ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「三木谷浩史」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三木谷浩史」に関する情報が集まったページです。

石野純也のMobile Eye:
「エリア拡大」「ZERO宣言」でユーザー増も、課題山積の楽天モバイル 有料化までに解消できるか
楽天モバイルの申し込み件数が160万を突破し、徐々にユーザー数が拡大している。自社回線エリアの拡大と各種手数料を無料化した「ZERO宣言」がじわじわと効いている印象だ。エリアについても前倒しで進めているが、不安がゼロになったわけではない。(2020/11/14)

楽天モバイルの申込数が160万を突破 三木谷氏は“携帯料金値下げ”の動きを歓迎
楽天モバイルの累計契約申込数が、2020年11月時点で160万を突破した。MVNOからの乗り換えはまだ進んでいないが、2021年夏に人口カバー率96%を達成することで、移行も進むと三木谷氏はみている。月額2980円で使い放題という料金プランは、他社にはマネできないだろうと自信を見せる。(2020/11/12)

楽天モバイル、利用者160万到達 基地局建設5年前倒しするも、重い負担
楽天モバイルの申し込み者数が11月に160万回線を超えた。11月12日、楽天が決算会見で明らかにした。併せて、基地局の建設を加速する。計画から5年前倒しして、2021年夏には人口カバー率で96%の達成を目指す。(2020/11/12)

楽天モバイルが契約事務手数料とMNP転出手数料を撤廃 「eKYC」による本人確認による契約も可能に
楽天モバイルが契約事務手数料とMNP転出手数料を撤廃した。これにより、契約に伴う各種手数料は原則として廃止されることになる。合わせて、eKYC(電子的方法による本人確認)による新規契約にも対応することになった。(2020/11/4)

楽天モバイルが11月4日に発表会 YouTubeでライブ配信も
楽天モバイルが、11月4日11時にプレスカンファレンスをオンラインで開催する。三木谷浩史会長兼CEOや山田善久社長が登壇する。当日はYouTubeでライブ配信も行う。(2020/10/29)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの5Gは“超限定的” 3キャリアにどこまで対抗できるのか
楽天モバイルの5Gは料金を据え置きにして「Tada(ただ)5G」を訴求する。サービスインに合わせ、自社ブランドの端末「Rakuten BIG」も用意した。一方で、エリア展開は3キャリアよりも課題が多い。(2020/10/3)

5Gエリア展開は大丈夫? 5Gならではのサービスは?――楽天モバイル「5G」発表会一問一答
楽天モバイルが5G通信サービスを開始した。それに伴う発表会における報道関係者と楽天モバイル担当者の主な質疑とその回答をまとめた。(2020/9/30)

楽天モバイルの5G、使える場所は限定的
楽天モバイルが5Gサービスと新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」を発表した。現在の4G(LTE)サービスと同じ内容に5Gサービスを追加した、いわばアップグレード版。(2020/9/30)

楽天、月額2980円の5Gプラン「Rakuten UN-LIMIT V」発表 三木谷社長は「他社より7割安い」と自信
楽天モバイルが、5G通信に対応した新プラン「Rakuten UN-LIMIT V」をスタート。4G向けプランと同様、月額料金は税別2980円で、無制限のデータ通信と通話が可能。楽天の三木谷浩史社長は「楽天モバイルは他社より70%安い」と自信を見せた。(2020/9/30)

UN-LIMIT V:
楽天の5G、月額2980円で“使い放題” 低価格・分かりやすいプランで差別化
楽天モバイルが、5G通信のプラン「Rakuten UN-LIMIT V」を発表。月額2980円(税別)で、データ通信・通話が使い放題。(2020/9/30)

楽天モバイルが5Gサービス開始 月額2980円で自社エリアは使い放題 追加料金なし
楽天モバイルが9月30日、5Gサービス向けの料金プランを発表した。現在提供しているLTEサービス「Rakuten UN-LIMIT 2.0」と同じ内容で、5Gを利用するのに追加料金は発生しない。先着300万に対して、1年間利用料金を0円にするキャンペーンも継続する。(2020/9/30)

初音ミク、政府の「コロナ対策サポーター」に就任
任期は2020年9月9日から2021年3月31日まで。(2020/9/10)

初音ミク、政府の「コロナ対策サポーター」に Pepperも
(2020/9/10)

楽天東急プランニング設立:
楽天と東急が新会社設立 双方のオンライン/オフラインデータをマーケティングに活用
共同出資で新会社を設立。(2020/8/31)

Mobile Weekly Top10:
arrows 5Gを買うまでの4カ月間/楽天モバイルが基地局建設をさらに前倒し
新型コロナウイルスの影響を受け、NTTドコモの5Gスマホの一部機種が発売延期となりました。当初から最後発だった予定の「arrows 5G F-51A」も、約1カ月発売が遅れました。(2020/8/17)

楽天モバイルは2021年夏に人口カバー率96%へ、5Gは「大々的に発表する」と三木谷氏
楽天の三木谷浩史会長兼社長が、8月11日の決算説明会で、MNOサービス「楽天モバイル」の現状を説明した。基地局は2021年3月までに70%、2021年夏頃までには96%の人口カバー率を達成する見込み。9月末に提供予定の5Gサービスの料金プランは「驚きもある」という。(2020/8/11)

楽天モバイル、基地局設置は「5年前倒しで進行」 21年夏には人口カバー率96%目指す
楽天モバイルは、2021年夏ごろに基地局を2万7397局を設置できる見込み。三木谷社長は進捗(しんちょく)について「5年前倒しで進んでいる」としている。(2020/8/11)

これ、個人データですよね:
フリークス、コロナ接触確認アプリ適法性を精査する――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)リモート大作戦!03 #イベントレポート #完全版
アプリがひも付けるのは個人データなのか、胴元は国でよかったのか――Apple、GoogleのAPIを採用して作った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触確認アプリは最適なのか、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が適度な距離を保って議論した。※本稿は2020年6月10日に収録したオンラインセミナーの内容に加筆修正を加えたものです(2020/7/30)

石川温のスマホ業界新聞:
Rakuten MiniがBand 1からBand 4への周波数変更を実施――モバイルネットワークの民主化ではなく独裁化?
楽天モバイルのオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」において、ユーザーへの事前告知なく対応周波数帯を変更していたことが明らかとなった。ユーザーによっては利用に支障が出うる変更を告知なくやる姿勢に疑問が集まっている。(2020/6/19)

「働き方」は果たして変わるか:
コロナでの急なテレワークは結局「失敗」だったのか――第一人者に直撃
コロナで急速に進んだテレワーク。企業・働き手にとって「成功した」と言えるのか。第一人者に直撃。(2020/5/27)

5Gビジネスの神髄に迫る:
5G時代に大きく変わるMVNO カギを握る「VMNO」とは?
キャリアのネットワークに依存する部分が多く自由度が低いことから、サービスの差異化が難しいことが課題とされてきたMVNO。楽天モバイルはMVNOの自由度の低さに業を煮やし、自らインフラを持つキャリアへと転身を図った。5GではMVNOの形が大きく変わる可能性がある。(2020/5/14)

「楽天モバイル」の課題は“認知不足”? 三木谷氏がサービス開始後の1カ月を振り返る
楽天の三木谷浩史会長兼社長は、4月8日に本格サービス開始した「楽天モバイル」について「順調な門出をした」と評価した。契約獲得の進展は想定通りだという。2021年3月までに楽天エリアの人口カバー率70%を目指す。(2020/5/13)

モバイルフォーラム2020:
5G時代にMVNOはどう戦っていくべきか 業界の識者がディスカッション
日本でも間もなく5Gの商用サービスがスタートする。5Gが通信業界にどんな影響を及ぼし、MVNOのビジネスはどうなるのか? ジャーナリストの石川温氏、MM総研 常務取締役研究部長の横田英明氏、インターネットイニシアティブ 取締役の島上純一氏が議論した。(2020/3/13)

イベント中止で取材機会が激減、オンライン発表会には不満も 新型コロナがフリーランスに与えた影響
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、さまざまなイベントが中止になっている。IT業界をメインに取材するフリーランスは、どんな影響を受けたのか。(2020/3/11)

緊急停止命令の申し立てを取り下げ:
楽天と公取委、ひとまず“休戦” 「送料込みライン」問題、第2ラウンドは起こり得る?
楽天の「送料込みライン」問題に関して、公取委が緊急停止命令の申し立てを取り下げたと発表した。楽天が新型コロナウイルスの影響を受けて、3月18日の一斉導入を取りやめたことが原因とみられる。ひとまず“休戦”の形だが、理論武装を進める楽天。第2ラウンドが起こる可能性もある。(2020/3/11)

楽天市場の送料無料化に反発する「楽天ユニオン」、またも怒りの記者会見 三木谷社長との直談判を要望
楽天市場の送料無料化に反発する出店者団体「楽天ユニオン」が記者会見を開催。楽天が同サイトへの送料無料化の一律導入を延期した件について納得できない点があると批判した。楽天の三木谷浩史社長兼会長に直接抗議すべく、対談も申し入れたという。(2020/3/10)

楽天の“送料無料化”、公取委が緊急停止命令の申し立てを取り下げ 一律導入を延期で「緊急性薄れた」
公取委が、楽天市場の送料無料化を巡り、東京地方裁判所に申し立てていた緊急停止命令を取り下げると発表した。楽天が6日に送料無料化の一律導入を延期したため、「緊急性が薄れた」としている。独占禁止法違反(優越的地位の濫用)に対する調査は継続する。(2020/3/10)

新経済連盟、「ブロックチェーン国家戦略」を国に提言
IT系企業などが加盟している経済団体・新経済連盟が、日本ブロックチェーン協会とともに「ブロックチェーン国家戦略に向けた提言」をIT担当大臣と経済産業大臣宛てに提出した。インターネットの次の時代の国家戦略として、ブロックチェーンを官民連携して推進したい考え。(2020/3/6)

“送料の一律無料化”延期の楽天、方針転換の理由はあくまで「コロナ」 緊急停止命令の影響は明言せず
楽天が、送料無料化の一律導入を延期すると発表した。楽天の幹部は会見で、方針転換の理由を「新型コロナウイルスの影響」と説明。公取委や地裁の動きに配慮したか否かは明言しなかった。有識者による第三者的な見解として、「当局の介入に慎重であるべき」との声も紹介した。(2020/3/6)

楽天、“送料無料化”の一律スタートを断念 新型コロナの感染拡大で
楽天は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、楽天市場で18日に一律で始める予定だった送料無料化施策について、まずは準備が整った店舗のみで始めると発表した。(2020/3/6)

楽天モバイル、地方は実質“月額2980円で2GB” 今後のエリア拡大計画は
楽天モバイルは、自社回線のエリア内なら月額約3000円でデータ通信無制限のプランを発表したが、地方には楽天回線が整備されておらず、実質的には月間2GBの上限がある。楽天はエリア拡大に積極的な姿勢を見せており、人工衛星を使った通信システムも視野に準備を進める。(2020/3/3)

ベールを脱いだ「楽天モバイル」の本格サービス 料金プランや戦略を整理する
4月8日に本格サービスを開始する「楽天モバイル」の料金プランが、ついにベールを脱いだ。プランは「Rakuten UN-LIMIT」と銘打った1種類のみで、月額2980円で楽天エリアでデータ通信し放題、KDDIのローミングエリアは2GBまで利用できる。スマートフォンは11機種が対応しているが、他の機種にも拡大していく。(2020/3/3)

楽天モバイル、月額2980円で通話・データ無制限 料金プランは1つのみ、4月8日にサービスイン
楽天が4月8日に始める携帯キャリアサービスの料金プランを発表した。料金は月額2980円で無制限のデータ通信を行える「Rakuten UN-LIMIT」の一つのみ。300万人を対象に1年目は無償で通信サービス提供する。(2020/3/3)

楽天モバイル正式サービスは4月8日開始 プランは“完全使い放題”のみ、300万人は1年間無料
楽天モバイルがキャリア(MNO)サービスを4月8日にスタートする。月額2980円の「Rakuten UN-LIMIT」プランのみの提供で、300万人(1人1回線)については12カ月間は無料とする。【更新】(2020/3/3)

楽天の携帯料金、大容量で月額2980円? 日経が報道
楽天のMNOサービスの料金プランの内容について、日経電子版が報道。月額2980円で大容量のデータ通信が可能なプランを主力にする方針を固めたという。月間のデータ容量に上限を設けないことも検討中としている。(2020/3/2)

「楽天モバイルの料金プランは月額2980円」の報道 楽天モバイル「当社が発表したものではない」
楽天モバイルMNO(携帯キャリア)サービスの料金は、月額2980円の大容量プランが主力になる――と日経新聞が3月2日に報じた。楽天モバイルは「当社が発表したものではない」とコメント。同社は3月3日に料金プランを発表する。(2020/3/2)

楽天の“送料無料化”、公取委が緊急停止命令申し立て 独禁法違反の疑い
「楽天市場」の送料無料化を巡り、公取委が楽天に緊急停止命令を出すよう、東京地裁に申し立てた。独禁法に違反(優越的地位の濫用)する疑いがあるという。(2020/2/28)

楽天モバイルが「無料サポータープログラム」の期間を延長 正式プラン開始まで利用可能に
楽天モバイルがモバイルキャリア(MNO)サービスのトライアル(試行)として提供している「無料サポータープログラム」が、提供期間をMNOサービスの開始前まで延長することになった。(2020/2/26)

送料無料化を再定義:
楽天、「送料無料問題」で方針転換? それでも強気「公取は分かっていない」「影響あるのは8%」
楽天が2019年12月期決算を発表した。売り上げ収益は前期比14.7%増の1兆2639億円。営業利益については、同57.3%減の727億円。純損益は318億円の赤字で、8年ぶりの赤字となった。また、波紋を広げる楽天市場の送料無料にも言及。これまでの「送料無料」という表現から、やや打ち出し方を変えるようだ。(2020/2/14)

楽天モバイル、3月までに4400局を開設予定 計画を「大幅に上回る」と三木谷氏
楽天は、MWC Barcelona 2020でMNOのプラットフォームに関する発表をする予定だったという。ただしMWC自体が中止になったこともあり、「また機会を見せて発表させていただきたい」と三木谷氏。MNOの基地局開設が順調に進んでいることも同氏はアピールした。(2020/2/13)

楽天モバイル、3月3日に料金プラン発表 5Gサービスの全国展開は21年3月から
楽天は、携帯キャリア事業で提供する通信サービスの料金プランを3月3日に発表すると明かした。5Gサービスも6月には始め、2021年3月の全国展開を目指すとしている。(2020/2/13)

楽天モバイルの料金プラン、3月3日に発表へ
楽天モバイルは、MNOサービスの料金プランを3月3日に発表する。決算会見で楽天の三木谷浩史社長が明かした。正式サービスは4月1日に開始する予定。(2020/2/13)

アマゾンに対する楽天の焦り〜送料無料方針の「優越的地位」とは
公正取引委員会は楽天の施策をどうみるのか。(2020/2/13)

楽天の三木谷社長「弊社が一方的に儲ける話ではない」 立ち入り検査後にツイート
「日本の地方の小売店が生き残っていく為には、アマゾンに勝たなくてはいけない」。(2020/2/12)

上原「マジですか」ダルビッシュ「本当に感謝しています」 野村克也が死去、関係者からさまざまな言葉が寄せられる
ご冥福をお祈りいたします。(2020/2/11)

楽天、“送料無料”に「法令上の問題はない」とコメント 公取委調査には協力する一方、予定通り開始する構え
賛同するお店の声なども公取委に伝えていくとのこと。(2020/2/7)

欠ける「利益」の視点:
楽天、送料無料化で「三方良し」掲げるも実態は「独り勝ち」? 強気の三木谷社長 欠ける説得力
楽天市場の送料一部無料化問題が波紋を広げている。3月18日に開始することを予定しているが、出店者の反発はおさまらない。強気の三木谷社長だが、説得力には欠けるのが現状だ。Amazon追従に何よりも必要な「出店者の理解」は得られるのか。(2020/2/3)

4月に開始 料金は「余裕をもって発表」――楽天モバイルのMNOサービスはどうなる?
楽天モバイルが4月にMNOサービスの本格スタートを明言。それに先だって、無料サポータープログラムの2次募集を開始した。この記事では、同プログラムの現況と、MNOサービスの本格スタートに向けた取り組みを簡単にまとめた。(2020/1/24)

au、データ容量無制限の通信プランを1500円値下げ 5Gサービスや楽天参入に備え
KDDIはと沖縄セルラーは、「auデータMAXプランPro」の月額使用料を1500円値下げすると発表した。春から始める予定の5G移動通信サービスや、楽天のMNO事業参入に備える狙いがある。(2020/1/17)

楽天・三木谷浩史会長兼社長の「年頭挨拶」――「これまでにないようなモバイルサービスを消費者に届けたい」
帯電話キャリア各社の社長が恒例の「年頭あいさつ」を公表した。子会社がキャリアデビューした楽天の三木谷浩史社長は、念頭所感でどのようなことを述べたのだろうか。(2020/1/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。