ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2010年04月30日 08時51分 UPDATE

中国発のスパムが激減――Sophosの調査

ランキング首位の米国が13%を超えた一方で、中国発は1.9%に激減した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の英Sophosがまとめた2010年1〜3月期のスパム中継国ランキングで、中国発のスパムメール流通量が激減していることが分かった。

 統計によると、企業のメールサーバで受信した全電子メールのうち、スパムが占める割合は97%に上った。実質的にすべてのスパムが、マルウェアによって不正に制御された「ボット」コンピュータから送信されていた。

 スパム中継量が多い国の筆頭は依然として米国で、世界のスパムの13.1%が米国発だった。次いでインド(7.3%)、ブラジル(6.8%)、韓国(4.8%)の順となり、この4カ国で世界のスパム流通量の30%以上を占めた。

 一方、これまで常にランキングの上位だった中国発のスパムが1.9%にまで激減し、15位となった。この統計で中国がランク落ちしたのは初めて。「中国はこれまで、外国の企業や政府に対するターゲット攻撃の発信源として悪名高かったが、同国のコンピュータによって中継されるスパムの割合は過去12カ月で着実に減ってきた」とSophosは解説している。

spamrate.jpg 中国発のスパムの割合(Sophosより)

関連キーワード

スパム | 中国 | ランキング | サイバー攻撃


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.