ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ポール・アレン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

Mocrosoft Focus:
Microsoftに「クールな会社」像は不要――幹部が語る過去からの脱却
7年前のMicrosoftと今のMicrosoftはまったく別の企業だと、チーフストーリーテラーのスティーブ・クレイトン氏は語る。7年前というと、ちょうど、現在の新たなロゴへと変更したタイミングだ。シアトルのMicrosoft本社を訪れてビジネスモデルと企業文化の変化を追った様子を、2回に分けてレポートする。(2019/6/26)

重巡「古鷹」海底で発見 「ここは俺に任せろ! 青葉、お前は逃げろ!」──あの現場で何があったのか
故アレン氏の沈船捜索チームが発見した「古鷹」。壮絶な最期に迫る。(2019/5/20)

キャプテンながはまのマニアックすぎるシリーズ:
多くが謎に包まれた軽巡「神通」故ポール・アレン氏の沈船捜索チームが発見 注目ポイントを解説
その多くが詳細不明という軽巡洋艦「神通」の謎が明らかになるかも。(2019/4/29)

軽巡洋艦「神通」、海底で発見 ポール・アレン氏調査チーム
旧日本海軍の軽巡洋艦「神通」が海底で見つかったとして、米Microsoftの共同創業者である故ポール・アレン氏(2018年死去)の調査チームがFacebookに映像を投稿した。(2019/4/26)

Facebook、米愛国者法作成の立役者を新法務担当として採用
Facebookが、昨年退職を表明した法務顧問のコリン・ストレッチ氏の後任として、現国務省法律顧問のジェイファー・ニューステッド氏を任命した。ニューステッド氏はテロ対策で当局の権限を拡大する米愛国者法の作成に貢献したことで知られる。(2019/4/23)

「軽く死ねますね」 南極よりも超近ぇ船橋港「SHIRASE5002」に巡礼してみた
絶叫する60度を超えてきた……。【訂正】(2019/4/13)

アレン氏の沈船捜索チーム、米空母「ホーネット」発見 水深5000メートルの深海で何が分かったのか
今回も公開写真をじっくり眺めましょう。ロマン。(2019/2/14)

キャプテンながはまのマニアックすぎるシリーズ:
戦艦「比叡」、故アレン氏の沈船捜索チームが発見 「ここに注目!」比叡公開写真の見どころ
公開写真をじっくり眺めましょう。(2019/2/8)

戦艦「比叡」の船体発見 ポール・アレン氏の調査チーム
ポール・アレン氏(昨年死去)の調査チームは、先の大戦の真珠湾攻撃に参加し第三次ソロモン海戦で沈没した旧日本海軍の戦艦「比叡」の船体を南太平洋ソロモン諸島沖の深さ約1千メートルの海底で発見したと発表した。(2019/2/7)

ゲイツ氏と創業:
米Microsoft共同創業者のポール・アレン氏が死去、65歳
米Microsoftの共同創業者、ポール・アレン氏が死去した。65歳だった。10月上旬、悪性リンパ腫の一種の治療を開始したと発表していた。(2018/10/16)

マイクロソフトの共同創業者、ポール・アレンさん死去 近年は戦艦「武蔵」や駆逐艦「島風」の発見に尽力
近年は戦艦などの捜索に尽力していました。(2018/10/16)

Microsoft共同創業者のポール・アレン氏が死去
Microsoftの共同創業者、ポール・アレン氏が非ホジキンリンパ腫のため死去した。65歳だった。(2018/10/16)

何だこの飛行機のバケモノはぁぁ 世界最大の空飛ぶ発射台「モデル351 ロック」がものすごくデカい、デカすぎる
いや、でかすぎでしょ……。【画像24枚】(2018/8/29)

「今回も見つける」 浦環教授に聞く、若狭湾に眠る旧日本海軍のUボート「呂500」を探す理由
貴重な「沈没潜水艦探索の様子」を生中継、6月18日6時からニコ生で放送。発見なるか?(2018/6/13)

キャプテンながはまのマニアックすぎるシリーズ:
ここまでスゲー船だったのか 提督胸熱、ポール・アレンさんの潜水艦隊「RV Petrelとその仲間たち」
太平洋戦争で沈んだ軍艦を探させたら世界一と言っちゃっていい超スゲー人たち。ちなみにPetrelとは「フルマカモメ」って意味です。(画像26枚)(2018/6/5)

キャプテンながはまのマニアックすぎるシリーズ:
また海底で発見 軽巡「ヘレナ」の武勲と黒歴史、軽巡洋艦なのになぜこんなに「でかかった」のか
米海軍の那珂ちゃん。(2018/4/17)

キャプテンながはまのマニアックすぎるシリーズ:
悲劇の巡洋艦「ジュノー」、就役後1年しないうちに沈んでしまったそれは不幸な軍艦
ポール・アレンさんがまた海底で発見、「ジュノー」はどんな軍艦だったのでしょう。【修正】(2018/4/3)

キャプテンながはまのマニアックすぎるシリーズ:
深さ3200メートルの海底で発見 「レキシントン」はこんなすごい船だった
最初は空母ではなく「巡洋戦艦」でした。(2018/3/28)

第二次大戦中に沈んだ米空母「レキシントン」、ポール・アレン氏が発見
1942年に沈没した「レキシントン」を発見。(2018/3/6)

沈没した空母「レキシントン」発見 ポール・アレン氏の調査チーム
第二次世界大戦中に沈んだ米海軍の航空母艦「レキシントン」の残骸を、ポール・アレン氏が率いる調査チームが発見した。(2018/3/6)

駆逐艦「島風」発見の報告 ポール・アレン氏率いる調査チームが映像を公開
戦艦「山城」「扶桑」、駆逐艦「満潮」「朝雲」「山雲」など発見が続く。(2017/12/16)

駆逐艦「島風」発見か ポール・アレン氏率いる調査チーム
旧日本海軍の駆逐艦「島風」とみられる残骸を、米Microsoftの共同創業者ポール・アレン氏が率いる民間の調査チームがフィリピン中部の海底で発見した。(2017/12/15)

戦艦「山城」「扶桑」発見か 米Microsoft創業者ポール・アレン氏の調査チーム
米Microsoftの共同創業者ポール・アレン氏が率いる調査チームが、旧日本海軍の戦艦「山城」「扶桑」とみられる船体をスリガオ海峡で発見した。(2017/12/7)

沈んだ米駆逐艦「ワード」の映像、ポール・アレン氏が公開 旧日本海軍の戦艦「山城」なども探査
旧日本海軍の艦艇5隻の探査の一環で、「扶桑」「山城」も撮影と報告。(2017/12/7)

米軍艦「インディアナポリス」海底で発見 MS創業者ポール・アレン氏の調査チーム
米Microsoftの共同創業者ポール・アレン氏が率いる民間の調査チームが、米軍艦「インディアナポリス」の残骸を発見した。(2017/8/21)

米重巡洋艦「インディアナポリス」の残がい、MS創業者アレン氏が発見
アレン氏は2015年に日本の戦艦「武蔵」を発見しています。(2017/8/20)

エグゼクティブインタビュー
パロアルト研究所CEOに聞く、注目技術とイノベーションチームの作り方
多くのイノベーションでコンピュータの世界を革新してきたパロアルト研究所。同研究所が今、着目している技術とは何か。どのような活動をしているのか。どうやったらイノベーションを起こせるのか。CEOにインタビューした。(2017/6/9)

第2次世界大戦時のイタリア海軍駆逐艦、MS共同創業者ポール・アレン氏が発見報告
ポール・アレン氏は2015年にも、フィリピン沖に沈んだ戦艦武蔵の発見を報告しています。(2017/6/7)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本が“New Space”で世界に勝つための条件
民間宇宙ビジネスイノベーション“New Space”が世界的な潮流となりつつある。この分野で日本の勝機はあるのだろうか? 有識者たちが議論した。(2017/3/25)

「戦艦武蔵」最終時の姿を仮想空間に原寸大で建造! 「戦艦大和VR復元計画」第2期の支援を募集中
新たに判明した新事実をもとに、戦艦武蔵最終時の姿をバーチャルリアリティ空間でリアルに復元します。(2015/10/21)

英巡洋戦艦フッドの船鐘を回収成功 戦艦武蔵発見のMS共同創業者アレン氏
有形記念物に。(2015/8/10)

Microsoftが創業40周年 「人々をつなげよう」とビル・ゲイツ氏
Microsoftが4月4日で創業40周年を迎え、現在サティア・ナデラCEOのテクニカルアドバイザーを務める共同創業者のビル・ゲイツ氏が全従業員宛にレターを送った。(2015/4/5)

シブヤン海に沈む戦艦「武蔵」の船体生中継 どう沈んだのかちょっとだけ判明
今後のさらなる調査が期待されます。(2015/3/13)

海底からの戦艦「武蔵」中継、ニコ生で同時通訳付きで放送
専門家による英語の解説を日本語音声で同時通訳する。(2015/3/12)

海底の戦艦「武蔵」、13日午前にライブ配信
フィリピンの海底で見つかった戦艦「武蔵」の様子を伝えるライブ配信が日本時間の3月13日午前10時から行われる。(2015/3/12)

海底で発見された戦艦「武蔵」、3月13日にネット生中継が決定
配信開始は3月13日午前10時から。(2015/3/11)

海底に沈んだ戦艦「武蔵」から発見された謎の文書を有志が解読
聞いて見たらすぐに分かった。(2015/3/9)

戦艦「武蔵」の新たな映像をポール・アレン氏が公開 ブリッジなどが写る
スクリューや15.5センチ砲などが見える。(2015/3/7)

戦艦「武蔵」発見、8年にわたる探索実る ポール・アレン氏、乗組員悼み日本政府と協力の意向
海底に沈む戦艦「武蔵」を発見した米Microsoft共同創業者のポール・アレン氏は、8年以上にわたって海底に眠る巨大戦艦を探索してきたという。(2015/3/4)

戦艦「武蔵」、海底に眠る動画公開 ポール・アレン氏のプロジェクト
ポール・アレン氏のプロジェクトが旧日本海軍の戦艦「武蔵」が沈む海底の様子を動画で公開した。(2015/3/4)

海底に沈んだ戦艦「武蔵」の動画、MS共同創業者ポール・アレン氏が公開
動画ではカタパルトや錨などを見ることができます。(2015/3/4)

戦艦「武蔵」、海底で見つかる MS創業者ポール・アレン氏が報告
旧日本海軍の戦艦「武蔵」が海底で見つかったとして、ポール・アレン氏がTwitterで写真を公開した。(2015/3/3)

「シブヤン海で戦艦武蔵を発見」MS共同創業者ポール・アレン氏が報告
船首に菊の紋があり、巨大な錨もあったという。(2015/3/3)

「THXディスプレイ」規格、その役割と認定モデルの実力とは?
最近、テレビやプロジェクターのカタログで見かけることが増えた「THXディスプレイ規格」。認証済み製品は一体何が違うのか。米THXのエンジニアとシャープのテレビ開発者が解説してくれた。(2014/4/14)

Maker Faire Tokyo 2013レポート:
ジオングが! マリオが! ミクさんが! さまざまで楽しいモノづくりの形
テクノロジーを自由な発想で楽しむメイカーズの祭典が、日本科学未来館で開かれた。チームラボの高須氏が、会場で気になった展示を紹介!(2013/12/13)

伊吹太歩の世界の歩き方:
日本人所有の零戦が日本に「帰還」できない理由
現存する飛行可能な零戦を日本の財産として帰国させる動きがある。しかもそれは日本人が所有しているというのだ。だが、なかなか前進しないのはなぜなのか?(2013/8/29)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/6/4)

Wikimedia、構造化データベースプロジェクト「Wikidata」を発表
Wikidataに構造化した情報リポジトリを集約することで、280言語以上ある各国語版Wikipediaの一貫性と品質の向上、ボランティア編集者の負担軽減を図る。(2012/4/2)

海外モバイルニュースピックアップ:
壁やノートがタッチパネルに――Microsoft Researchのウェアラブルプロジェクター
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、あらゆるものをタッチパネル化する技術、新iPhoneの名前に関する噂、Forbesの長者番付など。(2012/3/8)

Google+の「サークル」、Twitterの「リスト」的な共有が可能に
「IT系ブロガー」「カメラマン」といった仕事や趣味で作ったサークルを一般公開したり、「会社の同僚」サークルを限定公開したりといった利用が可能だ。(2011/9/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。