nginx」と「Apache」がともに33.8%を占め、Nginxが首位、Apacheが2位となった。さらにNginxから派生したWebサーバを含めると、Nginxのシェアは5割を超えていた。(2021/5/17)

FAメルマガ 編集後記:
工場がサイバー攻撃者の“カモ”にされる理由
工場を攻撃すれば儲かる時代になっているのです。(2021/4/30)

BlackBerry調査から見えた脅威動向
「テレワーカーを狙ったサイバー攻撃」が目立った2020年、今後注目すべき脅威は
2020年、新型コロナウイルスの流行によるテレワークの拡大が企業のセキュリティ対策に変化を促した。2021年に企業が注意すべき脅威トレンドとは。BlackBerryが分析する。(2021/4/23)

PR:サイバー戦争に“普通の企業”が巻き込まれる現実 専門家が語る「フィッシング対策」が重要な理由
2021年1月、悪名高いマルウェア「Emotet」がテイクダウンされたことは大きなニュースになった。かといって安心はできない。昨今頻発するフィッシング攻撃の背景には、それらを入り口とした“サイバー攻撃エコシステム”の進化に加え、攻撃を“業務”として民間に委託する国家の存在があるという。一体何が起こっているのか。(2021/4/1)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
トランプ後も制裁継続、世界巻き込む半導体戦争へ<ファーウェイの現在地・上>
米中貿易戦争の象徴となった通信機器大手ファーウェイへの制裁から2年。5G、スマートフォンの両方で動きを封じられたが、同社製端末の内部には日本企業製の部品が多く使われ、制裁は日本も含めた世界の半導体不足をも招いている。米中でなお繰り広げられている攻防と、手足を縛られたファーウェイの生存戦略を全3回に分けて紹介する。(2021/3/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
ルネサス火災の真相は? セキュリティ関係者が疑っている「こと」
半導体大手「ルネサスエレクトロニクス」の那珂工場で火災が発生した。火災の原因はまだ明確になっていないが、セキュリティ関係者の間で疑っていることがある。それは……。(2021/3/25)

コタツであたたまる猫ちゃん、しかしお父さんが来ると……? 猫と切ないお父さんを描いた漫画に共感の声
何がいけなかったのか……。(2021/3/23)

Twitter、日本を含むG7の公人と政府機関のアカウントにラベル追加へ
Twitterは日本を含む数カ国の国家元首や政府機関、国営メディアの公式アカウントに識別するためのラベルを段階的に追加していくと発表した。ユーザーが客観的に判断するためのコンテキストを提供する目的。(2021/2/12)

福田昭のストレージ通信(172) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(1):
コロナ禍でも好調を維持する半導体メモリ市場
今回から、2020年11月にバーチャルで開催された「フラッシュメモリサミット(FMS:Flash Memory Summit)」の講演を紹介する。まずは、半導体メモリのアナリストJim Handy氏による講演「Annual Flash Update - The Pandemic's Impact(フラッシュメモリの年次アップデート-パンデミックの影響)」の要旨を報告したい。(2021/1/22)

Telegram、米ユーザーの数百件の暴力扇動投稿を削除 「政治的議論は歓迎するが暴力は阻止する」とCEO
Telegramは、1月6日の米議会議事堂襲撃後に急増したチャットグループ上の暴力奨励投稿数百件を削除したと発表した。利用規約に反するため。パベル・ドゥーロフCEOは「議論は歓迎するが暴力は阻止する」とTelegram上で語った。(2021/1/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
民間企業が主導した、トランプ大統領「ネット追放劇」に見る“権限”とリスク
TwitterやFacebookがトランプ大統領のアカウントを次々と停止。民間企業が大統領の口封じをする権利があるのか、と議論になった。SNSのルール上、暴動につながる発信は許容できないようだ。ただ、サービス提供者が人々の生活や権利に及ぼす影響がますます大きくなっていることは知っておくべきだ。(2021/1/14)

データを意図的に漏えいさせる「ハックアンドリーク」が増加:
ランサムウェアが収益性の高い攻撃モデルの台頭を後押し アクセンチュアが調査レポートを発表
アクセンチュアは、セキュリティに関する年次レポート「2020 Cyber Threatscape Report」を発表した。サイバー犯罪グループは、オープンソースの攻撃ツールを駆使して企業の電子メールシステムに侵入し、企業に身代金を強要する動きを活発化させている。(2020/12/25)

