ニュース
» 2010年03月10日 10時31分 UPDATE

Twitterがフィッシング対策 不正URL検出機能を導入

Twitterはダイレクトメッセージ(DM)、DMが届いたときのメール通知のURLをチェックして、悪質なリンクを遮断する。

[ITmedia]

 Twitterは3月9日、セキュリティ対策として、不正なURLの検出機能を導入することを明らかにした。

 この機能は、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)、DMが届いたときのメール通知に含まれるURLを不正サイトのデータベースと照合するというもの。これにより不正なURLを検出して遮断し、悪質サイトへのリンクがTwitter上で拡大することを防ぐという。

 DMとメール通知のURLは短縮されて「http://twt.tl/〜」となり、このURLをクリックすると、有害かもしれないページの場合は警告ページが表示される。この機能は段階的に展開しているため、まだ全ユーザーに導入されたわけではないようだ。またHTMLメール対応のメールクライアントでは、twt.tlではなく長いURLが表示されることもあるという。

 2月にはTwitterのDMを使ったフィッシングが横行した。フィッシングDMを使ってユーザーを偽Twitterサイトに誘導するというもので、多数のユーザーがパスワードを盗まれたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -