ニュース
» 2010年02月12日 19時20分 UPDATE

なぜ今、楽天がTwitterか 三木谷社長語る

楽天の三木谷社長がTwitterを活用しており、社員にもTwitterを勧めている。背景には、海外進出を加速している同社ならではの理由があるようだ。

[岡田有花,ITmedia]
画像 三木谷社長のTwitter

 楽天の三木谷浩史社長がTwitterを積極的に活用しており、社員にもTwitterの利用を勧めている。(1)海外の従業員に社長からのメッセージを届けるため、(2)エンドユーザーの声を拾うため、(3)ネット好きでない社員にもネットを活用してもらうため――といった理由があると、三木谷社長は話す。

 「楽天市場」を台湾で展開するなど、同社は海外展開を加速中。三木谷社長は「Twitterを通じて、海外の従業員にもメッセージを届けたい」と考えているという。一部の社内会議を英語で行うなど英語利用も進めており、三木谷社長や楽天社員の一部は英語によるツイートも投稿している。

 Twitterならユーザーの声も拾いやすいとも考えている。三木谷社長はフォロワーから寄せられた楽天のサービスへの要望に返信するなど、積極的にユーザーと交流。ユーザーの声を聞く媒体として、社員にも利用を呼び掛けているという。

 社員のネット活用の入り口としても、Twitterに期待している。「楽天は大きくなり、ネットが大好きな人だけでなく、大企業的な(ネットがそれほど好きでない)人もいるが、楽天社員はネット好きでないといけない。ブログやSNSなどどのサービスでもいいのだが、Twitterは一番簡単」

2009年12月期は過去最高益

 同社が2月12日に発表した2010年12月期の連結決算は、「楽天市場」や「楽天トラベル」、金融事業などが好調で過去最高益を更新した。売上高は前期比19.4%増の2982億円、営業利益は20.1%増の566億円、経常利益は23.3%増の548億円、純利益は535億円(前期はTBS株価格下落に伴う評価損などで549億円の赤字)。

 今期は、中国Baidu(百度)と合弁会社を設立して中国進出するなど海外展開を加速。「日本の新興企業からアジアのネット起業として新たなステージに上りたい」と三木谷社長は意気込んでいる。

関連キーワード

楽天 | Twitter | 三木谷浩史 | 海外展開


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -