ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2010年02月10日 16時52分 UPDATE

J:COM、VODで3D映像配信 4月から

「J:COM オンデマンド」で4月から、HD画質の3Dコンテンツ配信が始まる。3D対応テレビと専用眼鏡を用意すれば、既存のSTBで3D映像を見られる。

[ITmedia]

 ジュピターテレコム(J:COM)は2月10日、ビデオオンデマンドサービス「J:COM オンデマンド」で4月から、HD画質の3Dコンテンツ配信を始めると発表した。3D対応テレビと専用眼鏡を用意すれば、既存のセットトップボックスで3D映像を見られる。

 まずは先行して発売されるパナソニックの3Dテレビに対応。ソニー、東芝など国内大手メーカーの3Dテレビにも順次対応する計画だ。映画やスポーツ、紀行番組などの3Dコンテンツを国内外から調達する予定だが、価格や詳しいラインアップなどは未定。

 サービス開始に合わせ、J:COMショップに「3Dコンテンツ体感コーナー」を新設。最新の3Dテレビを設置し、来客に3D映像を体験してもらう。3Dコンテンツ調達やプロモーションでパナソニックと積極的に協力していく予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.