ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年03月03日 07時00分 UPDATE

安価な電子書籍リーダー実現する新プロセッサ、Freescaleが発表

Freescaleの新プロセッサ「i.MX508」は、150ドルを切る安価な電子書籍リーダーを可能にするという。

[ITmedia]

 米半導体企業Freescale Semiconductorは3月2日、安価な電子書籍リーダーを実現できる新プロセッサを発表した。

 同社のアプリケーションプロセッサ「i.MX508」は、800MHzのARMコアを基盤とするSoC(システム・オン・チップ)。同社の従来プロセッサと比べるとレンダリングが2倍高速で、最高で2048×1536ピクセルの最新電子ペーパーパネルをサポートする。

 またE Inkのディスプレイコントローラーを組み込んでパーツ数を減らしたことで、コントローラーが統合されていないシステムと比べてコストが50%抑えられるとしている。プロセッサと周辺機器を使わないときにオフにする特別なモードも導入し、消費電力を抑えているという。

 i.MX508は2010年第3四半期初めにサンプル出荷を開始する予定。大量に発注すれば単価は10ドルを切る。Freescaleは、このプロセッサにより、電子書籍リーダーの価格は今年150ドルを切るだろうとメディアに語っている。

 現在市場に出回っている電子書籍リーダーは、AmazonのKindleが259ドル、ソニーのReaderが199〜399ドル。間もなく発売のAppleのiPadは499ドルから。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.