ニュース
» 2010年02月12日 17時41分 UPDATE

動画共有サイトのVeohが経営破たん

動画共有サイトVeohが米破産法の適用を申請し、会社清算の手続きに入る。

[ITmedia]

 動画共有サイトVeoh Networksが経営破たんした。同社の創設者ドミトリー・シャピロ氏が2月11日に明らかにした。

 同社は米破産法第7条(チャプター7)を申請し、倒産処理手続きに入る。チャプター7は会社再建を目指すものではなく、資産を売却して会社を清算する。

 シャピロ氏は破産申請の理由として、Universal Music Group(UMG)から起こされた著作権侵害訴訟で本業に集中できなかったことと、世界的な不況を挙げている。

 Veohは2005年9月にスタートし、月間ユーザー数は2800万人を超える。2007年にはUMGから著作権侵害で訴えられたが、後に勝訴した。だが、「素晴らしいビジョン、熱心なチーム、数千万人のユーザー、数百万ドルの売上高、法廷での勝利では不十分だった」とシャピロ氏は述べている。

 同氏は「この章は終わったが、輝かしい新章が間もなく始まる」と新たな事業への意欲を見せている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -