ニュース
» 2010年04月21日 19時11分 UPDATE

新聞・雑誌記事を“Web新書”として電子書籍に 朝日新聞が新ポータル

朝日新聞社がテキストコンテンツの販売ポータル開設。新聞・雑誌の記事を切り出し、「Web新書」として有料配信する。

[ITmedia]

 朝日新聞社は、有料のテキストコンテンツを配信するポータルサイト「Astand」(エースタンド)をこのほど本格オープンした。新聞・雑誌の記事を切り出し、「Web新書」として有料配信するほか、独自の有料記事を掲載。講談社など大手出版社も参加し、「厳選した質の高い情報を有料で届ける」としている。

 Web新書は、新聞・雑誌記事を切り出し、Webブラウザ上のビューワで閲覧する電子書籍。第1弾として、Twitterについてまとめた「ネット生中継とツイッター」(朝日新聞社)、小沢一郎・民主党幹事長について深掘りする「思考解剖 小沢一郎 見えない行動、難解な性格」(講談社)など計34種類を、当初はすべて105円で販売する。

 朝日新聞社、講談社のほか、朝日新聞出版、時事通信社、小学館、ダイヤモンド社、文芸春秋もコンテンツを提供する。今後、コンテンツを増やすほか、参加企業も募る。

 朝日新聞校閲センターの記者が執筆する「ことばマガジン」(月額525円)など、HTMLの有料コンテンツも配信。社内外の専門性の高い情報をテーマ別にまとめた商品を順次、発売する。

 ニュースサイト「asahi.com」から読者を誘導。ニュース記事に合った有料コンテンツをレコメンドする。

 今後、モバイル端末など複数へデバイスに対応していく計画だ。

関連キーワード

朝日新聞 | 新聞 | 雑誌


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -