ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「Veoh」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Veoh」に関する情報が集まったページです。

REGZA連携機能もかなりイイ:
異次元の動画変換能力だっ──プレミアムな地デジノートPC「dynabook Qosmio T750」の実力診断
乱立する地デジ+BD搭載のオールインワンノートPCで、何を差別化ポイントにするか。SpursEngineと強力なAV機器連携機能を武器にした東芝「dynabook Qosmio T750」の実力を検証する。(2010/12/3)

経営破たんの動画サイトVeoh、イスラエルの新興企業が買収
新興企業Qlipsoは、Veohに自社のソーシャル技術を組み込んでいく計画だ。(2010/4/8)

箱いっぱいの愛をくれ
チョコレートや昆虫をもらった男性におすすめのお返しギフトがある。(2010/2/15)

動画共有サイトのVeohが経営破たん
動画共有サイトVeohが米破産法の適用を申請し、会社清算の手続きに入る。(2010/2/12)

動画投稿サイトVeoh、著作権侵害訴訟で勝利
裁判所は、Veohは違法コンテンツを削除していると判断し、著作権侵害を主張するUniversal Music Groupの訴えを退けた。(2009/9/15)

国内エンタメサイト利用時間、ニコニコ動画がトップ
国内のエンターテインメント系サイトで、2月に1人当たりの平均利用時間が最も長かったのは「ニコニコ動画」、2位は「YouTube」だった。(2009/4/9)

動画共有サイトのVeoh、iPhoneに対応
iPhoneに最適化されたページが開き、動画のストリーミング再生もできる。(2009/2/4)

動画配信のVeoh、GoogleやWikipediaで関連ビデオが見られるアドオンを提供開始
「Veoh Video Compass」をインストールすると、Googleなどの検索結果に関連するビデオのサムネイルが表示され、その場で再生できるようになる。(2009/1/23)

海外ダイジェスト(11月14日)
VeohがSanDiskの「Cruzer USB」向けにビデオプレーヤーを提供、Motorolaが北京に「Innovation Center」をオープン、など。(2008/11/14)

Yahoo!、CBSのテレビ番組を無料配信
CBSの番組配信ネットワーク「CBS Audience Network」にYahoo!が参加。これにより、同ネットワークは米国のWeb視聴者の92%をカバーするという。(2008/6/5)

Intel、動画配信のVeohなどに出資
Intel傘下のIntel Capitalが、新たにベンチャー8社への出資を発表。出資先には、インドやチェコの企業も含まれる。(2008/6/4)

多数の動画サイトに対応──携帯向け動画検索・変換再生サービス「ドギー動画」開始
(2008/5/19)

卒業関連サイトでビジター増、3月の国内Webサイト調査
春休みのため、オンラインゲームサイトのビジターも増えた。(2008/5/8)

「ニコ動」利用時間、「2ちゃんねる」の3倍以上
ニコニコ動画の1人当たりの月間利用時間は動画サイト中最長で、2ちゃんねるの3倍以上だった。(2007/12/14)

ユーザー生成コンテンツの著作権ガイドライン策定、Googleは不参加
Microsoft、MySpace、Disneyなどが、ユーザー生成コンテンツ(UGC)サービスと著作権保有者のための著作権ガイドラインを策定した。YouTubeとGoogleは参加していない。(2007/10/19)

7月のオンラインビデオ平均視聴時間は3時間――米調査
ネットユーザーの4人に3人はオンラインでビデオを見ており、企業別ビデオ閲覧回数では、またしてもGoogleが首位になった。(2007/9/14)

短編連続ドラマ「Prom Queen」、続編はYouTubeやVeohなどでも配信
続編は、各エピソード2分で全15回。各ビデオ配信サイトでドラマの配信やプロモーションなどを行う。(2007/9/8)

動画配信のVeoh、UMGを提訴
「Veohは著作権侵害」とするUMGの「脅し」に対処するため、Veohが逆にUMGを提訴した。(2007/8/10)

Twitterもランクイン、「2007年のベストサイト50」
TIME誌のベストサイト50には、BlinkxやJoostなどのビデオサイトや、音楽サービスのLast.fm、Lala.comもランクイン。ワーストサイト5にはSecond Lifeが選ばれた。(2007/7/12)

「次のYouTube」は? 新興ビデオサイトを調査
今のところ、新興動画共有サイトの中では仏Dailymotion.comが最も強いようだ。(2007/6/27)

テレビ感覚のビデオ閲覧ツール「VeohTV」登場
ビデオ配信サイトのVeohは、コンテンツのチャンネルごとの表示、動画検索、お気に入り登録などを備えた、ビデオ閲覧のためのアプリケーションを発表した。(2007/6/21)

IM統合サイトのmeebo、動画共有機能を追加
複数のメッセンジャーにまとめてログインできるサイト「meebo」が、チャットしながら動画などのメディアをほかのユーザーと共有できる機能を追加した。(2007/5/16)

CBS、AOLやMSNでテレビ番組を無料配信
CBSが、オンラインビデオサービス企業10社と提携。各社のサービスを通じ、ドラマやスポーツなどの人気テレビ番組を無料で配信する。(2007/4/13)

Disneyの元CEO、オンラインビデオ制作スタジオを設立
マイケル・アイズナー氏が、オンライン配信向けコンテンツを制作、提供するスタジオ「Vuguru」を設立した。(2007/3/14)

米新興企業Veoh、ビデオ配信プラットフォームを正式公開
YouTube、Google Video、MySpaceなどのビデオ配信サイトやSNSへも自動的に掲載することができる。(2007/2/14)

新興企業がWindows、Macに対応したビデオ配信ソフトをβ公開
一般ユーザーでも手軽に映像を配信できるソフトがWindowsとMac用にリリースされた。このシステムはGoogle VideoおよびRSSと統合されている。(2005/9/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。