ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2010年02月10日 07時00分 UPDATE

今いる場所を地図付きでTwitterに投稿 「なうまぴおん」

今いる施設の場所を地図へのリンク付きでiPhoneからTwitterに投稿できるサービス「なうまぴおん」がスタートした。

[ITmedia]

 マピオンは2月9日、位置情報を使った新サービスを試験公開する「マピオンラボ」で、ユーザーの現在地をiPhoneからTwitterにつぶやけるサービス「なうまぴおん」を公開した。利用は無料。

 マピオンが持つ全国約900万件の駅・スポット情報とiPhoneの現在地情報取得機能を利用。近くにある施設名を一覧で表示し、その中からユーザーが選ぶことで、現在いる駅やお店、施設名が入った「○○なう」というつぶやきを投稿できる。施設名には周辺地図へのリンクが張られる。

 TwitterとAPI(OAuth認証)で連携。現在地周辺の駅やお店、施設の検索にはオープンソースの全文検索システム「Solr」を採用した。

 同社はTwitterアカウント「@now_mapion」を開設し、サービスへの意見や要望を募集している。リプライ(返信)かハッシュタグ「#nowmapion」で同アカウントへの意見投稿が可能だ。今後は、携帯電話とPCへの対応や、施設の説明を投稿できる「なうタグ」といった機能の提供も予定している。

関連キーワード

地図 | 投稿 | Mapion | Twitter | iPhone


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.