ニュース
» 2010年02月02日 19時27分 UPDATE

孫社長、iPadは「素晴らしい製品だ」

ソフトバンクの孫社長がiPadについて「素晴らしい製品だ」とコメント。だがiPad向け3Gサービスについてはノーコメント。

[ITmedia]

 ソフトバンクの孫正義社長は2月2日、米Appleの「iPad」について「素晴らしい製品だと心から思っている」とコメントした。その一方で、iPad向け3G通信サービスへの対応計画については「コメントする立場にない」と述べるにとどまった。

 iPadの3G対応版は小型SIMカード「GSM micro SIM」に対応し、SIMカードを差し替えることで3G通信キャリアを自由に選べるSIMロックフリー端末になっている。

 日本では3G対応版が6月以降に発売される予定で、NTTドコモの山田隆持社長は「前向きに取り組みたい」と話し、iPadへの3G回線提供に強い意欲を示している(ドコモ山田社長「iPad、前向きに取り組みたい」)。一部報道によると、ドコモはiPad発売に合わせてmicro SIMを単体で販売するプランを検討しているという。

 この日のソフトバンク決算説明会で、孫社長はiPadについて「まだコメントする立場にない」と繰り返した。micro SIMの販売についても「ノーコメント」とした。

 経営不振に陥っているPHSのウィルコムに対し、ソフトバンクが支援に乗り出すとの報道についても「ノーコメント」とした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -