ニュース
» 2010年01月18日 09時03分 UPDATE

映画「アバター」の検索結果に不正リンク、偽ウイルス対策ソフトに感染

米Googleで「avatar movie」を検索すると、検索結果の上位に不正リンクが表示されたという。

[ITmedia]

 各国で公開され大ヒットしているSF映画「アバター」の人気に便乗し、検索結果に不正リンクを表示させる手口が横行しているという。米Websenseがブログで伝えた。

 Websenseが調べた時点で、米Googleで「avatar movie」を検索すると、結果ページの4位と5位に不正リンクが表示されていたという。攻撃側は、脆弱性のあるWebサイトを改ざんし、アバター関連用語検索でそのサイトを上位に表示させるためのSEOページを挿入。ユーザーがそのリンクをクリックすると、偽ウイルス対策ソフトに感染させるページにリダイレクトする仕掛けになっていた。

 こうしたSEO技術を使って検索結果を汚染する手口は、注目のニュースや話題に便乗する形で繰り返されているとWebsenseは指摘。ユーザーは検索結果に表示されるリンクのURLをチェックし、名の通ったWebサイトのURLでなかった場合は、安易にクリックしない方がいいと助言している。

関連ホワイトペーパー

SEO | ウイルス


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -