ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マネタイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マネタイズ」に関する情報が集まったページです。

KDDI高橋社長が語る「povoのオープン化」「ローソンとの提携」 他社との決定的な違いは?
KDDIはMWC Barcelona 2024で、GMSAが発足した共通APIを活用した5G SAのユースケースや、povo2.0のホワイトレーベル化、さらにはStarlinkとの取り組みを紹介していた。海外事業者とのパートナーシップ構築や、海外展開のアピールの場としてMWCを積極的に活用していたことがうかがえる。そんなMWCを、KDDIの代表取締役社長CEO、高橋誠氏はどう見ているのか。(2024/3/2)

BroadcomがVMwareの新ポートフォリオを発表 買収で何を目指すつもりか
BroadcomがついにVMwareの今後を示す新ポートフォリオを発表した。VMware製品群の今後はどうなるのだろうか。(2024/2/29)

雑草が公道にまで…… 「放置しすぎた庭」を徹底的に変身させる“プロ”の技に15万いいね
0円で草刈りします。(2024/2/29)

高賃金化:
「この人の給与をアップしてもいい」 会社がそのように感じる瞬間
給与をアップするにはどうすればいいのか。重要なキーワードは……。(2024/2/29)

専門家が予言するERPのトレンド、2024年の3本柱とは
2024年はERP業界にとって重要な1年になる。アナリストはクラウドへの移行や生成AI機能の追加などで戦略的投資先になっていくとみているが、具体的にはどのように進化するのか。(2024/2/28)

企業が備えるBCP:
SNSが捉えた能登半島地震 進化する「企業防災」の形とは
災害時、自社の被害を最小限に抑えて初動対応を取るには、正確な情報収集が欠かせない。多発する自然災害に、今後、企業はどう備えるべきなのか――。報道テックベンチャーのJX通信社代表取締役、米重克洋氏に寄稿してもらった。(2024/2/28)

高賃金化:
なぜ自分の給与は上がらないのか たった「2つ」のことを理解していない
給与が上がらない原因はどこにあるのか。社員は「2つの問題」によって、給与が上がらない状態をつくっている。それは……。(2024/2/27)

高賃金化:
会社に「成長意欲がない」幹部がいる やっかいである
年功序列や権威にあぐらをかいた、幹部は問題視すべきである。なぜなら……。(2024/2/26)

高賃金化:
「大事なのはお金じゃない」 経営者が考えてはいけないこと
経営者であれば「会社の収益をもっと高めて、社員の給与をもっと上げてあげたい」というマインドを持つべき。しかし……。(2024/2/24)

高賃金化:
なぜ給与が上がらないのか? 残念な“ハリボテ経営者”に4つの特徴あり
日本の会社で給与がなかなか上がらない大きな原因は何か。「経営者」「幹部層」「社員」という3つの観点で見ると……。(2024/2/22)

開発プロジェクトの上位は分散型金融やNFT:
結局Web3開発はどのくらい普及しているのか? Web3開発プロジェクトの現況をSlashDataが調査
SlashDataはWeb3開発プロジェクトに関する動向について発表した。開発者の大多数はWeb3プロジェクトに関与せず、多くの懐疑論者がいるにもかかわらず、一部の開発者の間ではWeb3への関心が続いている。(2024/2/19)

「DLsite」、AI生成フロア新設へ
エイシスは15日、二次元コンテンツのダウンロード販売サービス「DLsite」内に「AI生成フロア」を新設すると発表した。(2024/2/16)

自動車業界の1週間を振り返る:
米国のEVシフト減速に対するスバル日産ホンダの声
1月下旬から先週にかけて、2024年3月期第3四半期の決算発表ラッシュでした。自動車メーカーやサプライヤーの中には過去最高の業績を達成した会社が多く、好調さが伺えます。(2024/2/12)

今後の注力分野は?:
YouTubeはサブスク1億人越えで広告収入も引き続き増加 絶好調の今、CEOが考えている4つのこと
Google親会社の好決算を後押ししたYouTubeのCEOが、今後における4つ注力分野を発表した。(2024/2/11)

花王、茶カテキン飲料「へルシア」事業をキリンビバレッジに譲渡
国内初の茶系飲料トクホ。(2024/2/1)

「サイレントヒル」新作、PS5向けに無料配信開始 独立した短編ゲーム、投稿ガイドラインも公開
シリーズでは約10年ぶりのゲーム作品。(2024/2/1)

Marketing Dive:
ディズニーがアドテクに本気出すと何が起きる?
Disneyは年次イベント「Disney Tech & Data Showcase」で、デジタル広告領域における幾つかの新しいサービスの提供を発表した。(2024/2/1)

Social Media Today:
TikTokは非ゲームアプリ10年分の収益を3カ月で稼ぐ――2024年のモバイルアプリトレンド【前編】
主要モバイルアプリの利用トレンドをまとめた「2024年版モバイル市場年鑑」がリリースされた。その中から注目すべきトピックスを紹介する。(2024/1/29)

Twitch、ストリーマーへの支払い方法変更 10万ドルの上限撤廃など
Amazon傘下のTwitchは、ストリーマー向け収益化プログラムに変更を加えると発表した。場合によっては減収につながる変更については実施時期を数カ月先に設定している。(2024/1/25)

23年度通期の業績予想は下方修正:
ニデックの23年度Q3決算は増収増益も、E-Axle事業は「反省から始める」
ニデックの2024年3月期(2023年度)第3四半期累計(2023年4〜12月)連結決算は、売上高、営業利益、当期利益のいずれにおいても過去最高となった。決算説明会で特に注目されたのは、電気自動車(EV)用トラクションモーター事業で、ニデックは何度も「リスタートする」と繰り返した。(2024/1/25)

生成AIは金融企業を破たんさせる? データ分析の専業ベンダーが示す2024年の変化とは
SASは2024年の金融サービス業界のテクノロジーとトレンド予測を発表した。銀行破綻の増加、生成AIによる詐欺の洗練、気候変動による保険業界の危機、AIを利用したリスク管理の強化などが予測されている。(2024/1/24)

BIM:
BIMリノベーションを“ベトナム”で事業開始 第一弾工事が地盤ネットの現地法人で竣工
地盤ネットホールディングスのベトナム法人JIBANNET ASIAは、ベトナムでBIMを用いたリノベーション工事の請負をスタートさせた。第一弾となる工事では、日本在住の施主や現地の施工業者と、BIMベースの立体的な図面とCGパースを用い、合意形成を図ったという。(2024/1/22)

5GとOpen RANの未来は明るいか【前編】
Open RAN市場失速、それでも「5G事業者」はなぜ“オープン”を求めるのか
「5G」のネットワークインフラを「Open RAN」で構成することでどのようなメリットが見込めるのか。Open RANとは何かについて、Open RAN市場の動向と併せて説明する。(2024/1/22)

OpenAI、カスタムAIボットの「GPT Store」開店 収益化プログラムはQ1中に開始
OpenAIは、サブスクユーザーが自作のAIチャットボット「GPT」を公開できるストア「GPT Store」を開店した。利用できるのはサブスクユーザーのみ。第1四半期中に収益化プログラムが開始される見込みだ。(2024/1/11)

OpenAI、開発したオリジナル「GPTs」を公開できる「GPT Store」開店へ
OpenAIは、昨年11月に立ち上げる予定だった「GPT Store」を1月9日の週に開店すると、ビルダーにメールで通知した。GPTsは、ノーコードで開発できるオリジナル生成AIアプリだ。(2024/1/5)

「サブスク解約したいけど、手続き分からん」に救世主 「解約.com」が話題 開発経緯を聞いた
「使っていない月額サービスを解約したいけど、手続きが複雑で分かりにくい」──そのような経験をしたことはないだろうか。そんな人にぴったりな、さまざまなサービスの解約情報がまとまったWebサイト「解約.com」がX(旧Twitter)上で話題になっている。(2023/12/27)

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:
X、Threads、BeReal……百花繚乱のSNS、2024年に勢力を伸ばすのは?
「Twitter」消滅からの「X」へ衣替え「Threads」の台頭に、盛らないSNS「BeReal」の急成長――。百花繚乱の様相を呈するSNS、2024年はどのように進化していくのか。(2023/12/26)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
「職人に優しくない」ECサイトが傾くワケーー米大手で社員11%レイオフ騒動
ハンドメイドやクラフト商品の作り手と、消費者が直接売買できる大手マーケットプレース「Etsy(エッツィー)」が11%の従業員をレイオフすることを発表し、話題になっている。業績不調の原因と、これから生き残る術とは。(2023/12/25)

Social Media Today:
AppleやMetaにも負けないAR 有料サブスクはさらなる成長の期待も――2024年のSNS大予測(Snapchat編)
財務的には一時困難な状況もあったSnapだが、ARグラスや3Dアバター、メッセージングなど、再浮上の可能性は十分にある。(2023/12/23)

11個の“失敗ポイント”から学ぶDX【中編】
DX実施は“無理ゲー”? 実は11個もあるDX失敗の原因
DXに取り組んでいると成功事例に目が行きがちだが、失敗を誘発する原因を学ぶことも有用な取り組みだ。DXの専門家が挙げる、DXが失敗する11個の原因を紹介する。(2023/12/21)

「日プ」はなにがすごいのか? アイドルビジネスの歴史から考える
「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」(通称:日プ)は、アイドルオーディション番組の新たな潮流をもたらしている。これまでのアイドルビジネスの歴史から、なにがすごいのかを振り返りたい。(2023/12/20)

人気アニメシリーズ、最新作を放送前にデータ販売 シリーズ全作を二次創作可能にしてしまう 「さすが邪神ちゃん」「行動力の化身すぎる」
邪神ちゃん行動力の塊。(2023/12/9)

「楽しい」と「楽しむ」は違うのじゃ:
お悩みその20 「仕事が楽しい」とは思えない(31歳 男性 SE)
感情を重視するのは、心のバグじゃよ。(2023/12/4)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
「マルチモーダルなAI」とは? 生成AI活用をレベルアップさせる利用術を紹介
生成AIを業務で活用しようとしているけれども、なかなかうまくいかない――。そんなお悩みを抱える方に、筆者が今週お届けするのは「マルチモーダル」です。テキストだけでなく、画像や音声、動画など複数種類のデータを読み込ませることで、生成AIの活用はどのように「レベルアップ」するのでしょうか。(2023/11/29)

「成果、ガバナンス、リスク管理に重点が置かれるようになる」:
2024年には企業のAI導入が鈍化する? IDCが生成AIや自動化に関する未来予測を発表
IDCは、2024年以降の世界におけるAI、生成AI、自動化に関する予測を発表した。それによると2027年には、全世界でAIソリューションの支出が5000億ドル以上になるという。(2023/11/27)

Gartner Insights Pickup(327):
企業が注目すべき4つのテクノロジーディスラプション
今後、従来のビジネスを変えるテクノロジーディスラプション(創造的破壊)がさまざまな市場で起こるだろう。ITリーダーはこうした動向に精通し、それらがもたらす脅威と機会を理解することが重要だ。(2023/11/24)

「サブスク疲れ」を乗り越えるための新製品 Zuoraが「Zephr」を国内発売
サブスクリプション管理プラットフォーム「Zuora」に新たなケイパビリティーが加わった。新製品「Zephr」により、サブスクリプションビジネスを営む企業は、より顧客のニーズに即したオファーの提供を簡単操作で実現可能になる。(2023/11/23)

半径300メートルのIT:
短縮URLという“根本解決できない問題”に企業はどう立ち向かえばいいのか?
いなげややオートバックスセブンの2次元バーコード読み取りで発生した事件には、実は根深い問題が隠れていると筆者は考えます。企業はこれにどう対処すればいいのでしょうか。(2023/11/21)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】リテールメディア
激動する広告業界において、今後より重要な役割を果たすことになると考えられる「リテールメディア」とは?(2023/11/18)

IBM、X(旧Twitter)での広告停止 反ユダヤ主義的投稿に広告が表示されたとの報告を受け
非営利メディア監視団体MMfAが、X(旧Twitter)上でIBMやAppleの広告がヒトラーやナチスを宣伝するコンテンツの近くに表示されると報告したことを受け、IBMが広告を停止した。マスク氏は「MMfAは邪悪な組織」とポストした。(2023/11/17)

CFO Dive:
Teslaが需要拡大に失敗、Xには新たな課金形態が追加? 在宅勤務者はマリー・アントワネットだ
2023年第3四半期の決算によると、Teslaの営業利益が52%減ったと明らかになった。また、Xは特定の新規ユーザーに新たなサブスクモデルを適用するかもしれない。(2023/11/17)

IridiumとQualcommが提携解消 Androidスマホで“衛星”を使うメッセージング、実現ならず
衛星携帯電話を手掛ける米Iridium Communicationsは11月9日(現地時間)、米Qualcommとの提携を解消すると発表した。解消日は12月3日。Iridiumが契約解消に至った経緯をニュースリリースで説明した。(2023/11/13)

プロンプトのポータルサイト:
「寝坊」「遅刻」「リスケ」の3語で謝罪メール完成 GMOの生成AIサービスがスゴイ
「寝坊」「遅刻」「リスケ」と打つと即座に謝罪文が完成する――。GMOインターネットグループは11月7日、生成AIを使った新サービス「教えて.AI byGMO」を発表した。(2023/11/9)

Marketing Dive:
AmazonやWalmartはやる気ある? リテールメディア標準化の行方
リテールメディアの標準化によって、複雑な広告の仕様や効果測定指標が整理され明快になることが期待されている。だが、大手が足並みをそろえるかどうかは分からない。(2023/11/8)

Social Media Today:
やっぱりX(旧Twitter)のユーザーは減少中? 10万ユーザーの追跡データが示す公式発表との乖離
Xのユーザー指標については多くの疑問が投げかけられている。特に、イーロン・マスク氏がオーナーとなって以来、同プラットフォームの利用者がさまざまな「過去最高」を記録しているという主張の正確性については疑問が投げかけられている。(2023/11/7)

脱炭素:
収益を最大化する蓄電池の充放電計画を自動立案できるAIを開発
グリッドは社会インフラ特化型SaaS「ReNom Apps for Industry SaaS」の蓄電池制御最適化エンジン「ReNom Charge」を開発したと発表した。(2023/11/6)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
日本のリテールメディアが攻めあぐねる、3つの理由
近年、日本でも小売業者やメーカーが注目する「リテールメディア」。成功する米小売り大手のモデルを模倣するだけでは、成功は難しいと筆者は指摘する。なぜ模倣だけではリテールメディアは成功しないのか――。(2023/11/2)

X(旧Twitter)有料化への布石? 新規サブスク必須テストや新プラン開始の背景
X(旧Twitter)は、投稿や返信、いいねなどの機能を使うには年間1ドルのサブスクリプションへの加入が必須となる「Not A Bot」のテストを一部地域で開始しました。スパムやbotなどを排除するのが目的だとしています。新たな有料サービスも発表しており、有料化の流れが迫っています。(2023/10/31)

スピン経済の歩き方:
「渋谷に来ないで作戦」は成功か ハロウィーン対応を誤れば、街が衰退する
10月31日はハロウィーンだ。渋谷の街には「ハロウィーンイベントの会場ではありません。」と書かれた垂れ幕が掲げられているが、この作戦は成功するのか。成功したら成功したで、街にとっては……。(2023/10/31)

エンタメ×ビジネスを科学する:
「韓国流マンガ」は市場を支配するのか? webtoonと漫画の戦略を比較する
近年、韓国発祥のwebtoonという新しい形態のマンガ/コミックが急成長している。今後、漫画とwebtoonはどちらが優位に立つのだろうか?両者の現状を再確認した上で将来を展望する。(2023/10/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。