ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年03月12日 14時16分 UPDATE

Mozilla、Firefox 3.6へのアップデート喚起画面の表示を開始

「Firefox 3.6」のダウンロード数は、正式リリースから約50日で1億を突破した。Mozillaはこの最新版へのアップデートをユーザーに促している。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは3月11日、Firefoxの旧版ユーザーに向けて、最新版の3.6にアップデートするよう促す告知画面を表示するプログラムを開始したと発表した。

 Firefoxを起動後、1分以上操作をしないでいると、下図のような画面が表示され、「Ask Later」(24時間後に再度告知画面を表示する)、「No Thanks」(アップデートしない)、「Get the New Version」(すぐにアップデートする)のいずれかを選択できる。

firefox

 アップデートしない選択をしても、「ヘルプ」→「ソフトウェアの更新を確認」からアップデートできる。

 1月21日に正式版がリリースされたFirefox 3.6は、MozillaのDownload Statisticsによると、日本時間の3月12日14時現在、世界で1億2115万8910件ダウンロードされている。また、既存のアドオンの90%以上は既に3.6に対応しているという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.