飼い主「ママのこと好き?」→猫「……(無言)」 “忖度しない猫”に複雑な思いをいだく飼い主の漫画
それが……猫という生き物よ(ほめ言葉)。(2020/12/5)

保護猫のお世話をするワンちゃん 愛情の深さに癒やされる
仲良きことはうつくしきかな。(2020/12/2)

米情報長官、イランとロシアが米国の有権者情報を盗み、悪用したと発表
米国家情報長官は、イランとロシアが米選挙制度の信頼を損なう目的で有権者登録情報を窃取したと発表。FBIとCISAは翌日、ロシアは遅くとも9月から米政府機関をサイバー攻撃の標的にしていると説明した。(2020/10/23)

猫「気に入らぬ」飼い主「うそん!(号泣)」 猫飼い初心者への洗礼を描いた漫画に「あるある」の声
爪とぎは使われず、トイレは爪とぎに……。(2020/10/22)

ランサムウェアの脅威が変化:
Microsoft、サイバーセキュリティ年次レポート「Digital Defense Report」を公開
サイバーセキュリティ動向に関するMicrosoftの年次レポート「Digital Defense Report」は、攻撃者がこの1年間に手口を急速に巧妙化させているために、攻撃の検知が困難になったこと、セキュリティに詳しい人をも脅かしていることを明らかにした。最も基本的な対策の一つが多要素認証(MFA)だという。(2020/10/12)

この頃、セキュリティ界隈で:
セキュリティ企業が描き出す「歪曲された」実態 大学研究者が検証
サイバー攻撃の実態として報道されているものにはバイアスがかかっているという報告。(2020/9/23)

日本を含む世界各国の企業や政府機関に侵入:
日本企業など100社以上に不正侵入 米当局が中国系サイバースパイ関連の7人を起訴
日本を含む世界で100社以上の企業が被害に遭っていたとされ、一連の攻撃には中国のサイバースパイ集団「APT41」の関与が指摘された。(2020/9/17)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
【2020年版】世界自動車メーカー販売台数ランキング|VWが4年連続の首位をキープ
世界の自動車メーカー20社を対象に2019年の販売台数を調査し、ランキングにまとめました。(2020/9/16)

Microsoft 米大統領選挙介入を狙うサイバー攻撃を検出 ロシア、中国、イランの組織が関与
同様の攻撃は米国に限らず世界各国で発生していると、Microsoftは警鐘を鳴らしている。(2020/9/11)

米大統領選にロシア、中国、イランから多数の攻撃ありとMicrosoftが警告
米大統領選に関連する組織へのロシア、中国、イランからの攻撃が続いているとMicrosoftが報告した。2016年の選挙結果に影響を与えたとするStrontiumは攻撃力を強化したとしている。(2020/9/11)

tsumug edge:
練習なく突入した未来──電子国家エストニア、コロナ禍で生まれつつある“ニューノーマル”
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けする。(2020/8/26)

米司法省、中国人2人を新型コロナ関連情報窃盗目的のサイバー攻撃で起訴
米司法省が、中国政府と繋がりがあるとみている2人の中国人ハッカーを起訴した。新型コロナウイルス感染症対策ワクチン関連情報などを盗んだとしている。(2020/7/22)

猫の“匂いあるある”に思わず共感! 「猫を飼ってみて初めて分かったこと」を描いた漫画が面白い
猫沼にハマっていく……!(2020/7/17)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
英が一転5G排除、中国ファーウェイに迫る次の「Xデー」
7月14日、英政府が5G通信網からファーウェイを排除すると発表した。欧州各国はアメリカによる同社排除以降、中国との関係を深めたが、コロナ禍で悪化した対中感情などが背景にあると見られる。また同社は2020年前半の決算を、英政府発表の前夜午後11時すぎにひっそりと発表しており、カナダで拘束中の孟副会長の2度目の審理日「Xデー」が近いともされている。(2020/7/16)

Google、Microsoft、Facebook、Twitterなど、トランプ政権の留学生ビザ規制反対に参戦
トランプ政権による、オンライン講義のみを受講する留学生を出国させるビザ規制に反対して米大学が起こした訴訟のアミカスブリーフに、13社の米IT企業が参加した。(2020/7/14)

総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
1億円越えのスーパーカーがいくつあるんだよ……!(2020/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。