ニュース
» 2010年03月30日 08時55分 UPDATE

Twitterでマルウェア拡散、注目ニュースに便乗でフォロワーだます

Twitterで注目のニュースや話題に便乗した悪質なプロフィールをフォローしてしまうユーザーが多数いるという。

[ITmedia]

 モスクワの地下鉄で起きた自爆テロのニュースに便乗してTwitterに悪質なプロフィールを作成し、マルウェアをまき散らそうとする手口が見つかったと、ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labが3月29日のブログで伝えた。

 Kasperskyによると、この手口では悪質なTwitterのプロフィールが自動で作成され、モスクワのテロ関連ニュースを流すと見せかけて、マルウェアにリンクさせていた。

teromsc.jpg 動画に見せかけたマルウェア拡散の手口(Kasperskyより)

 こうした悪質なTwitterプロフィールにだまされてフォローしているユーザーが既に何人もいるといい、これらフォロワーはマルウェアに感染してしまった可能性が高いとKasperskyはみる。

 モスクワのテロに限らず、注目のニュースや話題に便乗するのは攻撃側の常套手段だが、狙いはいずれもできるだけ多くのユーザーをマルウェアに感染させることにあり、こうしたツイートのリンクはむやみにクリックしてはいけないとKasperskyは警告している。

関連キーワード

Twitter | 便乗 | Kaspersky | 詐欺


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -