ニュース
» 2010年04月28日 13時18分 UPDATE

メガネなしで高精細な立体映像 東芝子会社、21インチ3Dディスプレイ開発

東芝モバイルディスプレイは、メガネなしで高精細な立体映像を広い視野から見られる21インチのディスプレイを開発したと発表した。

[ITmedia]
画像

 東芝モバイルディスプレイはこのほど、メガネなしで高精細な立体映像を広い視野から見られる21インチのディスプレイを開発したと発表した。広告やアミューズメント機器に適しているという。

 1280×800ピクセル(WXGA)表示のディスプレイ。9方向から撮影した映像データを再現する「インテグラルイメージング方式」(光線再生方式)を採用した。2視差の「フレームシーケンシャル方式」と異なり、広い視点から立体的な映像をメガネなしで見られ、目も疲れにくいとしている。視野角は水平±15度。

 インテグラルイメージング方式は、視差の数だけ画面の精細度が低くなるという課題があったが、同社が培ってきた低温ポリシリコン技術を活用することで、高精細な3D表示を実現したという。

 レンズシートを採用し、輝度を480カンデラ/平方メートルに向上。パネルを平置きして上から俯瞰して見ると立体感が高まり、立体模型のように鑑賞することもできる。

 2009年度の補正予算で総務省から受託した「眼鏡の要らない3次元映像技術の研究開発」(次世代・究極3次元映像技術)で、東芝研究開発センターと共同開発した。

 5月25日に米シアトルで開かれる展示会「SID 2010 International Symposium, Seminar and Exhibition」の東芝ブースに出展する。

関連キーワード

ディスプレイ | 3D | メガネ | 高精細 | 東芝 | 3D映像


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -