ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「三木谷浩史」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三木谷浩史」に関する情報が集まったページです。

新経済サミット TOKYO 2019:
「世界にすぐに追いつける」が「盛り上がるまで数年かかる」――日本における5Gの展望
楽天の三木谷浩史社長が代表理事を務める新経済連盟が、6月20日に「新経済サミット(NEST) TOKYO 2019」を開催。ITジャーナリストの石川温氏と楽天モバイルのタレック・アミンCTOが登壇し、日本における5Gの展開について語った。(2019/6/28)

石川温のスマホ業界新聞:
経験者が語る「完全仮想化ネットワークにおける障壁」――実用化に必要な「カネと人的リソース」
楽天モバイルが構築する「完全仮想化ネットワーク」。同社は素晴らしいものだとしているが、なぜ今まで既存キャリアは採用してこなかったのだろうか。(2019/5/10)

石川温のスマホ業界新聞:
三木谷楽天社長「5Gだからと高くチャージするということはない」――完全分離プラン除外は「許されても、そういう選択肢はとらない」
新規参入の楽天モバイルを含む国内4キャリアの「5G」基地局開設計画が認可された。その免許交付式で、楽天モバイルの親会社である楽天の三木谷浩史社長が囲み取材に応じた。(2019/4/19)

「公取委がGAFAにメスを入れる!」→国内大手企業も問題ではないかという調査結果が出てしまう
“やぶ蛇”?(2019/4/18)

モバイルフォーラム2019:
「分離プラン」への期待と不安要素
MVNO委員会は、3月8日、「モバイルフォーラム2019 〜2030年を見据えた新たな競争ルールとMVNOの果たすべき役割〜」を開催。総務省の担当者や「モバイル研究会」の有識者、ジャーナリストが講演し、分離プラン導入についてそれぞれの意見を述べた。(2019/3/13)

「5G時代」、MWCはどう描いたのか
バルセロナで開催されたMWC 2019を取材した西田宗千佳さんが考えた、5Gとモバイルの現在と未来。(2019/3/8)

MWC19 Barcelona:
楽天のネットワークは「携帯業界のアポロ計画」 三木谷社長らが語る
楽天の三木谷浩史社長が「MWC19 Barcelona」において基調講演「The Next Generation」に登壇。MNO(キャリア)として活用するネットワークの優位性を説明。地下でも利用可能にする他、災害時の対策も行うという。(2019/3/1)

Mobile Weekly Top10:
Samsungが「Galaxy Fold」と「Galaxy S10」を発表/楽天が携帯キャリアに参入した理由
Samsung Electronicsが新型スマホ「Galaxy S10」……だけではなく、折りたたみスマホ「Galaxy Fold」を発表しました。Galaxy Foldは、画面が内側に曲がるという特徴を持ちますが、機構が機構だけに、値段もそれなりに高くなりました。(2019/2/27)

「平成育ちの起業家」の肖像:
「東大博士の起業家」ジーンクエスト高橋祥子が考える“ポスト平成の働き方”
「東大博士の起業家」であるジーンクエストの高橋祥子社長に“ポスト平成の働き方”を聞いた。(2019/2/27)

都内に「楽天イノベーションラボ」設立:
三木谷氏「MVNOは奴隷みたいなもの」 楽天がMNOで“完全仮想化ネットワーク”にこだわる理由
2019年10月に通信キャリアとしてサービス開始を予定している楽天モバイルネットワーク。次世代のコアネットワーク(4G/5G)の試験設備「楽天イノベーションラボ」を東京都内に設立。三木谷浩史社長やタレック・アミンCTOが楽天ネットワークの強みを語った。(2019/2/21)

5G対応もOK、海外展開にも意欲:
楽天のMNO事業、仮想化ネットワークで「10月開始は確実」――三木谷社長が見せる自信
楽天が2月12日の決算会見で、MNO事業の進捗(しんちょく)を説明。クラウドベースの完全仮想化ネットワークを採用することで、コストを大幅に抑えられるとした。2019年10月のサービス開始も確実だという。(2019/2/12)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天・三木谷社長「大規模通信障害、基本的にうちではあり得ない」――クラウドベース最先端ネットワークに自信
楽天の三木谷浩史社長が「新春カンファレンス」で携帯電話事業について語った。「クラウドベースの最先端ネットワーク」に自信を見せる三木谷社長だが、どんなに努力してもダウンしてしまうことがあるのがネットワークだ。(2019/2/8)

楽天市場で配送料を全店舗統一へ 料金体系分かりやすく
楽天は30日、「楽天市場」での出店企業の配送料を全店舗で統一する方針を明らかにした。出店企業ごとに異なる送料を一本化し、利用者が分かりやすい体系に刷新する。(2019/1/31)

キャッシュレスも推進:
幸楽苑がAIを本格活用へ 何をどう役立てるのか
異物混入事件で業績が低迷していた幸楽苑HDが、矢継ぎ早に改革を打ち出し、客足が戻りつつある。1月28日の記者会見で新たにAIを活用すると発表したが、どのような戦略なのだろうか。(2019/1/28)

楽天が「MWC Barcelona 2019」に出展 三木谷浩史社長は基調講演に登壇
子会社を通してMNO事業への参入準備を進める楽天が、2月25日(中央ヨーロッパ時間)からスペイン・バルセロナで開催される「MWC Barcelona 2019」に出展。同社の三木谷浩史社長は基調講演にも登壇する。(2019/1/23)

「5G元年」「楽天参入」の2019年 携帯キャリアが年頭所感で決意表明
2019年が明け、通信キャリア各社のトップが年頭所感を発表。2019年は「5G」と「楽天参入」がキーワードといえる。各社はどのような戦略でモバイル事業を展開していくのか。(2019/1/7)

設備投資が少なくても「次元の違う安定性を確保」――楽天・三木谷浩史社長と一問一答
ついに基地局の建設に着手した楽天モバイルネットワーク。親会社・楽天の三木谷浩史社長が「安全祈願祭」の終了後に報道関係者との囲み取材に応じた。(2018/12/7)

“安全”かつ“早く”設置を進める――楽天モバイルネットワークが基地局工事の安全祈願祭を開催
2019年10月のサービスインに向けて準備を進める楽天モバイルネットワーク。基地局の建設開始に先立って、同社の山田善久社長、親会社である楽天の三木谷浩史社長や工事関係者など出席のもと、安全祈願祭を開催した。合わせて、基地局設置に関する交渉や契約に携わる部署のオフィスも公開された。(2018/12/7)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【後編】:
元楽天副社長が作る幼小中“混在校”の武器
2002年に楽天の副社長を退任して以降、幾多の迷いを経て、本城慎之介氏が最終的に辿り着いた理想の学校。いったい、それはどんな学校なのか? その革新性や武器は何なのだろうか?(2018/10/15)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【前編】:
30歳で楽天を辞めた元副社長が私財を投じて学校を作る理由
かつて三木谷浩史とともに楽天を創業し、副社長を務めた本城慎之介。彼は2002年11月に30歳で楽天副社長を退社して以降、教育畑に転身した。現在は長野・軽井沢の地で幼稚園・小・中学校の混在校である「軽井沢風越学園」の開校を目指している。彼が成し遂げようとしていることの本質を探った。(2018/10/12)

石川温のスマホ業界新聞:
三木谷浩史CEO「日本人の半分が楽天のスマホを使うようになる」――キャリア参入に向けて「技術力でブレイクスルーする」と宣言
子会社を通して2019年にMNOとなる予定の楽天。同社の三木谷浩史社長が「楽天市場」の加盟店の関係者にMNOとして携帯電話市場に参入する狙いを語ったが、若干具体性に欠ける話に聞こえた。(2018/7/27)

話題の、あの人:
「社員から支持されるIT社長」ランキング 孫正義氏、藤田晋氏など上位 1位は……?
IT企業の経営者の中で、社員から高い支持を得ている人物は?――Vorkers調べ。(2018/7/19)

IIJmio meeting 20:
MVNOが生き残るために必要なことは? ジャーナリストとIIJ中の人が徹底討論
IIJが、20回目となるファンミーティング「IIJmio meeting 20」を7月14日に東京で開催した。「ジャーナリストが本音で語る、MVNOここだけの話」というテーマで、トークセッションを実施。業界動向、通信品質、料金・サービストレンドについて語り合った。(2018/7/18)

「会員300万人」への仕掛け着々:
キャリア参入まであと1年半の楽天、MVNOの「長期優遇策」強化のワケ
楽天が、MVNO「楽天モバイル」の長期契約者優遇プランを強化すると発表。キャリア参入があと1年半に迫る中で、この施策を打つ理由とは――。責任者が会見を開き、考えを語った。(2018/6/14)

三木谷社長「アジアNo.1目指す」:
「日本サッカーの発展に力を貸したい」――イニエスタがJ1神戸入団会見
サッカー・J1リーグのヴィッセル神戸が、スペイン代表MFイニエスタを完全移籍で獲得。イニエスタは入団会見で「日本サッカーの発展に力を貸す」と決意を表明した。三木谷浩史オーナーも「アジアナンバーワンを目指す」と語った。(2018/5/24)

年俸32億円:
イニエスタが日本に ヴィッセル神戸、獲得を正式発表
ヴィッセル神戸が、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを完全移籍で獲得。3年契約で年俸は約2500万ユーロ(約32億2500万円)とみられる。同選手と三木谷浩史オーナーが会見で経緯と抱負を語った。(2018/5/24)

一問一答:
初の決算会見に臨んだKDDI高橋新社長、「ブロッキング」「楽天参入」にコメント
KDDIが2018年3月期の決算会見を開催。4月からKDDIの新社長に就任した高橋誠氏が登壇し、報道陣との質疑応答に応じた。海賊版サイトのブロッキング問題や、楽天の参入についても言及した。(2018/5/10)

「楽天の新規参入」「サイトブロッキング」――ソフトバンクグループ決算説明会 一問一答
事業の主軸を「通信」から「戦略的持株」に移す姿勢を鮮明にしたソフトバンクグループ。国内の通信事業を担う子会社ソフトバンクを取り巻く環境は大きく変わろうとしている。この記事では、ソフトバンクグループの2017年度通期決算説明会で行われた質疑応答のうち、国内通信事業に関するものを抜粋して掲載する。(2018/5/10)

三木谷氏がXジャンプ?:
YOSHIKI、リハーサル抜け出し「新経済サミット」に 英語の重要性語る
ファンの前に立った時は泣きそうだった――ロックバンド「X JAPAN」のリーダーで実業家でもあるYOSHIKI氏が4月11日、新経済連盟(代表理事:三木谷浩史 楽天会長兼社長)が主催する「新経済サミット2018」に出席した。(2018/4/12)

ビッグデータ生かした商品開発も:
家電EC「楽天ビック」始動 “Webと実店舗の融合”でAmazon対抗
楽天とビックカメラがECサービス「楽天ビック」をスタート。スマートフォンやテレビなど計約60万商品をそろえる。両社のオンライン・オフラインの店舗運営ノウハウを融合することで、顧客満足度の高いサービスを提供する狙い。(2018/4/11)

楽天の携帯キャリア参入で気になる「料金」と「ネットワーク」
楽天モバイルネットワークに1.7GHz帯の割り当てが決定。これにより、楽天が携帯キャリアとして事業を展開できるようになった。気になるのは「料金」と「ネットワーク」だ。(2018/4/9)

周波数割り当ての認定目指す:
楽天、携帯事業で東電グループの設備を利用 投資額を最大300億円削減
楽天がキャリア事業の開始に向け、東電グループの設備貸し出し事業を利用すると発表。関東地方(1都6県)にある約500〜1000カ所の送電鉄塔などを借り受ける。首都圏における設備投資額を100〜300億円程度削減する狙い。(2018/3/6)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天・三木谷社長が「設備投資は6000億円で充分」と強気発言――設備投資4400億円のイー・アクセスは第4の携帯電話会社になれず
楽天の三木谷浩史CEOが、2017年度通期決算説明会で、参入を予定している携帯電話事業の設備投資計画に言及。「設備投資は6000億円で充分」と語る三木谷CEOだが、5Gの足音が聞こえてくる中、その投資額で本当に大手3社に対抗できるネットワークを構築できるのだろうか。(2018/2/23)

「問題児 三木谷浩史の育ち方」:
起業家、楽天「三木谷浩史」はいかにして生まれたか
楽天を創業し、現在も会長兼社長を務める三木谷浩史氏。綿密な取材をもとに、そのバックグラウンドをまとめたのが山川健一氏の著書「問題児 三木谷浩史の育ち方」だ。かつては不良少年だった三木谷氏はいかにして立ち直り、起業家精神を身に着けたのだろうか。(2018/2/19)

株価は「実力反映していない」:
「準備は順調」「投資は6000億円で十分」――“第4の携帯キャリア”楽天・三木谷社長の自信
楽天・三木谷浩史社長が、2月13日開いた決算会見で携帯電話事業についてコメント。「準備は順調だ」「投資は6000億円で十分」と自信を見せた。下落が続く株価についても「実力を反映していない」と強気だった。(2018/2/13)

電子書籍の海外展開も強化:
楽天、EC事業でWalmartと提携 西友とネットスーパーを共同運営
楽天が、EC事業で米Walmartと提携すると発表。両社の強みを生かして国内外のユーザーへのリーチ拡大・サービス向上を図る狙い。今夏にもECサービス「楽天西友ネットスーパー」をスタートする予定。(2018/1/26)

楽天・三木谷社長、携帯キャリア参入で「安価なサービス提供したい」
楽天の三木谷社長がTwitterで、携帯キャリア事業参入についてコメントした。「もし認められれば、より快適で安価なサービスが提供できるように頑張ります」などとつづっている。(2017/12/19)

楽天、NBAを国内独占配信へ 「Rakuten TV」で提供
楽天が米プロバスケットボール協会(NBA)とパートナーシップ契約を結んだ。日本国内でのNBAの放映、配信を楽天が独占する。(2017/10/10)

夏目の「経営者伝」:
サイバーエージェント社長が実践する「強い組織」の作り方
サイバーエージェント、藤田晋社長の経営哲学に迫る連載。最終回は「組織作り」「マネジメント」を中心にお伝えする。藤田社長が子会社の経営を若手社員に任せる理由とは?(2017/10/9)

ドローン×移動販売で、空飛ぶ「からあげクン」お届け 楽天とローソンが連携
ドローンと移動販売を組み合わせた商品配送で楽天とローソンが連携。買い物困難者のサポートを目指し、10月31日から半年間、南相馬市で試験運用を行うという。(2017/10/6)

被災地の高齢者を支援:
空飛ぶ「からあげクン」届けたい 楽天・ローソンがドローン配送開始
楽天とローソンが、ドローンを活用した商品配送を開始する。ローソン南相馬小高店(福島県南相馬市)の商品を「小谷集落センター」に届ける。高齢者の買い物を支援する狙いで、実施期間は10月31日から半年間。(2017/10/6)

ジェネシスヘルスケアを支援:
楽天、遺伝子検査サービス大手に出資
楽天が、遺伝子検査サービス大手のジェネシスヘルスケアに出資したと発表。約14億円の第三者割当増資を楽天が引き受ける形で行う。出資比率は非公開。【訂正】(2017/8/21)

楽天、遺伝子検査のジェネシスヘルスケアに14億円出資
楽天が、遺伝子検査サービスを手掛けるジェネシスヘルスケアに出資。遺伝子検査はDeNAやヤフーなども参入している。(2017/8/21)

楽天と電通の新会社が目指すもの:
楽天会員9000万人のビッグデータとテレビ視聴データがひも付くと何が起こるのか
楽天と電通は「楽天データマーケティング」の設立を発表した。楽天のビッグデータと電通のノウハウを融合した新たなマーケティングソリューションとはどのようなものになるのか。(2017/7/28)

テレビCMの効果を分析:
「広告界をリードする」 電通・楽天タッグの戦略とは
電通・楽天がジョイントベンチャー「楽天データマーケティング」を立ち上げた。楽天が持つビッグデータと顧客基盤、電通のマーケティング力を組み合わせた点が強みだが、具体的にどのようなビジネスを展開していくのだろうか。(2017/7/27)

「マーケティング業界にイノベーションを」――楽天と電通が新会社 ビッグデータ活用で販促支援
楽天と電通が新会社「楽天データマーケティング」を8月に設立する。楽天の会員基盤やビッグデータ、電通のマスメディアなど、双方の強みを生かし、企業のプロモーションを支援する。(2017/7/26)

Jリーグ、公式ECサイトを楽天に委託 「クラブチームは物販に人員を割けない」
楽天がJリーグと契約し、ECサイト「Jリーグオンラインストア」を7月中旬にリニューアルする。商品発送や決済などの業務を、楽天が引き受ける。(2017/4/24)

夏目幸明の“経営者論”:
経営者が「完璧」よりも「スピード」を重視するワケ
経営者はよく「スピード」という言葉をよく口にするが、なぜそこまでスピードを重視する必要があるのだろうか。筆者が取材を重ねる中で気付いた、この言葉に秘められた意味とは?(2017/4/12)

Fintech事業は好調:
楽天、特別損失243億円 「Viki」の減損など影響
楽天が、2016年12月期(16年1月〜12月)の連結決算を発表。主力の「インターネットサービスセグメント」の不振や、子会社の米Vikiがのれんの減損を計上したことなどが響いた。(2017/2/13)

三木谷氏、「楽天のイスラム教徒を全面サポート」 米国からイスラム圏7カ国へ「Viber」通話無料に
イスラム圏7カ国からの入国を一時停止する米国の大統領令について、楽天の三木谷社長は、「楽天に所属するイスラム教徒の仲間をサポートする」とTwitterで表明した。(2017/1/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。