ニュース
» 2010年04月13日 17時10分 UPDATE

Twitterが広告プログラム「Promoted Tweets」導入 収益化目指す

Twitterが検索結果ページに広告主の宣伝ツイートを表示する広告プログラム「Promoted Tweets」を開始する。

[ITmedia]

 マイクロブログサービスのTwitterは4月13日、収益化に向けた広告プログラム「Promoted Tweets」を発表した。

 Promoted Tweetsは、Twitter.comの一部の検索結果ページの上部に、広告主の宣伝ツイートを表示するというもの。Twitterによると、宣伝ツイートは「企業が幅広いユーザーに向けて強調したい普通のツイート」。広告だと分かるように「promoted」というラベルが付く以外は通常のツイートと同じで、企業のフォロワーのタイムラインに表示され、リプライやRTも可能だ。Twitterは、宣伝ツイートに対する反応(ユーザーのリプライやRT)を測定し、ユーザーから反応のないものは表示をやめるとしている。

ah_pt.jpg 「Coffee」を検索すると、検索結果の一番上にStarbucksの宣伝ツイートが表示される

 同社はBest Buy、Red Bull、Sony Pictures、Starbucksなど少数の広告主とともに、第1フェーズを実施する。その後、Twitterクライアントにも宣伝ツイートを表示できるようにしたり、検索結果だけでなくタイムラインにもPromoted Tweetsを拡大することを計画しているという。

関連キーワード

Twitter | 広告 | 宣伝 | マネタイズ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -