ニュース
» 2010年02月05日 19時03分 UPDATE

UCC、Twitterでのキャンペーン告知を謝罪 複数アカウントのBOTでメッセージ送信

UCC上島珈琲がTwitterを利用したキャンペーン告知手法に不手際があったとして謝罪した。複数のアカウントをBOTで運用し、不特定のユーザーにメッセージを送っていた。

[ITmedia]

 UCC上島珈琲は2月5日、Twitterを利用したキャンペーン告知手法に不手際があり、ユーザーに迷惑をかけたとして謝罪した。BOTを使って自動的に宣伝メッセージを送信するものだったが、つぶやきに特定の語句を含んでいたユーザーに対し無差別に送信していたため、「企業アカウントを偽装したスパムBOTではないか」と騒ぎになっていた。

 同社によると、コーヒーにちなんだエッセイなどを募集するキャンペーンを告知するため、同社が取得した複数のTwitterアカウントを使い、5日午前10時からメッセージ送信を始めた。Twitter上から「コーヒー」「懸賞」といったキーワードが入ったつぶやきを検索し、そのユーザー宛てにBOTが「コーヒーにまつわるエッセイとアートを募集中!エッセイで賞金200万円!アートで賞金100万円!締切間近!!」とリプライしていたという。

 フォローしていないアカウントからプロモーション的なメッセージが送られてくる上、同様のアカウントが複数稼働していたことが分かったため、「UCCを偽装したアカウントによるスパムBOTではないか」と不審がるつぶやきが多数投稿されていた。

 同社はユーザーのつぶやきを通じて混乱を知り、正午にはBOTを停止。了承を得ていないユーザーに対して自動で宣伝メッセージを送ったこと、複数アカウントのBOTで同一文面を送り続けたため、Twitterの利用規約に違反したとして謝罪文を掲載した。今後は「社内管理体制、情報管理体制の徹底をはかり、再発防止に全力を尽くす」という。

関連キーワード

Twitter | キャンペーン | 謝罪


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -