ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BitDefender」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BitDefender」に関する情報が集まったページです。

この頃、セキュリティ界隈で:
激化する新型コロナ便乗攻撃 テレワークは格好の標的
新型コロナウイルスに便乗した新たな手口。(2020/3/30)

新型コロナ便乗犯罪は1ヶ月で5倍に増加:
ルーターを乗っ取りWHOを名乗る不正サイトに誘導、新型コロナ便乗の攻撃が発生中
ホームルーターを乗っ取ってDNS設定を変更し、ユーザーを不正なWebサイトにリダイレクトして「新型コロナウイルスの情報提供アプリ」と称するマルウェアをダウンロードさせようとする。(2020/3/27)

ITmediaエンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
秘策はない? コニカミノルタが愚直に進めたDXのためのセキュリティ対策とは
グローバルにオフィス・プリント関連事業を進めるコニカミノルタが、顧客と社内のセキュリティを強化するため、取り組んでいることとは。(2020/2/28)

ハードウェアに迫る危険【後編】
ハードウェアレベルの脆弱性が悪用されたら何が起こるのか? QSEEに学ぶ
2019年11月、Armの技術「TrustZone」をベースにしたQualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性が見つかった。その悪用は、どのような脅威をもたらすのか。(2020/1/28)

全般的な対策からVDI製品別の対策まで
「仮想デスクトップはPCより安全」は幻想 VDIの必須セキュリティ対策3選
「通常のデスクトップと比べ、VDIによる仮想デスクトップはセキュリティ侵害を受けにくい」という俗説は誤りだ。VDIに潜むリスクと、セキュリティを強化する方法を紹介しよう。(2019/11/1)

MSやIntel、Red Hatなど各社も対応:
CPUの脆弱性「Spectre」に新たな亜種、これまでの対策は通用せず
Spectreは、これまでのSpectreとMeltdownに対して実装された対策を全てかわすことが可能とされ、悪用されればシステムメモリに存在する重要な情報が盗まれる恐れがある。(2019/8/8)

被害額20億ドル超か ランサムウェア「GandCrab」の無料復号ツール、更新版リリース
同ツールを利用すれば、GandCrabに感染して情報が暗号化されたとしても、身代金を支払うことなくデータを復号できる。(2019/6/18)

「ID貸して」なんでダメ? ゲームもダウンロード販売になった現代の「貸し借り」問題
さまざまなサービスが買い切りからサブスクリプションに移行し、「CDを貸し借りする」というような体験がなくなりつつあります。そんな現代の子どもたちの間では「IDを貸して」とねだられる事例も。問題点を解説します。(2019/5/8)

第4次産業革命の現在地:
ITのタッチポイントとしての複合機、ビジネス変革進めるコニカミノルタの挑戦
コニカミノルタは2019年4月25日、複合機の新製品を発表するとともに国内での複合機事業の戦略を発表。合わせて、同社が推進するIoT基盤「Workplace Hub」の進捗状況について複数メディアによるグループインタビューを実施した。(2019/4/26)

半径300メートルのIT:
政府主導の“対民間”サイバー攻撃? 物議を生む「NOTICE」を実行せざるを得ない、国内の深刻な事情
新しいPCを買ったら、セキュリティ対策をするのは当たり前ですよね。でも、ネットに接続して使う掃除機やゲーム機といった“スマート家電”を買った時も、同じように対策していますか? 実は、そうでない機器が増えた結果、恐ろしいことが起きているんです。(2019/2/19)

クリプトマイナー(仮想通貨採掘ソフト)が激増
医療現場はモバイルセキュリティを優先すべき、これだけの理由
医療現場でのモバイルデバイスの利用が広がり利便性が向上しているが、一方でサイバー犯罪者が攻撃に悪用できる対象が増えるというデメリットも出てきた。そのため、医療ITではこうしたエンドポイント保護が急務になっている。(2019/1/11)

Ransomware as a Serviceに対抗
ランサムウェアに感染したらまず見るべき復号ツール配布サイト
各国の警察機構とセキュリティベンダーが共同運営するNo More Ransom。ここでダウンロードできるツールを利用すれば、ランサムウェアに暗号化されたファイルを復号できる可能性がある。(2019/1/8)

サポート終了や社内体制が不確定要素に
「XenDesktop」「VMware Horizon」の2大VDIを比較 VMwareがCitrixを猛追
Citrix Systemsは、デスクトップ仮想化市場で相変わらず大きく優位を保っている。だが幾つかの要因から、VMwareの市場シェア拡大を許す可能性がある。(2018/9/14)

ランサムウェアなどの新たな脅威に対抗
新マルウェア対策「モバイル脅威検知」「UEM」「マイクロ仮想化」とは
ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などの新たな脅威に対処するには、防御側にも新たな対策が必要となる。Windowsデバイスやモバイルデバイスを狙う、現代のマルウェアへの対抗策とは。(2018/6/12)

BBソフトサービス、家庭内の機器を丸ごと保護できるセキュリティサービス「SECURIE」を提供開始
BBソフトサービスは、ホームネットワーク向けセキュリティサービス「SECURIE」の提供を開始する。(2018/6/7)

Enterprise IT Kaleidoscope:
「Windows 10 Fall Creators Update」徹底解剖――企業が今すぐ移行すべきOSか?
10月に配信が始まった「Windows 10 Fall Creators Update」。企業向けには、セキュリティ機能を中心に大幅に強化された。今回はその機能を細かく解説していく。(2017/11/20)

Microsoftの「Windows Defender ATP」、macOS、Linux、iOS、Androidにも対応
セキュリティ3社と組んで、「Windows Defender ATP」でmacOS、Linux、iOS、Androidに対する攻撃にも対応できるようにする。(2017/11/10)

アプリ開発者の隠れた動機を見抜く
Androidアプリのセキュリティ検査に機械学習を活用 Googleが挑戦
Googleはエンドユーザーを保護すべく、機械学習など新たな分析手法を用いて、「Google Play」に登録されるAndroidアプリの検査を強化しようとしている。この試みは成功するのか。(2017/7/28)

世界で攻撃多発のランサムウェア、WannaCryと同じNSAのハッキングツールを利用
6月27日の世界同時攻撃に使われたランサムウェアは、5月に猛威を振るった「WannaCry」と同じハッキングツールを利用していた。(2017/6/28)

世界で新手のランサムウェア攻撃が多発、重要インフラや大手企業も被害
ランサムウェア「Petya」の新しい亜種による大規模攻撃が発生。ウクライナを中心に、重要インフラがダウンするなどの大きな被害が出ている。(2017/6/28)

「Android O」を待つ必要あり?
Google Playアプリのクリックジャッキング対策に不備か
GoogleはAndroidにクリックジャッキング攻撃への対策を講じた。だが悪意ある行為者にとっては抜け道が1つ残っており、この脆弱性が修正されるのは「Android O」以降だという。(2017/5/18)

Android 4.3以前に影響
iPhoneのマルウェア「Pegasus」がAndroidにも感染、チャットや通話を盗聴か
iOSを狙った高度なマルウェア「Pegasus」の変種がAndroidデバイスで見つかった。Android版は新たな機能によって感染力を高めている。(2017/4/19)

これぞIoT時代のセキュリティ対策:
PR:台数無制限で高コスパの家庭内ネットワーク一括保護ツール「Bitdefender BOX」に迫る
スマホやPCといったおなじみの機器から、セキュリティソフトを導入できないネットワーク家電やIoTデバイスまで、低コストに一元管理で保護できるソリューション。それがBBソフトサービスが販売する「Bitdefender BOX」だ。(2017/3/31)

半径300メートルのIT:
ネットバンキングを狙う「DreamBot」が猛威 今すべき対策は
インターネットバンキングを狙う「DreamBot」が猛威を振るっています。私たちのお金を狙う、このマルウェアの餌食にならないためにできることとは?(2017/3/22)

ネットワーク内にあるIoTデバイスの脆弱性発見、危険なサイトへのアクセス制限などを行う「Bitdefender BOX」
家庭内を始め、身の回りに急激に増えたIoTデバイスのセキュリティを守ることを、ユーザーも意識しなくてはならない時代がやってきている。BBソフトサービスが間もなく発売する「Bitdefender BOX」も、そんなIoTデバイスの安全を守る機器だ。(2017/3/2)

iPhoneのバックアップ情報を盗むマルウェア、Macを狙う亜種が出現
セキュリティ企業では、ロシアの関与が疑われる大規模サイバースパイ活動との関係も指摘している。(2017/2/16)

欧州のランサムウェア対策組織、無料の復号ツールを提供拡大
マルウェア対策プロジェクトの「No More Ransom」にセキュリティ企業や国家警察など30以上の組織が加入。被害者のデータを取り戻すための無料ツール32本が加わり、被害者救済が進む見通しだ。(2016/12/16)

PR:「USBメモリ禁止」でも簡便にファイルをやり取り――自治体では多数導入済みの「FileZen」って何?
セキュリティを高めるため、ネットワークが分割された環境で、USBメモリやメールが使えないような場合、ファイルの受け渡しはとても煩雑になる。しかし、ソリトンシステムズのファイル受け渡し専用アプライアンス「FileZen」なら、こうした問題を簡単に解決できる。ファイル受け渡しに特化しつつ、セキュリティ機能や管理機能も充実したFileZenがあれば、ファイルのやり取りが効率的に行えるのだ。(2016/12/12)

「NANDミラーリング」の危険度
「iPhone」のロックは約1万円で解除可能? その“大胆過ぎる手口”とは
「iPhone」のロックを安価に解除できる方法を研究者が公開した。2015年の銃乱射事件でFBIがこの方法を使っていれば、容疑者が使用していたiPhoneのロックをわずかな費用で解除できていた可能性がある。(2016/9/27)

セキュリティ研究者が問題を指摘
「Android」のフルディスク暗号化に脆弱性、総当たり攻撃でパスワード解読の恐れ
Qualcommのチップセットを搭載する端末の脆弱(ぜいじゃく)性を突いて、「Android」のフルディスク暗号化が悪意ある攻撃者や捜査機関に破られる可能性のあることが明らかになった。(2016/7/20)

セキュリティ大幅強化でiOSに対抗
「Android N」は再起動だけで最新OSに、ユーザーの不安を払拭する3つの機能強化とは
GoogleのモバイルOS「Android N」は、従来と比べてセキュリティ面で大きく3つの改良がされる。これにより、Androidのセキュリティは強化されるのだろうか。(2016/6/11)

「ランサムウェア対策ツール」の費用対効果
「身代金ウイルス対策」はお金と時間のムダ? セキュリティ専門家から懐疑的な声
セキュリティベンダーが提供を急ぐ、身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」対策ツール。セキュリティ専門家はツールの有効性を認めながらも、その効果の継続性には疑問を呈する。(2016/5/9)

Macを狙うランサムウェア、正体が判明
Mac OS Xを狙う初のランサムウェア「KeRanger」は、Linuxに感染するマルウェア「Linux.Encoder」とほとんど同じコードが使われていたことが分かった。(2016/3/10)

慎重にパッチ適用の検討を
Android端末の66%に影響? Linuxカーネルの脆弱性で割れる意見
Linuxカーネルのキーリング機構に関する脆弱(ぜいじゃく)性が新たに見つかり話題になっている。しかし、Linuxエコシステムにとっての危険性について専門家の意見は割れている。(2016/2/4)

Bitdefenderから顧客情報が流出、脅迫や不正侵入も
何者かがBitdefender顧客のパスワードなどの情報を盗み出して同社を脅迫。盗んだ情報を売りに出し、法人顧客のアカウントに侵入したと称している。(2015/8/3)

データURIスキームを悪用
Chromeユーザーが知るべき新型フィッシング詐欺、そのだましの手口とは?
Googleアカウントを狙うフィッシング攻撃が確認された。従来の手法では検出できない新たな方法が用いられているという。アカウントが乗っ取られると、「Google Drive」に保存したドキュメントにアクセスされたりする恐れがある。(2014/5/15)

Windows XP向け主要ウイルス対策ソフト、少なくとも1年はサポート継続
Windows XP向けのセキュリティ製品を提供しているメーカーは、短いところでもMicrosoftのサポート終了後1年以上、XP向けの製品のサポートを続ける方針だ。(2014/1/17)

マルウェアの3分の2が感染可能?
Windows 8は、まずセキュリティ機能をチェックせよ
Windows 8の採用を検討するに当たっては、まず予想される生産性の向上と運用上の負担をはかりにかける必要がある。(2013/6/27)

Android向けセキュリティアプリの最新評価、AV-TESTが発表
セキュリティ製品の第三者評価機関が5月に実施した30種類のAndroid向けセキュリティアプリの評価結果をまとめた。(2013/6/19)

ハッシュ値とパッケージ名による検出ではすり抜け可能?:
Android 4.2の「Verify Apps」、マルウェア検出率は15%
米ノースカロライナ州立大学コンピュータサイエンス学部の准教授のチームが、Android 4.2(Jelly Bean)に搭載された不正アプリチェック機能の「Verify Apps」に関する検証結果を発表した。(2012/12/11)

Android 4.2の不正アプリ検証サービス、マルウェア検出率は15%どまり
米ノースカロライナ州立大学の調査によると、Android 4.2の検証サービスで検出できたマルウェアは1260件のうちの193件にとどまった。(2012/12/11)

AV-TEST、Android向けマルウェア対策アプリの評価結果を変更
一部ベンダーからの指摘を受けて再評価を行い、マルウェア検出率が高い最上位グループにMcAfeeなどが追加された。(2012/3/21)

Android向けウイルス対策アプリの性能比較、AV-TESTが発表
全体的に、デスクトップPC向けで定評のある製品のモバイル版はおおむね好成績が出る一方、約3分の2は検出率が65%に満たなかった。(2012/3/7)

Yahoo! IMに未解決の脆弱性、ステータスメッセージを書き換えられる恐れ
今回の脆弱性はユーザーが何も操作しなくても悪用される恐れがあり、危険度が高いとBitdefenderは警告している。(2011/12/5)

ソースネクスト、Androidアプリのパッケージ販売を開始
ソースネクストが、自社開発のアプリと同社が厳選したアプリを「Android厳選アプリ」シリーズとして家電量販店やオンラインショップで販売すると発表した。3年以内に100タイトル以上をラインアップする。(2011/9/13)

最強はどれだッ!?:
2011年版セキュリティソフト徹底比較(第1回)
セキュリティベンダー各社から2011年版のセキュリティソフトが出そろった。本特集では主要7社の最新版を取り上げ、全3回にわたって機能や性能、使い勝手を比較していく。(2010/10/18)

検出率99.95%:
「ストイックに検出率を追求していく」――G Data インターネットセキュリティ 2011
高い検出率で知られるG Dataの総合セキュリティソフト「G Data インターネットセキュリティ」に早くも2011年度版が登場した。25周年を記念してお買い得なパッケージも投入される。(2010/7/15)

iPadユーザーを狙う攻撃発生、「ソフトの更新」促す迷惑メールが出回る
正規サイトに類似した偽サイトにアクセスすると、マルウェアをダウンロードしてしまう。(2010/4/27)

iPhoneのロック解除を誘うスパム、ユーザーを不正サイトに誘導
BitDefenderは、iPhoneの不正利用を促す手口でマルウェアへ感染させる攻撃に注意するよう呼び掛けている。(2010/4/15)

ウイルス対策製品に圧縮ファイルの検査を回避される問題が存在
IPAとJPCERT/CCは、圧縮ファイルの検査を回避される問題が複数のウイルス対策製品に発見されたと発表した。(2010/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。