ニュース
» 2010年04月02日 13時51分 UPDATE

世界初のパーソナルコンピュータの開発者エド・ロバーツ氏が死去

エド・ロバーツ氏は世界初の個人向けコンピュータと言われる「Altair 8800」を開発し、若き日のビル・ゲイツ氏に大きな影響を与えた。

[ITmedia]

 世界初のパーソナルコンピュータを開発したエド・ロバーツ氏が4月1日に肺炎で亡くなった。68歳だった。

 ロバーツ氏は1975年に世界初の個人向けコンピュータと言われる「Altair 8800」を開発した人物。Microsoftを創設したビル・ゲイツ氏とポール・アレン氏にも大きな影響を与えた。両氏は雑誌でAltair 8800の記事を読んで、ロバーツ氏に同製品向けのソフトの開発を申し出たという。

 ゲイツ氏とアレン氏は1日、合同で追悼の声明を発表した。「われわれの友人、そして若き日の指導者でもあるエド・ロバーツの死を深く悲しんでいる。ご家族にお悔やみ申し上げる」

 両氏は、ロバーツ氏を「パーソナルコンピュータ革命の真のパイオニア」と呼び、「彼はわれわれ――コンピュータが一般的になるずっと前にこの技術に関心を持った2人の若者――に賭けてくれた。彼には常に感謝してきた」と述べている。「われわれの初めてのソフトがAltairで動いたあの日から、たくさんの素晴らしいことが始まった」

 ロバーツ氏は1977年にコンピュータ業界から引退し、その後は医師の道を進んだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -