ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年03月10日 07時00分 UPDATE

東証が富士通に厳重注意 社長辞任理由の訂正で

東証は、前社長辞任の理由を訂正した富士通に対し、情報開示が不適切だったとして口頭で厳重注意した。

[ITmedia]

 東京証券取引所は3月9日、前社長辞任の理由を訂正した富士通に対し、情報開示が不適切だったとして口頭で厳重注意した。富士通は「注意を真しに受け止め、適切な情報開示に努める」としている。

 富士通は6日、野副州旦(のぞえくにあき)前社長の辞任理由を当初の「病気療養」から「取引などの関係を持つことはふさわしくない企業と関係を続けたため」と訂正していた。

 東証は「投資判断に大きな誤りをもたらすほどの重大な影響があるとまでは言い難い」とし、改善報告書の提出要求などは見送った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.