ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3Dコンテンツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「3Dコンテンツ」に関する情報が集まったページです。

VR/AR/MRニュース:
ソニーがXR空間で3D設計できる新システムを開発、シーメンスとの提携も
ソニーは高品質XRヘッドマウントディスプレイと、3Dオブジェクトの直感的な操作と正確なポインティングを実現するインタラクション専用コントローラーを組み合わせた「没入型空間コンテンツクリエーションシステム」を発表した。(2024/1/12)

自動運転技術:
ソニー・ホンダモビリティが模索する新たなモビリティの価値とは
ソニーグループは2024年1月8日(現地時間)、同年1月9日から開催される「CES 2024」に先立ってプレスカンファレンスを実施し、ホンダとの共同出資会社ソニー・ホンダモビリティの自動運転EV「AFEELA」の開発状況などを紹介した。(2024/1/10)

誰でも画像を編集したり3Dオブジェクトを作成できる:
Stability AI、写真の空やカラーグレーディングを変換する「Sky Replacer」や3Dオブジェクトを自動生成する「Stable 3D」を発表
Stability AIは、同社の生成AI技術を活用した企業向けサービスとして、写真の空を置き換える「Sky Replacer」や3Dオブジェクトを自動生成する「Stable 3D」のプライベートプレビューを発表した。(2023/11/18)

「Quest 3があれば無限のトンカツが目の前に現れる」 シュール過ぎる“現実×バーチャル”映像に「思ったのと違うw」「笑った」
メインはキャベツだったか……。(2023/10/30)

プロが選ぶ液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」シリーズに17型と22型が登場 実機を見てきた
ワコムは10月19日にProクリエイター向け液晶タブレット「Wacom Cintiq Pro」シリーズに「Wacom Cintiq Pro 17」と「Wacom Cintiq Pro 22」を追加した。それぞれ専用スタンドもオプションで用意した。(2023/10/19)

VR/AR/MRニュース:
NTT QONOQがARスマートグラス「Magic Leap 2」の法人向け販売を開始
NTT QONOQは、ARスマートグラス「Magic Leap 2」の法人向け販売を開始した。デジタルコンテンツを現実世界が見えるシースルーグラスへ投影し、シームレスに統合して見せることができる。(2023/10/2)

山根康宏の中国携帯最新事情:
5Gのキラーコンテンツは中国で生まれる? 「5.5G」「6G」も見据え世界をリードする存在に
モバイル・通信関連のイベント「MWC上海2023」が2023年6月28日から30日まで中国・上海で開催された。通信キャリアは6Gに関するデモを披露。3DコンテンツやAIなど、新たな技術を取り入れた展示も活発だった。(2023/8/15)

VRニュース:
UnityがvisionOS向けβプログラム開始、「Vision Pro」向けアプリ制作が可能に
Unityはリアルタイム3Dコンテンツの制作、運用プラットフォーム「Unity」が、「visionOS」向けβプログラムを開始したと発表した。Unityで「Apple Vision Pro」向けゲームとアプリケーションの制作が可能になる。(2023/8/10)

「OpenUSD」による3Dコンテンツの相互運用性向上を促進:
Pixar、Appleなどが3Dエコシステムの標準化に向けて「Alliance for OpenUSD」を創設
Pixar、Adobe、Apple、Autodesk、NVIDIAは、Pixarの「Universal Scene Description」技術の標準化、開発、進化、成長を促進するため、非営利団体「Alliance for OpenUSD」(AOUSD)を創設した。(2023/8/4)

OpenUSDで3Dエコシステムの標準化を目指すアライアンスをPixar/NVIDIAなど5社が立ち上げ
PixarとAdobe、Apple、Autodesk、NVIDIAの5社は、3Dコンテンツのオープン標準規格を推進する団体「Alliance for OpenUSD」の結成を発表した。(2023/8/2)

Apple、Adobe、Pixar、Nvidia、AutodeskがAR加速を目指しOpenUSDアライアンス結成
Pixar、Adobe、Apple、Autodesk、NVIDIAがPixarの3Dツール「OpenUSD」の標準化を目指すアライアンスを結成した。「Apple Vision Pro」に取り組むAppleは「OpenUSDは次世代AR体験を加速する」と語った。(2023/8/2)

注目デバイス解説:
「Apple Vision Pro」で何ができる? 製造業での活用の可能性を探る
Appleが「WWDC23」で発表した空間コンピューティングデバイス「Apple Vision Pro」。既に製造業でもVR/AR/MRを活用したソリューションが登場し、現場に浸透しつつある中、Vision Proは製造業にどのようなインパクトをもたらすのだろうか。(2023/7/11)

「Xcode」「ARKit」「Unity」など既存ツールも使える:
「Apple Vision Pro」でどんなアプリを使えるのか? どんな開発ツールを使えるのか?
「Apple Vision Pro」のアプリを作れる開発者ツールが利用可能になった。Appleのプラットフォームを利用する開発者は、「visionOS」のソフトウェア開発キット(SDK)によってどのようなアプリを開発できるのかの例と、Vision Pro用のアプリの設計、開発、テストに役立つ情報を紹介する。(2023/7/8)

XREAL Airの可能性を広げる「XREAL Beam」も体験 XR総合展で最新デバイスに触れてきた
6月28日から30日にかけて東京ビッグサイトで「第1回 メタバース総合展 夏」を含む「第3回 XR総合展 夏」が開催された。グローバルシェアNo.1だというARグラス「XREAL Air」をもっと使える新製品を体験してきた。(2023/7/5)

アップル、初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」正式発表 3499ドル、発売は24年頭に
米Appleは6月5日(現地時間)、年次開発会議「WWDC23」において、同社初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」を発表した。実空間とコンピュータのディスプレイを融合するMR技術に対応し、新たに「空間コンピューティング」を標榜する。(2023/6/6)

PR:“世界を作る”新しい方法「Omniverse」 クリエイターがツールも距離も超え協業 NVIDIAとアドビに聞くコンテンツ制作の現在地
(2023/4/24)

メカ設計ニュース:
産業向けリアルタイム3Dコンテンツ制作用プラットフォームを発表
Unity Technologiesは、産業向けのリアルタイム3Dコンテンツ制作用プラットフォーム「Unity Industry」を発表した。広範な業界向けに、最適化した開発ツールとサポートを提供し、没入感のあるリアルタイム3Dアプリケーションの開発を支援する。(2023/4/14)

ソニーのモーションキャプチャー「mocopi」は何が新しいのか? スマホ活用の新たな可能性
ソニーが、スマートフォンと連携してモーションキャプチャーを可能にするデバイス「mocopi(モコピ)」を2023年1月下旬に発売する。頭、手足、腰に装着してスマートフォンと連携すると、モーションデータを取得できるようになる。SDKを活用することで外部サービスと連携可能になり、取得したモーションデータをリアルタイムに配信することもできる。(2022/12/4)

「5年後の未来」を見すえた取り組みも:
メタバースで物件を探す!? 不動産大手LIFULLは、なぜ先進技術の活用に力を入れるのか
近年注目されるメタバース。各業界でどう事業に取り入れていくかの試行錯誤が行われている。LIFULLは、実際の街を再現したメタバース空間内で物件探しができる「空飛ぶホームズくん」のベータ版をリリース。開発の背景や、それを通して実現したい世界について聞いた。(2022/10/21)

JR東がNFT発売 品川などの5駅の「駅名標」を3D化 1個1872円
JR東日本がNFTを発売。品川など5つの駅の「駅名標」を3D化。1種類当たり1872円。(2022/10/12)

「Adobe Experience Makers Live 2022」レポート:
メタバースが変える「顧客体験」 これから日本が取り組むべきこととは?
「Adobe Experience Makers Live 2022」で語られた、近未来の顧客体験技術としてのメタバースについてレポートする。(2022/10/7)

VRニュース:
アステラス製薬がMRとメタバースを活用、デジタルコミュニケーションの強化へ
アステラス製薬は、同社営業本部傘下のデジタルコミュニケーション部で取り組みを進めているMR(複合現実)やメタバース関連のプロジェクトについて説明。2021年度まで進めてきたPoC(概念実証)の成果を基に、2022年度後半からはさらに規模を拡大した実証や機能拡充を進めていく方針だ。(2022/9/28)

LiDARのないiPhoneで3Dスキャン可能に 米Nianticの「Scaniverse」
ポケモンGOなどで知られる米Nianticは14日、iOS向け3Dスキャンアプリ「Scaniverse」をアップデートした。LiDARを持たないiPhoneにも対応する。(2022/9/15)

ARグラス「Nreal Air」とiPhoneを接続可能にする「Nreal Adapter」発売
日本Nrealは、9月中に同社の3Dインタラクティブアプリ「Nebula」のMac OS対応バージョンをリリース。さまざまな端末と接続可能になる「Nreal Adapter」も発売し、中国とアメリカでARグラス「Nreal Air」も販売開始する。(2022/8/24)

HTCが9月1日に日本向けのスマホを発表? Twitter公式アカウントが告知
HTC NIPPON(HTC Japan)の公式Twitterアカウントが、9月1日に何らかの新製品を発表することを予告している。予告画像を見る限り、新型のスマートフォンを発表する可能性が高そうだ。(2022/8/19)

ニューラルネットワークによるグラフィックス生成技術も:
NVIDIAが3Dシーン記述言語「USD」の標準化へ 産業向けデジタルツイン実現に道
NVIDIAは、3Dコンテンツ制作を容易にするツール群「Neural Graphics SDK」を発表した。デザイナーやクリエイターだけでなく、一般ユーザーもメタバース向けのコンテンツ制作などが容易になるという。併せて、パートナー企業とともにUSDを拡張し、産業向けメタバースアプリケーション向け対応を強化する。(2022/8/15)

3DグラフィックスUI:
PR:組み込み機器にも求められる3DグラフィックスUI、開発の近道を探る
メタバースやVR/ARなど日常的に用いられる3Dコンテンツが増える中で、組み込み機器のUIにも3D化が求められている。組み込み機器におけるUIの3D化は容易ではないが、The Qt Companyの「Qt」を活用すればその道を開くことができるだろう。(2022/8/1)

Jリーグクラブ初のNFT「金のベガッ太像」発売延期 「契約未完了のため」
ベガルタ仙台が発行するNFT「ファンのしるし『金のベガッ太像』」の発売がギリギリになって延期に。「販売に関連する契約の完了時期が確定していない」ため。(2022/6/1)

モンスターGPU「GeForce RTX 3090 Ti」はクリエイターにとっての福音? モンスターCPUと組み合わせて使った結果
NVIDIAが3月29日に発表した「GeForce RTX 3090 Ti」は、現時点のコンシューマー向けGPUとしては“最強”である。ゲーミングで注目されることの多いGeForce RTX 3090 Tiだが、クリエイターが使う場合はどのくらい“強い”のだろうか。Ryzen Threadripper 3970Xを軸に組んだ自作PCで実力をチェックしてみよう。(2022/5/27)

サプライチェーン改革:
パナソニックの“現場最適化”が体験可能に、顧客接点の拠点を刷新
パナソニック コネクトは、B2Bの顧客との接点となるハブ機能として東京・浜離宮の本社内に2019年1月にオープンした「カスタマーエクスペリエンスセンター(CXC)」をリニューアルし報道陣に公開した。2022年度は、今回のリニューアル効果も合わせて約300社の来場を見込む。(2022/5/25)

96MBのL3キャッシュは効果あり? AMD 3D V-Cache搭載の「Ryzen 7 5800X3D」の実力をチェック!
AMDのデスクトップPC向けCPU「Ryzen 7 5800X3D」は、独自の「3D V-Cache Technology」を活用してL3キャッシュを従来比で64MB増量したことが特徴だ。条件によっては上位の「Ryzen 9 5900X」を上回るパフォーマンスを発揮するという同CPUの実力を、実際にテストを通してチェックしていこう。(2022/5/20)

台湾Acer、裸眼立体視を実現できる15.6型4Kモバイル液晶ディスプレイを発表
台湾Acerは、裸眼での立体視を体験可能な15.6型4Kモバイル液晶ディスプレイ計2製品の発表を行った。(2022/5/19)

メカ設計ニュース:
裸眼3D立体視が可能なノートPCの受注生産を開始
日本エイサーは、裸眼で3D立体視ができるノートPC「ConceptD 7 SpatialLabs Edition(CN715-73G-SL76Z)」の受注生産販売を開始した。3DメガネやVRゴーグルを使わずに、ノートPCだけで裸眼3D体験ができる。(2022/5/12)

「実写じゃないんや!」「どこまでゲームは進化するんだ」 Unreal Engine 5で再現された越中大門駅の映像がリアルすぎる
実写と区別が付かないほどリアル。(2022/5/11)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第6回):
観光地でペンギンとダンス? AIで環境音を生成? コロナ禍のいま行きたい“バーチャル世界旅行”をご案内
ちょっと変わった“バーチャル世界旅行”をできるWebサービスを紹介する。観光地にペンギンを連れていったり、無音のストリートビューにAIで音を付けたりと、ユニークなコンテンツの裏側にあるテクノロジーにも迫る。(2022/4/23)

「Cloud CIRCUS」にオンライン展示会ツール:
オンライン展示会を簡単かつ安価で開催可能に クラウドサーカスが「CrowdBooth」を提供開始
取引先を集めた合同オンライン展示会や就職イベントなどの各種イベントが月額5万+制作費で開催可能に。(2022/4/21)

ドラえもんのひみつ道具「バイバイン」を最新のゲームエンジンUE5で再現 街がみるみる栗まんじゅうで満たされる……
ホラー映像ですわ……。(2022/4/12)

導入事例:
ARにより室内環境をリアルタイムに見える化する新たな技術、安藤ハザマら
安藤ハザマは、富士ソフトと共同で、Microsoft製のヘッドマウントディスプレイ端末「HoloLens 2」を活用した室内環境可視化技術「環境ウォッチ ver.2」を開発した。環境ウォッチ ver.2では、従来技術「環境ウォッチ」で備えていた「事前実施したシミュレーション結果の表示機能」に加え、センサーで計測した温度や湿度などのデータをリアルタイムも室内にAR表示する。利用者は事前のシミュレーションと現在の室内状況を実スケールで確かめられ、これまで見落としがちであった問題点を発見するツールとして使える。(2022/4/8)

VR/AR/MRニュース:
室内環境をARでリアルタイムに可視化する、室内環境可視化技術を開発
富士ソフトと安藤ハザマは、室内環境可視化技術「環境ウォッチ ver.2」を開発し、安藤ハザマ技術研究所で運用を開始した。ヘッドマウントディスプレイ端末を活用して、室内環境をARでリアルタイムに可視化する。(2022/4/8)

Adobeが考える「メタバース・レディな世界」の可能性 AR室長にインタビュー
あちらこちらで聞こえてくる「メタバース」だが、クリエイティブツールの最大手である米Adobeも注視する領域だ。実際にどのような取り組みを進めているのか、米Adobeのステファノ・コラッツァ氏に聞いた。(2022/3/16)

VR/AR/MRニュース:
透明ARディスプレイにフォトリアルな3D映像を表示する実証実験に成功
凸版印刷と情報通信研究機構は、透明ARディスプレイにフォトリアルな3D映像を表示する実証実験に成功した。高精細な顔計測データから生成した3D映像は、複数人が同時に3Dメガネなしで見ることができる。(2022/2/14)

Unity、「ロード・オブ・ザ・リング」などのVFXを手掛けたWeta Digitalを16億ドルで買収 「メタバースの未来を形作る」
ゲームエンジンのUnityが、ピーター・ジャクソン監督が会長を務めるVFX企業Weta Digitalを買収する。買収総額は16億2500万ドル。VFXツールをクラウドでクリエイターに提供し、「メタバースの未来を形作る」のが目的。(2021/11/10)

技術者のための資料作成とプレゼン講座(4):
プレゼン資料の中に3Dモデルを取り込み“カタチ”を正しく伝える
どんなに素晴らしい内容の発表でも、それが読み手や聞き手にうまく伝わらなければ意味がない。本連載では、技術者の皆さんを対象に、相手に伝わる発表内容の構成や資料の表現方法などについて伝授する。第4回は、プレゼン資料の中で部品や製品の形状情報をどのように表現するかをテーマに解説する。(2021/10/11)

Niantic、世界の3Dマップ構築目指し、LiDARスキャンのScaniverse買収
「Pokemon GO」のNianticが3Dコンテンツ構築アプリ「Scanverse」を手掛ける同名の企業を買収した。世界の3Dマップ構築を加速する。アプリは存続し、有料だった機能が無料で使えるようになる。(2021/8/11)

VRニュース:
トヨタグループのリアルタイム3D技術活用をUnityとトヨタシステムズが推進
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンとトヨタシステムズはパートナーシップ契約を締結し、トヨタグループにおけるモノづくりのデジタル化およびリアルタイム3D技術の活用に向けて、「Unity」製品の調達、導入・運用支援において協業を行うと発表した。(2021/4/7)

CIM:
CIMモデルをMR化して施工手順を可視化、大林組が鉄道工事で有効性を確認
大林組は、DataMeshが開発した3次元モデルの施工手順をMRで投影するツール「ataMesh Director」を導入し、既に2件の鉄道工事に適用して工程管理での有効性を実証した。ataMesh Directorは、CIMモデルを専門知識が無くても手軽にMR化し、現場で作業の流れを複数人で共有することにより、施工計画の理解や手戻り削減につながり、さらに発注者への説明などにも役立つ。(2021/3/18)

東北の5Gリアルタイム映像やARねぶたが首都圏に出現 JR東日本とKDDIがバーチャル体験イベント
JR東日本とKDDIが、3月24日から東北をバーチャル体験できるイベントを開催する。東京駅に東北エリアの5Gリアルタイム映像を投影する他、青森ねぶたがARで出現する。(2021/3/5)

あの恐竜骨格を360度見回せる 科博のティラノサウルスなど9体のVRモデル公開
恐竜の骨格を360度閲覧できるVRコンテンツ特設サイトを科博などがオープンした。合計7種類9体の化石の360度モデルを無償公開。ティラノサウルスなどの化石を、オンラインでさまざまな角度から見回せる。(2021/1/19)

VRニュース:
「モノ感すげー」、ソニーの空間再現ディスプレイが設計開発を進化させる!?
ソニーは高精細の3D CG映像を裸眼で見ることができる空間再現(SR:Spatial Reality)ディスプレイ「ELF-SR1」を開発。特別なメガネやヘッドセットなどを使わず、その場に実物があるかのような立体的な空間映像を再現して裸眼で見られることが最大の特徴だ。(2020/10/19)

ゲームエンジンのUnityがIPO申請
Apple対Epic Gamesの訴訟で話題の「Unreal Engine」と競合するゲームエンジン「Unity」を手掛けるUnity Softwareが新規株式公開の登録書を提出した。ニューヨーク証券取引所にティッカーシンボル「U」で上場する。(2020/8/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。