ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2010年03月23日 08時13分 UPDATE

BitDefender、正常ファイルをトロイの木馬と誤認するトラブル発生

WindowsファイルとBitDefenderファイルがトロイの木馬に感染していると誤認され、プログラムが使えなくなるなどの障害が起きている。

[ITmedia]

 コンシューマー向けのウイルス対策ソフト「BitDefender」で、正常なファイルをトロイの木馬と誤認して隔離してしまう問題が発生している。SANS Internet Storm Centerなどが伝えた。

 SANSやBitDefenderによると、この問題は3月20日に欠陥のあるパターンファイルがBitDefender 2008/2009/2010向けに自動配信されたことに起因する。その結果、複数のWindowsファイル(64ビット版のみ)とBitDefenderファイルがトロイの木馬に感染していると誤認され隔離されてしまい、BitDefenderやWindowsプログラムが使えなくなったり、PCが正常に起動できなくなったりするなどの障害が起きているという。

 BitDefenderはTwitterで状況を報告するとともに、この問題を修復するための自動アップデートを配布した。それでも解決しない場合のために、サイトで対処方法を紹介している。

関連キーワード

BitDefender | トロイの木馬 | 謝罪 | 不具合


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.