ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年04月20日 18時08分 UPDATE

スカパー!でワールドカップを3D放送 生中継も

ワールドカップをスカパーが3D専門チャンネルで放送。ソニーとFIFAが共同制作した3D映像で、日本対オランダ戦や決勝戦は生中継も。

[小笠原由依,ITmedia]
photo 3Dメガネをかけ、手にボールを持つスカパーJSATの田中晃 執行役員専務(左)とソニーの島津彰 3D&BDプロジェクトマネジメント部部門長

 スカパーJSATとソニーは4月20日、6月11日に開幕するFIFA ワールドカップを3D放送すると発表した。生放送を含む計25試合を6月19日から提供する。

 スカパーJSATが6月19日に開局する、日本初の3D専門チャンネル「スカチャン3D169」で提供する。開局記念番組として、6月19日の日本対オランダ戦を生放送。7月11日には決勝戦も生中継する。

 複数番組を見られるセット・パック契約や単チャンネル契約をしていれば、追加料金なしで視聴できる。

 3D映像は、国際サッカー連盟(FIFA)とソニーが共同制作する。画面を左右に分割して収録するサイドバイサイド方式で、撮影・制作にはソニー製の機材を利用した。

photo 52V型液晶3Dテレビの試作品

 ソニーは6月10日、家庭向け3D液晶テレビの発売も予定。「テレビの発売がワールドカップに間に合い、ハードとコンテンツを同時に提供できる」(ソニーの島津彰 3D&BDプロジェクトマネジメント部部門長)としている。

 スカパー!では3D放送だけでなく、ワールドカップ全64試合をハイビジョン画質で生中継する。うち20試合は、独占放送。コメンテーターとしてイビチャ・オシム前日本代表監督も招く。「開催期間中は、ワールドカップざんまい。楽しんでほしい。3Dではまったく新しいワールドカップを体験してもらいたい」(スカパーJSATの田中晃 執行役員専務)としている。

 3D専門チャンネルでは今後、格闘技やコンサート、映画、アニメなど幅広く番組を提供する予定。サッカー以外の番組提供時期は現在検討中だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.